キヤノンEOS5D4は、感動を脳裏に焼き付ける。最高峰のデジタル一眼レフ。

Canon EOS 5D Mark IV

CanonキヤノンEOS 5D mark Ⅳは、実質的な意味において旗艦機フラッグシップとしての実力を十分に備えている。その均整のとれた性能を高く評価されていたEOS5D3から進化する形で誕生。キヤノンユーザーにとっては、これを手にすると自分の写真に対する言い訳が出来なくなる。そんな素晴らしく完成されたカメラで、同時に撮れる写真に対する喜びも大きくなるものである。

更にEOS5D4は、フィルム時代から続く一眼レフの系譜を引き継いだカメラとして、これからも長く人々から認知されるであろう製品。比較的長い歴史と成熟した技術を持ったカメラを用いて、いざ撮影に挑めるという贅沢に浸る。彼と共に歩む時間、それは無意識のうちに道具としての愛着へと導かれていくものだった。

EOS5D系といえば、ハイエンドなフルサイズデジタル一眼レフカメラ。更なる上位機種としては、同社のカメラ製品においてプロ機として位置づけられているEOS1D系が存在している。しかし基本的には高い連射性能などを必要としない分野の場合、EOS5D系のほうを多くのプロが愛用しているようである。

カメラの本分を弁え、誠実にこなす実力者。

意図を確実に反映してくれる。

キヤノンEOS5D4が発売されたのは、2016年末の事。この年、天皇陛下のご心情のご表明によって生前退位に向けての議論が活発化。震度7程度の揺れが2度も起こる熊本地震の発生など記憶に深い出来事も多く、新たな息吹を予感させるような世相であった。約2年後には、キヤノン初のフルサイズミラーレス一眼のEOS Rが発売され、令和れいわへと改元。折しも時代の転換期となった。

デジタルカメラ市場の規模において、カメラの役割の大きさは次第に、そして急速に減退している。写真を撮る機械や道具という枠組みで見れば、スマートフォンの進化は著しい。常に持ち歩く必需品としても写真との相性は抜群に良いのである。ただし撮影する行為を鑑みれば、未だ一眼カメラにも役割は見出せる。

眼前の光景と、直に対話しながら。

ファインダーを覗き、シャッターフィールを確かめ、眼前の光景と対話する。少しずつ被写体が元来備えた魅力を切り取ってゆく。その精神のポジティブさが、写真に多く反映されていく。過程を通して良き出会いをもたらしてくれる。それはきっとカメラだからこそ可能とする領分なのであろう。

勿論、写真を表現物とするにしても、シャッター速度や絞り値やISO感度を変更し、そうして撮影者の意図するところを表現できる。それもまた重要な要素であり続けるはずである。

EOS5D4、一眼レフとしての大いなる価値。

特にEOS5D4ならば、フルサイズという比較的広いセンサーサイズが、光を思う存分に受け止めてくれる。現実の光から得る事の出来る情報量が多いのは明らか。そこから得られる表現力は、繊細でありながら力強い。写し取った写真が、現実に由来する世界の美しさを如実に語る。空気感さえも映し出し、見た者の心を捉えて離さない。それは記憶に焼き付いた心の情景だ。

より精細に、ディティールを捉える。

圧倒的な高画素数時代へ足を踏み入れ始めたカメラ。約3040万画素というのは、とても大きな出力へも十二分に対応できる。大型4Kテレビに映し出したときの素晴らしく精細な美しさは、それを撮影した時の感動を再現してくれるものである。当然ながら、それ以上の大きさへの出力とプリントにも対応できる余裕。それが写真をプリントとして完成させるという最高の醍醐味へ導いてくれるのである。

夕刻の光を、余すことなく。

それに画素数は更に圧倒的な製品も登場しているが、それ以上になるとRAW現像時においてはPCへの負荷も考慮せざるを得なくなる。また無限に広がりゆく画素数競争よりも、センサーとの兼ね合いで画素ピッチを広げ、受光素子に少しでも現実の光の美しさを取り込んでほしいという需要。そんな風に相反する「画素数とセンサーサイズ」のバランスを考え尽くされたカメラなのである。

レフ機として、最高峰の使い勝手。

今やミラーボックスを備え、肉眼で世界を捉えながら撮影するという一眼レフカメラは、少しずつ時代の流れによって淘汰とうたされんとしている。これもまたフィルムカメラなどと同様、選択肢が失われゆく過程。その過渡期でもある。それでもEOS5D4は、最新鋭レフ機として価値を保ち続ける。

枝葉のディティールを残し。

勿論ミラーレスカメラの優れた点は、ファインダー内で想定する写真イメージが結実するという部分。対してレフ機の優れた点は、ファインダー内で現実世界リアルの美しさを肉眼でつぶさに観察しながら撮影できるという部分。双方に価値が宿っているような気がしている。いずれにおいても、その技術による恩恵と魅力あるカメラである事は間違いない。

柔らかで、滑らかな質感表現。

ところで一眼レフというカメラは、大いに成熟した製品であると言える。特にEOS5D4などのような製品において、その完成度は非常に高い。その為、枝葉の細部に渡る部分にまで目を凝らしてようやく不満点が出てくるようなもの。根幹そのものに対する不満点は、使っていて特に思いつくことも無い。

撮影に臆することは無い。

それでも、新しいナンバーを重ねるに連れて少しずつセンサーの性能や処理ソフトの性能を向上させんとしてアップデートを繰り返してきた。そのような粗探しのようにしてようやく表出する道具としての不満や要望は、ユーザーにとっても多分に積極的なものではない。

フィルムカメラの最後期、キヤノンのEOS-1Vなどにおいても道具としての不満よりも、むしろその問題を使い手の資質にるほうが十分な改善策と成りえた。それはまた、デジタルカメラとしてのEOS5D4にとっても同様の事のように思えるのである。

裾野の広き、山のような一眼レフ。

そうして限りなく性能としてまとまった優秀な性能を持つ製品だからこそ、先鋭的なカメラと違ってその魅力をピンポイントに伝えるのはかえって難しい。ただし尖ってはいなくとも、裾野すそのの広大な高き山のような存在である。アベレージヒッターとして、活躍することが何時いつだって期待される。そうした意味でも、そのプレッシャーに常に耐えるカメラなのである。

プロユースを想定した安定性。

動きも難なく、感動の一瞬を。

勿論、撮影に関しては申し分ない性能である。自然を撮影する際でも、信頼ある堅牢さが心の保険としても機能してくれる。とてもミラーショックが少なく、シャッター音も非常に柔らかで優しく澄んだような印象を受ける。こうしたことから、益々心地よい撮影を可能としてくれる製品だ。また必要とするならば、最速で秒間7コマの連射も行える。

キヤノン社が説明するところ「新ミラー振動制御システム(モーターによるミラーアップと衝突エネルギー減衰機構)」が採用されている。その為、35mmフルサイズCMOSセンサーの約3040万画素と比較的高い描写力ながら、手持ち撮影でのブレも恐れすぎる必要が無い。そして、そのシャッター音の爽快さが撮影者を甘く誘い、没頭させてくれるものである。

防塵防滴性能が、安心感。

ボディには高剛性、高放熱性を実現した新採用のマグネシウム合金。あらゆる隙間を埋めるようにシーリング部材が配置され、用いられない部分は隙間を極めて小さくした高精度化パーツによって、防塵防滴性能を向上させている。

自然環境を撮影する道具。

更にはロータリーマグネット式の縦走りフォーカルプレーンシャッターが採用され、そのシャッター耐久は約15万回の試験をクリアしている。環境の過酷な状況下で用いられても、その性能を遺憾なく発揮できる高次元の剛性と信頼。ただそれだけで心の保険、いつだって撮影に携行する価値が生まれる。

オールドレンズをデジタル一眼レフで愉しむ。

オールドレンズを備えて、レフ機でピントを追い込んでいく作業が非常に面白い。より緻密な追い込みが必要なのであれば、ライブビュー撮影で十分に対応可能。ファインダーを覗き、肉眼でレンズの性能、色味やクセまでも感じることが出来る面白さ。最新鋭の一眼レフで、その個性を活かすという遊びを愉しむ。

東ドイツ製、Carl Zeiss Jena Frektogon 35mm f2.4を装着。

原点に立ち返って、マニュアルフォーカスでピントを操る。そうすると益々、被写体と対話するような感覚を伴う。その状況に没入し、より発見を深いものとする。オールドレンズとはいえ、フィルム時代には最新鋭レンズであった。そんな当時の息遣いを感じ取りながら、現代において気軽に撮影できるというのは素晴らしい体験である。

オールドレンズで、巷を歩く。

オールドレンズを用いて、見慣れた巷を歩いてみる。そうして当たり前の空間が、より新鮮なものとして蘇っていく。緊張と調和の均衡したていだからこそ、慣れ親しんだ場所でさえ初体験の坩堝るつぼと化す。何でもない光景さえも、つい切り取りたくなる。そこに宿った美しさに感じ入るとき、写真をしている意味をより肯定的に捉えることが出来る。

アダプターリングで、M42マウントレンズを愉しむ。

そしてEOS5D4にオールドレンズを装着するという贅沢を可能にしてくれる、マウントアダプターの存在は頼もしい。M42スクリューマウントとEFマウントに互換性を持たせてくれる秘密兵器。それは単なる遊びではなく、本気の遊びにまで深みを得る。オールドレンズは、表現なのであった。

EFレンズ群、フィルムカメラと共用する。

往年の名機、EFレンズを共有する。

何とも素晴らしい事であるが、デジタルとフィルムで同じ交換レンズを用いることが出来る。レフ機であるEOSシステムのEFマウントなら、そんな贅沢が可能なのである。同社のミラーレス機においてはRFマウントが採用されているため、EFレンズを使用する為には別途マウントアダプターが必要となる。往年の名機を携える。

EOS 5D mark ⅣEOS-1Vを同時運用。

カメラバッグに、デジタルとフィルム両方の一眼レフカメラを入れて出かけてみる。そうすると、それらを活かした表現の幅が格段に広がる。風景やポートレートなど様々な場面で用いる事が出来るが、集合写真や記念写真などをデジタルとフィルムの双方で撮影してみるというのもい。いずれも印刷し、場合によっては贈答する。ほんのちょっとした笑顔に嬉しくなる。

Canon EOS 5D mark Ⅳの作例

何処へ行って、何を撮っても、何ら問題にするところは無い。兎に角、無難で優秀なカメラである。光が織りなす情景、それを捉えるEOS5D4の色合いは、あの時の感動で心を魅了する。

キヤノンEOS5D4の使い方と外観

EOS5D4の上部

EOS5D4の外観は、特段これまでと大きく変わるような部分は無い。フィルム時代からのEOSシステムのDNAをしっかりと受け継ぐ、実に正統派オーソドックスな外観である。そうして、しなやかな流線型ボディは何処か確実オーセンティックなるものとしての上質感を漂わせている。

EOS5D4の底部

グリップは引っかかりが良く、握りやすい。何時いつまでも安定したカメラ操作が可能である。たとえストラップが無くとも、片手で持っている事に不安は無い。その形状は無駄を省き、そして理由わけがある。素晴らしく洗練された工業デザインである。

EOS5D4の背面と操作系

液晶の表示系統、操作系統もEOSシステムを知るものからすると、何ら支障なく撮影を開始出来る直感的なものである。非常に見やすく、扱いやすいカメラ。これまでの伝統を保守し、それで在りながら少しずつが新しい。キヤノンEOSの一眼レフとして、漸進ぜんしん的に進化し、埋没しない個性も感じられる。

親指オートフォーカスで、撮影を便利に。

三脚使用時など、シャッター半押しでAF開始にしてしまっているとMFに切り替えたり、AFしなおしたりと手間が増える事になる。そんなときにオススメの設定が、親指AF-ONボタンにのみAF開始を割り当てる方法である。

親指オートフォーカスで、利便性向上。

必要な場面でのみAF-ONを作動させ固定、右隣のAEロックボタンで露出を固定。そうすると利便性は非常に向上する。たとえ動きもの撮影でサーボAFなどを使用していても、押しっぱなしにすることで、食らいついてくれる。病みつきになる仕様。フィルム時代にはなかった、デジタル一眼レフのEOSから追加された機能。使っていて損は無い。

バックアップも確実に。デュアルスロット。

データを確実に扱いたいという需要のために設けられたデュアルカードスロット。SDメモリーカードとCFメモリカードを挿入可能。もしも片方が損傷しても片方にデータが残る。またはデータ取り込み前に消去してしまった人為的過誤ヒューマンエラーの場合も同様。安心のためにバックアップしながら撮影できるのは、やはり有難い機能である。

SDカード、CFカードのデュアルスロット。

特にシングルカードスロットでやらかしてしまいがちなのが、PC取り込みの際に抜いたメモリーカードをそのままにして撮影に出かけてしまうというもの。せっかく出かけても、悲しいかな写真が残ることがない。きっと気分はガク落ちである。

そんなときダブルカードスロットが搭載された機種ならば、一枚ずつ差し替えてのPC取り込みを徹底する事で、未然にこのような重大な失敗を予防できる。他にも鞄の中に必ず予備のメモリーカードを常備しておくこと。それから撮影に出かける際に、家の中で一枚写真を撮って機材を鞄に入れるということ等をルール化するのも良い。いろんな対策を複合することで、こうした過誤を可能な限り減らすことが出来る。

勿論、写真データの安全性や書き込みや転送の高速性を考えるならば、信頼度の高い記録媒体メモリーカードである必要がある。また最近ではPC側にカードスロット自体が付いていないものも多く、外付けのカードスロットに頼ることもある。その際にも同様に取り込み速度が速く、挙動の安定した製品を用いたいものである。

バッテリーの予備は必須。LP-E6およびLP-E6N使用。

EOS5D4の場合、一日の撮影行では予備バッテリーが必要である。特に冬場の寒冷地、山上などで撮影する場合は電池消耗が激しい。そんなとき確実に撮影を継続したいならば、予備バッテリーを携行していたい。

バッテリーは、 LP-E6LP-E6Nが使用可能。

キヤノン純正のバッテリーパック。使用できるLP-E6LP-E6Nは、仕様はほとんど変わらない。しかしLP-E6Nの場合、約10%ほど充電容量が大きくなるというメリットがある。バッテリー購入の際には偽物に注意。確実に信頼できる販売店から購入するべきである。バッテリーはグリップに装填する。

いくつかバッテリーを使用する際に。

予備バッテリーは数が増えると、収納時に取り出しにくく、未使用と使用済みの使い分けも煩わしい。そんなときに便利なのが、バッテリーホルダー。未使用を表、使用済みを裏という具合に収納すると、一目瞭然で管理することが可能になる。

レビュー:

このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
Canon EOS 5D Mark IV カメラ デジタル
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな