【門司港filmさんぽ】大正ロマンをポジ・ネガ・チェキで!

フェチ写真

本州の山口県下関市と九州の福岡県北九州市の間にある関門海峡。

そのすぐそばにある門司港。

そこには、大正時代に建てられた素敵な建築が今も残されている。

大勢の人で賑わう、大人気の観光スポットだ。

そんな門司港レトロをフィルムカメラを片手に、散歩してみた。

門司港レトロを、歩く。フィルムカメラと共に。
FH020029-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

一番近くにある、門司港レトロ駐車場にとめて散歩スタート。

赤レンガに赤い車体が映えていた。

大連友好記念館
FH020030-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

歩いていると、すぐに素敵な建物と出会う。

これは大連友好記念館。

北九州市と中国の大連市が友好都市となった記念に建てられたもので、大連市の鉄道汽船会社の建物を複製したもの。

FH020020-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

正面にまわってみる。

一階は中華料理のレストランになっている。

そして、すぐ後ろにものすごく高いビルが建っていたことにココで気づく。

どうやら門司港を見渡せる展望室のよう。

FUJIFILM チェキ instax mini 90

ネガフィルムとチェキ。2台あると違いも楽しめる。

旅行だと、チェキの描写も捨てがたい。

FH020017-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400
FH020002-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

門司港レトロの全体。

海に面していて、気持ちいい。

お土産屋さんもたくさんある。

そして次に向かうは、この赤いレンガの旧門司税関。

旧門司税関
FUJIFILM チェキ instax mini 90

旧門司税関。

素敵な入口。中は自由に入ることができる。

FH020003-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

中に入るとなんと吹き抜けになっている。

FH020004-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

大きな窓から、柔らかい光が差し込む。

FH020012-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

二階は展望室になっている。

海側。

丁度船が通る。

FH020009-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

先ほどの大連友好記念館側も楽しめる。

FH020007-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

中もレンガで素敵だ。

FH020015-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400
関門橋、門司港を歩く
FH000036moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

またぶらり散歩。

海沿いを行く。

_MG_1425
Canon EOS 1v + EF24-70mm F4L IS USM 【フィルム】FUJIFILM Velvia 100

関門橋。

余ったポジフィルムを消費する形で撮影。 Canon EOS1Vに24-70F4L。

_MG_1426
Canon EOS 1v + EF24-70mm F4L IS USM 【フィルム】FUJIFILM Velvia 100

台風の雲はその形を絶え間なく変化させていた。

差し込む光が美しい。

レトロなレンガが浮かび上がる。

_MG_1418
Canon EOS 1v + EF24-70mm F4L IS USM 【フィルム】FUJIFILM Velvia 100
_MG_1415
Canon EOS 1v + EF24-70mm F4L IS USM 【フィルム】FUJIFILM Velvia 100
_MG_1410
Canon EOS 1v + EF24-70mm F4L IS USM 【フィルム】FUJIFILM Velvia 100

門司港には様々な船が入港していた。

港湾内の停留中の船が異様に輝いて見えた。

海外の観光客が多く、彼らも日本の漁船に興味を惹かれるようであった。

思いがけず、船にカメラを向けてシャッターを切った。

_MG_1411
Canon EOS 1v + EF24-70mm F4L IS USM 【フィルム】FUJIFILM Velvia 100

巌流島を結ぶ定期船。

離れていく船を波戸場と共に撮影した。

コンクリートの質感をものの見事に写し取ってくれた。

_MG_1412
Canon EOS 1v + EF24-70mm F4L IS USM 【フィルム】FUJIFILM Velvia 100
_MG_1407
Canon EOS 1v + EF24-70mm F4L IS USM 【フィルム】FUJIFILM Velvia 100
FUJIFILM チェキ instax mini 90

チェキで撮る船のかっこよさ。

FUJIFILM チェキ instax mini 90

海上保安庁の船。

FUJIFILM チェキ instax mini 90

正面からも撮影。

そうこうしているうちにお腹がすいてきたので、ランチを食べに旧門司三井倶楽部へ向かうことに。

旧大阪商船門司支店
FH000033moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

向かう道中、またもやレンガの建物が。

これは、大正6年に建てられた旧大阪商船門司支店。

FH000029moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

デザインも、とても凝っている。

そしてお隣に三井倶楽部。

三井倶楽部で豪華ランチ
FH000026moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

どうやら裏側から訪れてしまった模様。

でも、後ろ姿も素敵だ。

三井倶楽部は北九州のこの場所に前々から魅力を感じていた。

それも大牟田市にある三井港倶楽部に赴いたことがあるからであった。

この九州は三池炭鉱群は三井財閥が経営していた。

その縁もあって、ここ筑豊の三井港倶楽部にも赴いてみたいと考えていたのだった。

いずれも中はレストランとして運営されていて食事を摂ることが出来る。

Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

正面。早速門をくぐる。

Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400
FUJIFILM チェキ instax mini 90

正面玄関。

tc1とチェキ。本当にどちらの描写も素晴らしい。

一周まわってみる。

FH000005moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

左側。

この建物は,国指定重要文化財となっている。

FUJIFILM チェキ instax mini 90

横のドアが素敵だった。

FUJIFILM チェキ instax mini 90

木陰が気持ちいい。

FH000021moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

玄関前のロータリー。

中へ入ってみる。

FH000006moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

玄関上部のステンドグラスがまぁ美しいこと。

ここでランチ。

門司港の名物といえば焼きカレー!ということで海鮮焼きカレーセットを食べた。

サラダ、コンソメスープ、香物、食後にバナナゼリーと珈琲まで付いて1490円とお得。

こんなにも素敵な空間で食事ができるなんて、贅沢な時間だ。

FH000016moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

とても優雅なひと時に満足するのであった。

ここ三井倶楽部のレストランもとても美味しい。

FH000010moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

そして、二階はなんとあのアインシュタインも宿泊したとされる部屋を惜しげもなく公開してくれる。

FH000009moji-3
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

おしゃれな部屋。

FH000011moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

浴室。

バスタブが緑色なのが、とても印象的。

FH000008moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

窓からタワーも見える。

FH000012moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

門司港駅が見えた。

行ってみよう。

工事中の門司港駅
FH020036-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400
FH000001moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

現在工事中の門司港駅。

足場がほんの少しだけ見えた。

隙間から工事の様子を見ることができる。

FH020035-2
Canon EOS 1v + EF24-70mm F4L IS USM 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

FUJIFILM チェキ instax mini 90

門司港駅の看板が可愛い。

FUJIFILM チェキ instax mini 90

足場の下まで見えた。

工事現場はなんでこんなにも素敵なのか。

作業が行われていて、ここでチェキをたくさん撮影。

お土産屋さんらへんを歩く。
FH000024moji-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

ふたたび歩く。

海風が心地良い。

先ほど訪れた建物が一望できる。

FUJIFILM チェキ instax mini 90

すごく目立つ船は、芸人のロバート秋山さんのお父さんが経営する船上レストラン「ファンキータイガー」。

この海賊船は老朽化が進んでいる為、2018年9月を持って移転したよう。

FUJIFILM チェキ instax mini 90

門司港マスコットキャラクターの「じーも」。

初めて知ったが、とっても可愛くてチェキで撮影。

順光だったので、しっかりと色が出た。

恋人たちの聖地・はね橋
FH020033-2
Minolta TC-1 【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

帰ろうかと思ったら、なにやら人だかりができていた。

丁度2時になったので、はね橋が上がるらしい。

FUJIFILM チェキ instax mini 90
FUJIFILM チェキ instax mini 90

せっかくなので見学していくことに。

片側ずつ上がる。 一日に6回、跳ね上がるらしい。

時間は 10:00、11:00、13:00、14:00、15:00、16:00

結構な頻度なので、見てみると面白い。

恋人の聖地になっているそうな。

壇ノ浦パーキングエリアから関門橋を見上げる
FH040006-2
Canon EOS 1v + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM【フィルム】フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

帰り道、高速の壇ノ浦パーキングエリアから関門橋を眺める。

見上げた橋はかっこよかった。

時折大型船が通る。

今日歩いて思ったことは、やっぱりレトロな街並みはフィルムに映える。

そして、兎にも角にも、三井倶楽部の焼きカレーが美味しかった。

海沿いを散歩すると気持ちが良い。

2時間ほどの滞在だったが、とても楽しいフィルム散歩となった。

素敵な建物を眺めたり、撮影するのは最高!と改めて思う一日だった。

今日の散歩のおとも

Minolta TC-1

Canon EOS 1v

FUJIFILM チェキ instax mini 90