ピークデザインのストラップは、機能性と収納性抜群。完成されたアンカー革命。

カメラ

Peakdesignピークデザイン社のアンカーシステムは、写真撮影の革命である。カメラを手にしてから多少なりとも気になることの一つが、ストラップの運用についてである。その硬さや広さ、機能性や信頼性など気にする点は多い。道具であるとはいえ、比較的高価なカメラが、そこに備えたるストラップに問題があれば、即ちカメラの破損にも繋がる。それはまさに重要なテーマなのである。

しかしながらほとんどの場合、最初から付属品としてメーカー純正のカメラストラップが同梱されているのが通例。信頼性も高いこれらをそのまま使い続ける人も多いはずである。ただし多くの機材を運用する際などで問題になるのは、ストラップによってカメラバッグ内や更には防湿庫といったカメラの保管場所までも乱雑と化してしまうという事。

整理整頓が行えていないと、これらからカメラを取り出す際にストラップが引っかかってしまい、最悪の状況下ではカメラが落下してしまう事故も起こりかねない。そこでこの問題に、完全かつ最終的な決着を付けられるのが、ピークデザイン社のストラップやアンカーリンクスと言った製品の存在である。

ピークデザインのストラップは、汎用性に素晴らしく優れる。

ピークデザインのアンカーを使ったシステムは、その汎用性はんようせいの広さが魅力。全てのカメラにアンカーさえ設置できれば、あとはストラップを一本持っているだけで良い。撮影時には、それを一瞬のうちに付け替えながら運用する事で、カメラバッグ内は美しく、そしてより安全に保たれるのである。

たとえそれがコンパクトカメラであろうと、一眼レフカメラであろうと、ミラーレスカメラであろうと、全てのカメラを迅速に美しく運用する事が出来る。手元が整う事で、自ずと良い機会に恵まれ、引いては良い写真に繋がっていく。ある時は二つアンカーを用いて”Slideスライド”を襷掛たすきがけにし、またある時は一つのアンカーを用いて”Cuffカフ”を手首に下げる。

ストラップを常に、デザインする。

そうやって機材の状況、周囲の状況などに応じて的確な運用を迅速に行う事が出来る。こうした利便性や収納性が向上する事で得られる恩恵は計り知れない。またピークデザイン製品を用いると、カメラ全体の雰囲気がよりスマートに見えるお洒落さも兼ね備えている。

特にカメラを複数台カメラバッグに入れて用いる際、もっと整理整頓して運用出来ないものかと業を煮やすことも少なからずある。そんなときに、このアンカーシステムは最善を尽くしてくれる。それが防湿庫などの保管場所であっても同様の事。

数台体制、ストラップが問題に。

写真撮影の際に数台のカメラを持ち歩こうとすると必ず直面するのが、バッグ内の整理整頓の問題。カメラを取り出す際などに、他のカメラに引っかかったりしてしまうことも。

ピークデザインで、スッキリ。

ピークデザインのアンカーシステムなら、この問題をすぐにでも解決できる。ストラップだけ他の場所に収納して運用する。こうすることで、撮影時ちょっとした効率向上。

このシステムの良さは、コンパクトカメラであろうと一眼カメラであろうと、アンカーが装着できるものならばすべてで共通した運用が可能であるというところ。そうしてキーホルダーなど、あらゆるものに応用することもできる。

アンカーシステム。共通の使用法。

ストラップは用いない。そんな選択肢は、撮影の幅を狭めることだってある。高いところから腕を伸ばして撮影する場面など、下に絶対に落としてはならない場面で転落する恐れを無くす。また普段においても、ストラップを腕に巻き付けたり、紐を張ることでブレを軽減する。

それらは物理的、身体的な面だけでなく、精神的な面でもサポートしてくれるものである。そこで外でカメラを扱う場合には、通常ならストラップは必需品。しかも思わぬ事故を減らし、ひいては他者の安全を守るのためにも、その使用はマナーであるとさえいえるだろう。

アンカーを付けるだけで、完成するシステム。

ピークデザインのストラップは共通システムを採用している。アンカーと呼ばれる部位を噛ませる事でつなぎ合わせる。この革新的システムによって、非常に楽にストラップの取り外しが可能になっている。細いワイヤーによってカメラ本体を支える事にもなるが、その強度も抜群である。耐荷重90キロで安心感がある。経年劣化や使用による摩耗もあるが、ワイヤーには交換時期が一目でわかるようになっている。赤い色の繊維が見えたら交換時期である。

この部位に、アンカーを差し込む。

この部位に上部からアンカーを差し込む。スライドさせることで、装着は簡単に行うことが出来る。

上からスライドさせ、ストッパーに噛ませる。

カチャンという軽快な音がすると安心。装着が完了する。取り外しは、アンカーを押し込みながら上部へスライドさせる。

このシステムによって簡単な着脱を実現しているが、逆に勝手に離脱するような心配は一切ない。実際に自然に外れる事などは、全くといって良いほど起こらない仕様になっている。ちなみにこれを操作する際の感触などもとても気持ちが良い。固定力も素晴らしいが、ガタツキなども見られない。アンカーの個体差など気にしたことも無いほどに、厳密に統一化された規格が流通し信頼感もある。

アンカーリンクス。純正ストラップの益々広がる可能性。

往年の名品、純正ストラップたち。

カメラ機材関係は、純正品に限る。」その信頼性の高さやこだわりからストラップに関しても、そんな風に考える人も多く居るはずだ。カメラメーカーの巨頭、キヤノンやニコンにあっては、カメラの歴史と同じ分だけのストラップの歴史が存在しているとも言える。そんな中、ストラップにも幅広く素晴らしい選択肢が用意されている。例えば、プロストラップやワイドストラップなど素材感や使用感が人々に圧倒的に評価され、名品との呼び声も高い伝説的なラインナップも多い。

肩紐の柔らかさ、広さ、持ちやすさなど、素晴らしく考えられた純正品ストラップは、やはり捨て置きがたい。首にかけるというだけならばともかく、手首に巻き付けて運用する際にも、折りたたんで収納する際にも、よくよく練りこまれた使用感のストラップは多いのである。

純正ストラップを活かす。アンカーリンクス。

そうした純正カメラストラップを活かしながら、さらなる利便性と収納性の向上を図る。そんな願いが叶う方法が、既存のストラップにピークデザイン社のアンカーリンクスを取り付けるという方法。こうする事で、現在使用しているストラップが全く価値を失わず、むしろそこから更なる効用ベネフィットの向上を期待する事が出来る。お気に入りを末長く、より機能的に使い続ける事が出来るものである。

アンカーリンクスなし。

もちろん純正ストラップの使用感は素晴らしい。しかしバッグ内や倉庫内を美しく保つ為には、その時だけでも取り外したい。

アンカーリンクスにより、利便性向上。

ピークデザインのアンカーリンクス一つで、利便性が圧倒的に向上。首から下げても良し、手首だけに下げても良し。

このシステムを採用することで、より純正ストラップの性能を引き出すことが出来る。また状況にに応じて、幅の広いもの狭いもの、などストラップを自在に使い分ける場合にも勝手が良い。往年の名品の数々、それらをより現代的に迅速性を高める方向へアップデート。これまでも大切に愛用し、更に凄みを増した純正ストラップを使い続けることの出来る喜びは、より一層高まる。

折りたたんでもコンパクト、純正ストラップ。

更に純正ストラップの良いところは、柔らかく、薄く、それにも関わらず頑強であるところ。それによって、とても小さくコンパクトに収納することが出来る。この場合、ピークデザインのアンカーリンクスを使用するシステムは、収納性という意味で飛躍する。個人の趣味趣向に応じたストラップを使用しながら、アンカーシステムの恩恵を得るという素晴らしさ。

カフの利便性が最高。アンカー1つでリストストラップ。

手首に装着するカフ・リストストラップの使い勝手の良さは格別で、アンカーも一つで運用出来るためにその装着も圧倒的に素早い。たとえそれが一眼レフカメラであろうと、吊り下げたときに強度が心配になることは全くない。しかもこれなら街中を歩いたときでも、極端に威圧感が少ないように感じる。時にスライドと同時に運用することで、速射性は抜群に向上する。

スライドとカフ。その場で切り替え。

カフはコンパクトカメラを複数台持ち歩くときに、特に最高の友となる。デジタルとフィルム、焦点距離の異なるもの同士、そんな風にカメラを持ち歩きたいこともある。しかし、それはそれでストラップの存在が収納や取り出しの際、引っかかったり絡まったりと多少の難儀を招くことがある。一本のストラップと複数のカメラを持ち歩く。そうして、この部分がスマートに解決することで、より写真撮影が楽しくなるのである。

スライドの利便性も良い。アンカー2つでネックストラップ。

ピークデザインスライドは、使いやすい。

さてアンカーを二つ使用するスライド・ストラップ。このストラップは、役割に3種の選択肢を持つ。首から下げて前に持つネックストラップ、肩に襷掛けするショルダーストラップ、ワンアクションで長さを調整し素早い撮影を可能にするスリングストラップ。このように”一者三様”ともいうべき運用をすることが可能なのである。

ワンアクションのレバー操作で、ベルトの調整可能。

またロゴ関係も控えめで、無地として無難に使用できる。製品名が大きく書かれたカメラ付属のストラップに少し抵抗を感じるとしても、このストラップは周囲に対しても存在の主張を抑えることが出来る。その時の各々おのおのの撮影スタイルや機材、環境の変化に合わせて柔軟に対応できるところも魅力。

実はこのストラップには味噌があり、通常はツルツルとした質感で、非常に滑りやすい面を主力として用いる。カメラが肩から滑っては困る場面では、その反対にある滑り止めのゴム面を使用する。 撮影時は滑る面を使用、レンズ交換時はゴム面を使用など、状況に応じて瞬時に使い分けすることが出来るのである。この仕様は非常に便利で、純正品とは異なる利便性を得る。

滑り止めの付いた面。

スライドは比較的重量級の機材を肩に掛けて歩き回るような、ヘビーな撮影行でも負担が軽減する。それはこのストラップが、比較的幅の広く、厚みのあるストラップであるからこそ為せる業。コンパクトな収納性は純正品に譲るとしても、撮影全体をサポートしてくれる機能性は非常に優れたるものがある。これらの長所を生かして、状況に応じてストラップを変更する使い方はとても良い。

例えばバッグを持たずに、一眼レフカメラを持ち歩く。そんなときには特に圧倒的な機能性が、強い味方となる。その密着性により歩行時にはぶれ動かず、それからワンアクションで撮影動作に移れるという速射性、それらを両立。写真はカメラを構える前、発見から撮影に移るまでの動作がとても重要な要素。写真の本質が”撮れたか、撮れなかったか”であるから、その部分で優位性があることが価値なのである。

ストラップを斜めに掛ける。

実際に撮影で使うと、このストラップの価値はぐんぐん引き上げられる。斜め掛けにすると、スルスルと滑るシートベルトのような素材の良さを特に活かすことが出来る。撮りたいとき構え、撮ったら背後にカメラを回す。ショルダーバッグのような使い方で、速射性は特に向上する。街中で使っても無地であるが故に、悪目立ちがしない。スナップにも最適な素晴らしさ。

便利なキャプチャープレート。三脚へも簡単装着。

さてスライドには、アンカーマウントという部品が付属している。これを三脚穴へ装着して用いることでストラップを襷掛けにしたとき、レンズが横を向かず、下を向くことでより機能性に優れる運用が可能になる。例えば望遠レンズなどを使ったとき、カメラが横を向いてしまうとドコソコに衝突する危険性も相応そうおうに増す。そうしたリスクを軽減しながら、体により密着させることで、体感荷重も減少させることが出来るものである。

利便性が更に向上、キャプチャープレート。

次に別売りではあるが、キャプチャーを準備し、それをバックパックやショルダーバッグの肩紐などに設置するのも良い。そうすることでカメラバッグへのカメラ本体の出し入れを不要とし、登山や旅行など、多くの場面でより機動性を向上させることが出来る。しかしそれ以上に重要なのは、キャプチャーに付属するプレートの存在である。プレートは、アンカーマウント同様の働きをしながらもプラスアルファもっと多様な使い方が用意されている。

これによって、ストラップのスライドを運用する際の安定感や安心感が増すのと同時に、三脚を運用する際にも便利になる。アルカスイス互換の雲台があれば、アンカーをプレートに装着したまま、ストラップを装着したまま、何も取り外す必要なく、三脚の雲台にも迅速に装着することが出来るのである。この潤滑なる一連の流れは、まさに革命である。

アンカーを付けたまま、三脚に装着可能。

このプレートは単体でも別個購入することが出来る為、複数台運用する際にも便利である。こうすることで、写真撮影というものの少しずつの手間を大きく省くことが出来るのである。少しの作業時間の短縮が積み重なって、全体を通してみると大きな節約、ひいては疲労軽減に繋がることは想像に難くない。そうした疲労の軽減が写真全体の質の向上にも繋がるものである。

このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
カメラ デジタル フィルム
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな