instax mini90ネオクラシック、旅を彩る大人チェキ。

インスタント/チェキ

富士フィルムのinstax mini 90ネオクラシックは、極めて多機能型のチェキ。通常のコンパクトフィルムカメラ顔負けのバルブ撮影、二重露光、フラッシュ、露出補正、接写モードなど本格的な写真機能を搭載し、その使い勝手は優れて良い。同時にチェキの中においては小さく、そして軽いモデルでもある。

instax miniにおいてフラッグシップモデルとして君臨する最高のカメラ。大人のチェキとしても知られるネオクラシックと共に歩む素敵な旅。そして記録として残されたインスタントフィルムを見返す時間。それは人生に資する掛け替えのないひと時。まさに現代にこそ価値ある存在となる。

大人チェキ instax mini 90の魅力とは。旅の思い出を残す。

大人チェキ、旅の思い出を残す。

見た目はネオクラシックという名の通り、古き良き時代のカメラのプロダクトデザインを継承している。キュートな見た目、おもちゃ感の強かったチェキ特有の見た目とは一線を画し、大人びた風采をしている。

浮かび上がるまでの、楽しみ。

老若男女を問わず、カメラとして受け入れられやすい外観となった事で、もっと誰もがチェキを愛でる事ができるようになった。男性が持っても違和感のない佇まいになり、旅先でも颯爽と撮影できるというのも嬉しい。それにチェキには威圧感が全くない。そういう意味においても、あらゆる場所で活躍できる写真機なのである。

常に持ち歩きたい、チェキ。

そうして、撮るだけでも楽しい。見ても楽しい。贈って嬉しい。そんな風に無限の広がりを持ちうるチェキは、必ずや人生を豊かにしてくれる。身近なヒト、身近なモノ、身近なコト、他愛もない当たり前の日常に光を当てる。きっとそこにこそ、将来における掛け替えのない価値が見出されるはずなのだから。

チェキInstax mini90 ネオクラシックの作例

旅の思い出を、今こそ形に。

instax mini 90は、質量約296gと非常に軽量なだけに持ち運びも楽々。だからこそ、旅先で他のカメラなどと一緒に持ち運びする際にも苦になることも一切ない。むしろフィルムで撮るという選択、表現の幅などが広がることを考えると、是非にでも常に持ち歩きたいというような気持ちにさせてくれる。

その場で見れる、アルバム写真。

その場で確認できるというのも、捨て置きがたい価値。フィルムでありながらも何が撮れているかを少しの時間で見る事ができるのは嬉しいものである。また見た目の良さも十分に影響し、快く撮影に没頭できるものである。

旅先で撮影したチェキ。

富士フィルムが作るインスタントフィルムカメラというだけあって、浮かび上がってくる絵も好感度が高く、素晴らしき表現力を備えている。またすぐにその場で撮れた写真を確認できるというフランクさが現代におけるファストな時代感覚にも心地よい。

人生を豊かにする、チェキ。

デジタルの普及と一般化によって、今や少しだけ敷居が高く感じるフィルムカメラ。そんなとき日常や旅の記念を写真で残し、貼るという従来型のアルバムにチェキを用いると良い。思い出に浸りながらアルバムをめくる楽しさは、足早ファストに過行く現代に失われかけた…掛け替えのない時間であった。そしてその時間を、チェキは今に相応しい形で取り戻す事ができるものである。

建造物もシャープに撮影出来る。

それにインスタントフィルムでありながら、素晴らしい描写を実現してくれるチェキ。現代にこそ愛されるべき価値を見出すことが出来る。是非とも物理的な価値を手にし、時々見返してみる。あの時の残照を見つめる時間は、きっとこれからに資する時間であるに違いない。

コンパクトな三脚でバルブ撮影、セルフタイマー。

三脚を使用し、チェキを撮る。

チェキには三脚穴が搭載されている。三脚を用いてバルブ撮影をしたり、セルフタイマーによって集合写真としても十分活用できる。皆で集まって撮るという記念写真。ストロボと自撮り棒を組み合わせる事によって、人物写真もより美しく撮影できる。そしてシャッターボタン、起動ボタンには鏡のように反射する素材が使われている。これによって自撮りも十分可能。

マンフロットの三脚とベルボンの自撮り棒。

個人的には、Manfrottoマンフロットミニ三脚PIXIと、Velbonベルボンの自撮り棒ULTRA STICK SELFIEを組み合わせて使用している。いずれも三脚メーカーとして、第一線で活躍する有名な企業で信頼性も高い。2つとも自由雲台が付いており、単体でチェキの三脚穴に取り付ける事が可能。角度の調節も簡単にでき、しっかりとロックされる。

横にも対応できる。

自撮り棒の台座裏にも三脚穴があり、18~72cmまで伸びる事によって三脚の延長棒として活躍する。軽量でコンパクトであり、収納性も抜群ながら旅先でセルフポートレートで思い出作りなど、多くの場面でチェキを楽しむことできるのはとても嬉しい。勿論の事、このシステムを用いる事で、コンパクトカメラなどでも集合写真が撮れる。二つ併せて持ち歩いても荷物にもならないシステム。

様々なチェキ用フィルム。ブラックフレーム。

さて、instax miniシリーズには様々なフィルムがある。カラフルなフレームから、キャラクターコラボまで。特におすすめなのが、ブラックフレーム。枠が黒である事によって視線が集中し、絵がとても締まる。鮮やかな富士フィルムのインスタントフィルムを観賞用としてもっと楽しみたい。

チェキで撮影した、大阪奈良旅行。

チェキを、モノクロームで愉しむ。

そして、モノクロ。モノクロフィルムといえば富士フィルムのネガフィルム、ネオパンacros100の製造販売が原材料の入手困難さから終了。ネオパンacros100Ⅱとして代替原材料を開発し、新発売となった。表現法としてのモノクロは深い魅力があるものの、この分野における選択肢は失われつつある。デジタルで楽しむのも良いが、チェキでモノクロ表現を楽しむのはとても面白い。

チェキ、モノクロで浮かび上がる白馬。

古典的表現ではあるが、肖像写真とモノクロ、モノクロとフィルムとの相性は素晴らしく、これをチェキで体験してみるのは非常にオススメ。写真の原点とも言える表現法であるが、光をコントラストで捉えるという行為は、カラー写真においても重要である。チェキは未だにモノクロに挑戦できるのは嬉しい。モノクロ入門としてのチェキには、多くの可能性がある。

チェキのデータ化の方法。

チェキを楽しむ。撮る、見る、贈る。

カメラのキタムラなどで、チェキをデータ化してくれるサービスを活用するのも良い。勿論自宅でスキャンしたり、カメラでマクロ撮影するという方法もある。そんな風にデータ化したチェキをスマホに保存したり、SNSで写真を共有するという楽しみ方も出来る。

またデジタルの長所といえば、嵩張らずに持ち運べる気軽さもあるのだから、これも双方の強みの良いとこどりである。そのデータとしての原本が手元にあるという安心感がとても素晴らしい。災害時への備えとしても、ハードとソフトの両面からデータを残しておくというのは重要。価値ある財産は、色んな形で残しておくべきなのである。

チェキInstax mini 90 ネオクラシックの使い方と撮り方。

instax mini 90の外観
instax mini 90ネオクラシックの特徴
  • 5つの撮影モード(バルブ、二重露光、遠景、キッズ、パーティ)
  • 3つの露出補正(D、L、L+)
  • 撮影モードと露出補正を各々組み合わせて設定ができる。
  • 質量約296gと持ち運びも楽々。
  • 見た目がクラシカルでかっこいい。
カメラとしても、信頼できる。

プラスティックな質感であれど、かえってこのおもちゃ感がとても素晴らしく、カメラで写真を撮影するという行為のハードルを下げてくれる。しかしその機能は、実に練りこまれていてカメラとして信頼できる。

POWERを引くことでON/OFF。

POWERのレバーを引くと起動する。クリック感が気持ちがよい。

起動と同時にせりあがるレンズ。

スムーズに駆動するレンズ。丁寧に作りこまれたカメラ。

縦位置でも横位置でも対応する位置にシャッターボタンが用意されている。絞りはF22固定。シャッター速度は1,8秒から1/400秒ISO感度は800固定。焦点距離は60mm。通常モードの最短撮影距離は60cm。使用するフィルムは、Instax miniフィルム。広く普及している為、手に入りやすいフィルムなのも嬉しい。

Instax mini 90の多彩な撮影機能。MODEとLDの使い方。

背面液晶では、残りのフィルム枚数、現在のモードなどが非常にわかりやすく表示される。ボタンを押す事でON、OFFが切り替わり、表示されているアイコンがそのまま撮影の設定となる。

モード変換のため、背面ボタンを操作。

背面ボタン操作でシーンを選択できる。MODEボタンを押す。この操作系では、左から❶パーティモード、❷キッズモード、❸遠景モード、❹二重露光モード、❺バルブモードと全五種類。使い方は、撮影に応じてどれか一つを選択する。

MODE 1. パーティ

パーティモードは、集合写真に便利。フラッシュによる暗い室内での人物から背景までの撮影が可能。

MODE 2. キッズ

キッズモードは、動きものを撮る際に使用する。シャッタースピードを速くし、手振れを抑える。ただし、その分露出は暗くなるので野外で使用したい。

MODE 3. 遠景

遠景モードは、建物などを撮る際に重宝する。3メートル以上の被写体をシャープに撮ることが出来る。旅スナップには必須のモード。

MODE 4. 二重露光

二重露光モードは、写真を2回撮影し、重ねたものがプリントされる。おしゃれな写真に仕上がる。

MODE 5. バルブ

バルブモードは、最長10秒の長秒露光を可能にする。夜景を美しく撮影する際に使用する 。バルブモードでは、必然的にフラッシュ発光禁止に設定される。手持ちでの撮影は難しい為、三脚が必須である。

MODE変更は、ダイヤル操作でも。

実は上記のMODEボタンを押した後、ローレットが施されたダイヤルリングを左右に回すことでもモード変更可能。従来のカメラを彷彿とさせるこの作りこみが嬉しい。

更に独立したボタン操作で、マクロモード、露出補正±、セルフタイマー、フラッシュ撮影なども搭載されている。非常に多機能である。チューリップのマークはマクロモードで、30cmから60cmの間にピントが合うようになる。ただしよりシャープなのは40cmから60cmとのこと。

LDとは、露出をかえることの出来るボタン。撮りたいイメージに応じて明るさを変更する事が可能。露出補正にはD(-2/3EV)、L (+2/3EV) 、L+(+1EV)の三種類がある。Dがマイナス、Lがプラス補正である。晴天の場合はマイナス、日陰の場合はプラスなど、撮影環境に応じてLDボタンを変更したい。その場合、LやL+にするとシャッター速度が若干遅くなる事も注意したい。

またフラッシュは、発光禁止や強制発光、自動発光などを選択することも可能。左上の電池残量の表示も嬉しい。こうしたこだわりの性能は、チェキをカメラとして楽しむことが出来る。

撮影モードと露出補正(LD)を同時に、組み合わせて使用する。

撮影モードはもちろん組み合わせて使用することが出来る。例えば、遠景モードを使用しつつ、LDボタンによってマイナス露出補正、フラッシュモードボタンで発光禁止。といった形の撮影が可能で使い勝手が非常に良い。ちなみにこうした使用が可能なのは、今までのinstax miniシリーズには無く、この機種のみ。まさにチェキの中のチェキといえる製品である。

撮影モードを組み合わせて使用

このような設定で撮影すると、非常にシャープな絵が飛び出てくる。チェキとは思えない程の風景写真が撮れていたりするのは感慨。状況に合わせ、様々なモードを駆使して組み合わせる事で、チェキの潜在能力を十分に引き出す事が出来るのである。

電池はバッテリー使用。裏蓋を開けるのみ。

電池交換は簡単。バッテリー式で充電も楽々。電池の持ちは非常に良い。フラッシュを多用しなければ、その他のフィルムカメラと同様、ほとんど充電を必要としないほど省エネ。

裏蓋の爪を開ける。

電池交換はただ裏蓋を開けるだけ。

バッテリー式が嬉しい。

バッテリーを抜き差しするだけ。

バッテリーの残量も液晶表示で安心して使用できる。満充電まで約110分と比較的早く充電できるのも嬉しい。バッテリー重量も約15.5gと軽量のバッテリーが使用されている。バッテリー別の質量が296gで合計しても300g強で使用できるのは嬉しい。消費電力の大きいストロボを使用しても安心。

レビュー:チェキの中のチェキ、Instax mini 90 。

ポラロイドカメラから始まる系譜。インスタントカメラの良さは、撮ったものをすぐに見ることが出来る、飾ることが出来る。撮影後に写真がカメラから押し出されてきて、間もなく絵が浮かび上がっていく。そうしたところに喜びがある。これはデジタルカメラ、フィルムカメラにない魅力。こうしたところから写真の道にハマる人も多いものと思われる。

本来フィルムは、現像という工程に暗所作業などが必要になる。しかしインスタントフィルムは、こうした手間を省く画期的なフィルム写真。完全素人が何をせずとも、考えずとも、ただ撮影するだけで現像とプリントまでも完結してしまうのである。

旅の道中、デジタルカメラは、瞬時に撮れ高を確認することができる。対してフィルムカメラは、写真表現として完成するには現像など相応のタイムラグがある。そしてその両者の中間に位置するのが、チェキInstax mini 90である。写真が浮き上がってくるのに少しだけ待つ必要があるが、その場でフィルムを確認することが出来る。撮影を終えて、チェキから少しずつ出てくるときの喜びは一入ひとしお

デジタル化が進む昨今、データとして写真を所持していても、現物が手元にないという心許ない状況が生まれている。そんな一見空虚な世界の現代。そこに生まれている心の隙間のようなものを穴埋めできる存在がフィルムである。

子供の写真をアルバムに残すという事が、カメラが高級品であった時代のステータスであった。しかも実際に残されたアルバムを手に取り眺める時間は、何にも変えがたい貴重な時間だった。そのような貴重で贅沢な時間を、チェキは現代へ蘇らせてくれるのである。撮ったチェキは部屋に飾るのもいい、アルバムに挟むのもいい、プレゼントするのもいい。そんな写真の原点に立ち戻らせてくれる。

Instax mini 90の特に優れたところ

カメラとしても使いやすいチェキ。

このカメラの素晴らしさは、とても軽く持ち運びやすい部分にある。インスタントフィルムが出てくるのだから、その大きさ以上の幅を確保しなければならないため、コンパクトカメラのように小さなサイズを確保するのはなかなか難しい。それでもインスタントカメラという枠組みで見つめてみると、非常に小ぶりにまとめられた機種であることが伺える。

そして、プリントもInstax miniという大きさ86×54mmの名刺サイズのフィルムを使うため、 飾ったり贈ったりするのに丁度良いサイズである。しかもセンサーなどを搭載しないため、その分とても軽量である。本体も必然的に小さいサイズが確保される。この点、サブカメラとしての地位を確保しやすい。

更に露出補正、マクロ撮影、バルブ撮影、セルフタイマー、ストロボモード、三脚穴などを標準装備し、遠景モードなどの撮影モードと同時にそれらの機能を組み合わせることが出来る。この機能は他のチェキでは省略されていることも多いため、非常に使い勝手の良いインスタントカメラであるということが出来る。

以上からチェキの中にあって、フラッグシップとの呼び声も高い。見た目もとても洗練されていて、持ち歩いたり、使う喜びにも繋がっている。誰しもが用いて相応しい、そのデザイン性の高さはメリットとなる。色々と語ったが、フィルムも比較的安価なものを選べるため、維持費などを含めても、結局のところそのコストパフォーマンスの良さも特筆すべきであろう。

Instax mini 90の苦手とするところ

チェキ全般に言えることでもあるのであるが、10枚ずつしか撮影できないという部分は、多少の不便さがある。またメリットを裏返すことでもあるが、フィルムの大きさ86×72mmのinstax SQUAREを用いる機種などと比べると出てくる絵が比較的小さいサイズとなってしまう。

名刺サイズのフィルム。

またファインダーからのぞいた際、実際に写すレンズからすればパララックス(視差)がある為、構図決めにコツがいる。これは慣れが大事で、距離感を掴めば特に問題になることもない。

また多機能性がゆえに他機種と比べるとボタンが多く、少しながら考えて撮影しなければならない。起動時ごとに初期設定になるため、毎回自分好みの撮影モードを選びなおさなければならない部分が玉に瑕。しかしこれもまた、その分のこだわりの撮影が可能になる。

コラム:チェキで思い出、旅の歩みを記す。

チェキは思い出を残す道具として最上。赴いた先々でチェキを撮影する。撮影する瞬間や飛び出てくる瞬間や少しだけ待つ時間、それに帰った後振り返る時間。それらすべてが面白く、思い出の一場面として、記憶の定着を促してくれる。撮った写真は、旅日記に貼り付けるのも、卓上に挟むのも、ちょっとしたスペースに飾っておくのも良い。チェキ一台を鞄の中に放り込んでおくだけで、旅の記憶を色濃くしてくれるのである。

それにフィルム写真の入門機として扱うのも良い。フィルム写真は現像を終えるまで、どのように撮れているか分からないという面白みもある。同時に現像しなければならない一手間があるもの。旅の締めくくりにそのような時間があるのも一興なのであるが、旅の行程をそれだけで終えられるのもメリット。スマホで写真を撮るような感覚で、フィルム写真を手にすることが出来るのは嬉しいところだ。

記録としては、通常のデジタルやフィルムカメラなどとの複数台体制で同時使用するのも良い。チェキの軽さなら、それは十二分に可能な事柄。思い出の記録として、チェキは最高の働きをしてくれるに違いない。インスタントフィルムは、デジタルやフィルムの隙間を埋めるような価値ある存在。一台持ち歩くだけで、その至福のひと時に、これから永続性を持たせることが出来るのだから。土産話にも華が咲くというもの。

更にデジタルと併用ならフィルムならではの表現を楽しむことが出来る。またはフィルムと併用ならその場で写真のイメージを確認することが出来る。それでいて、同時使用の際でも苦になることのない296gという軽量ボディは表現の幅を広げてくれるものでもある。インフォーマルな日常をチェキで切り取り、思い出を閉じ込めてみる。そんな風に運用してみると、大きな恩恵を授けてくれること間違いなし。

ブログ:大正浪漫な門司港レトロ×チェキ

華やかな建造物が立ち並び、今では明るく賑やかな場所。それでいて黒いダイヤを掘っていた炭鉱夫の辛苦が滲み、今にも感じられる場所。そんな門司港をチェキとコンパクトフィルムカメラのミノルタTC-1を片手に、撮り歩く。思い出をアルバムに残す。そんな当たり前の至福を享受する。

大連友好記念館
ゆるキャラ、じーも

門司港マスコットキャラクターの「じーも」。順光だったので、しっかりと細かい文字も写り、色も美しい。

FH000036moji-2

海沿いをぶらり散歩。門司港には様々な船が入港していた。港湾内の停留中の船が輝いて見えた。海外の観光客が多く、彼らも日本の漁船に興味を惹かれるようであった。海風を感じながら歩くだけで、心は晴々とする。チェキで撮影した海と空は、記憶の色に近く美しい。

三井倶楽部は北九州のこの場所に前々から魅力を感じていた。それも大牟田市にある三井港倶楽部に赴いたことがあるからであった。この九州は三池炭鉱群は三井財閥が経営していた。その縁もあって、ここ筑豊の三井港倶楽部にも赴いてみたいと考えていたのだった。いずれも中はレストランとして運営されていて食事を摂ることが出来る。この建物は,国指定重要文化財となっている。

三井倶楽部
門司港駅

筑豊地域は炭鉱の町としても有名だ。木材にとって代わり、日本の発展を支えた石炭。血と汗の滲む労働の息遣いが聞こえてくる。今や観光客も広く受け入れているが、いつも余所者を受け入れた懐の広い町。今我々が享受する豊かな生活を思い、この場所で積み込まれた石炭の重みとそれが背負ってきた歴史の重さを感じる日。