キヤノンEF70-300mm F4-5.6 IS II USM、軽量性に優れた爆速望遠ズームレンズレビュー。

Canon EFマウント

CanonキヤノンのレンズにはLレンズというプロ仕様の高級レンズが存在しているが、ノーマルレンズの中でもナノUSMが搭載されたズームレンズは、高速なAF性能が備わっている。それに誠に軽量であることからも非常に実用性に優れている。キヤノンの重厚で堅牢なLレンズの中でも、望遠レンズは白レンズとも称される。そんな白レンズを構えた時の威圧感は中々のものであるが、このノーマルレンズであれば望遠であっても黒色であることからも警戒感を招きにくい。

複数のレンズをカメラバッグの中に忍ばせて長時間持ち運ぶとなれば、特にショルダーバッグの場合には肩に食い込み、撮影後まで疲労感が残る状況になることは目に見えている。そんな時、登山的発想でもあるウルトラライトパッキングの手法で鑑みると、必要最小限度の機能性を確保しながらも、写りという部分で妥協する必要がないEF70-300mm F4-5.6 IS II USMならば、撮影行をより快適なものとしてくれる秀逸なるレンズである。

キヤノンの隠れLレンズとも称される、望遠ズームレンズ。

この望遠レンズは2016年末に誕生したEFレンズであるが、その写りの良さ、使い勝手の良さも相まって、多くのユーザーから高い評価を得ている良品である。隠れLレンズとの呼び声も高い。ノーマルレンズという枠内で鑑みれば、その写りの良さは最大限のものがある。それ以上の描写力を期待するならば、やはりLレンズという上位に君臨するシリーズがある訳である。しかしその写りは、高精細な描写力が求められる昨今の情勢下での期待値で見た場合であっても、実用に際して何ら問題のないところ。

またキヤノン肝煎りのUDレンズが採用され、解像と滲み除去、コントラストに一役買っている。そうした写りの良さは勿論のこと、ピント精度や合焦速度は特に秀逸。以前ならば例えばEOS60Dのダブルズームレンズキットなどに入っていたEF-S55-250mmなどと比べようものなら、圧倒的な性能差を感じさせてくれる。いや寧ろ、この素晴らしきレンズを比べようとするならば、同じく望遠ズームでもLレンズと比べるべきであろうと思える。実際のところ、合焦速度を鑑みれば、それらと同等かそれ以上であるといっても過言ではない。

動きものと呼ばれる動体撮影、動物や野鳥、鉄道や飛行機などの乗り物などに対しても、それがAF撮影であっても十分に撮影が可能。それは即ち様々な状況下でチャンスを捉えることができる機会が増えることを意味しており、ノーマルレンズであるにも関わらず、撮影効率を十二分に引き上げてくれるレンズである。初心者であればあるほど、特に早期に良き道具を手に入れて用いるというのは重要になるが、そうした意味においてもこのような製品が用意されていることは特筆に値するところである。

撒き餌ズーム、EF70-300mm F4-5.6 IS II USMの写り。

そうするとキヤノンで言うところ、撒き餌レンズと称されるほどの単焦点レンズがEF50mm F1.8 STMであるならば、望遠ズームレンズにあってはEF70-300mm F4-5.6 IS II USMがそれに相当しそうである。その性能のコストパフォーマンスは、寧ろそれ以上の凄みある写りであるといえよう。しかも70−300mmという焦点距離は、風景や動物写真のみならず、ポートレートや乗り物などを含めてもあらゆる撮影環境で使い勝手もよろしく、多くの場面で活躍すること間違いない。

夕暮れ時の草原

勿論、望遠レンズに明るさを求めようとするならば、また写りに妥協したくないならば、それこそ車が一台すんなりと買えてしまう程の額になってしまう選択肢も往々にして存在する。しかし通常使用において、無難な写りを期待できて、可変ではあるがF4-5.6という絞り開放値が特段問題になる場面も少ない。勿論、朝晩の光量の少ない場面においては、更なる明るさを求めたくなるのも必定ではあれど。

風景写真でも、活躍する画角。

昨今、カメラの進化によって、極めてISO感度を小さく抑えて撮影するという方法よりも、程々にISO感度を調整しながら、手ブレや被写体ぶれを起こさないという方が重要な課題となっている。だとすれば、このEF70-300mm F4-5.6 IS II USMは、質量約710g、ISの手ぶれ補正効果が4.0段分と優れており、それらは手ブレに対しても極めて有効なスペックであると言える。疲れにくく、小ぶりで持ち易い。ただそれだけでも嬉しい仕様だったりするところ。そうして撮れたか否か、という写真にとって最重要な課題に対して、有効にアプローチすることの出来る優れたプロダクトなのである。

風景と動物を収める。

また標準域の単焦点などに加えて、気軽に望遠域のレンズを一本追加したいという願望を叶えてくれる気軽フランクなレンズである。白レンズほど本格的な撮影を意図せず、状況に応じて望遠域を備えておきたいという予備的、保険的な運用を期待するというときには、頼もしい選択肢である。そういう意味においてはスーパーサブ的であるのであるが、撮影行自体をもっと軽快なものにしたい場合にはメイン機材として頼れる存在でしかない。しかも撮ることの出来る絵に至っては、妥協せぬ写りを期待することができるのだから。

威圧感の少ないノーマルレンズ。軽量性と描写性を両立する。

他にも街中で振り回す道具と考えると、白レンズの筐体はあまりにも眩しく輝いて見える。上質感や高級感、金属筐体ならではの質感に惚れ惚れすると同時に圧倒される場合すらある。そんなときにプラ筐体であるEF70-300mm F4-5.6 IS II USMならば、いい意味でのチープ感を漂わせており、威圧感を軽減してくれることは間違いない。しかもLレンズの望遠レンズであれば、特に長い時間構えて被写体を追っていると、腕がプルプルと震えてきたり、疲労感を感じ得る場面も少なくない。しかし、このレンズならばそんな負担も軽減し、撮影者にとってもメリットは大きいものである。

晴れた休日に巷を散歩するといった用途を鑑みた場合、やはりEF70-300mm F4-5.6 IS II USMというレンズは非常に使い勝手が良い。小さなバッグであっても撮影に幅が広がる。ミラーレス一眼などと持ち歩くことで、その長所はもう一段階上の存在へと昇華される。小さくて軽くても妥協せぬ写り。それはまさにウルトラライトパッキングというに相応しい。あるいは、きちんと防雨対策がなされた上で、悪天候時にヘビーに撮影を行わないという考え方ならば、山岳写真などにとっても有力な選択肢と成り得るところなのである。

威圧感の少ない、ブラックボディ。

他にも白レンズと比べて優れた点を挙げるとするならば、上記でも触れた通りに色が黒色である点である。人間に対する威圧感は勿論であれど、存在が目立つために野生動物に対する警戒を誘う白色よりも、ノーマルレンズな黒色の方が目立たないという長所について触れないわけに行かないところ。その筐体自体にカバーをしたり、シールを貼る、またはギリースーツなどを被せるといった方法も考えられるが、寧ろ状況に応じて望遠レンズを選択しながら運用してみると、その利便性も高い。

最初の一本に最適、動体撮影も。ノーマル望遠ズームレンズ。

EF70-300mm F4-5.6 IS II USM、優れたAF速度。

役割の異なりと考えれば、やはりLレンズにはそれ相応の優れた価値があるし、EF70-300mm F4-5.6 IS II USMにもそれ相応の価値があるといったところなのである。そのような意味合いでもしっかりとLレンズとの棲み分けが出来ており、望遠レンズとして最初の一本に安心して購入することが出来る。もしも、その後に白レンズを手に入れたとしても、しっかりと個性を持ったレンズであるから、以後も長らく活躍を期待することのできるポテンシャルを秘めているというのも嬉しい。

身近な動物を撮るのも、便利なAF性能。

性能を考えれば、動体撮影までも可能であるし、将来的にも手放すのは中々に惜しい代物である。家族とかペットを撮影するにしても、比較的お財布に優しいレンズで十分に信頼できるAF性能を持っているという事実だけでも、投資価値に値するというもの。一眼カメラを手に入れてから、このような被写体に悪戦苦闘しつつ結局はスマホで良いとなってしまう事もある。ただ望遠レンズで撮影する身近な写真というのは、また違った表現的魅力がある。こうした良質なる製品を用いて、手軽に写真趣味を充実させられるというのは、現代の特権とも言えよう。

Canon EF70-300mm F4-5.6 IS II USMの作例

Canon EF70-300mm F4-5.6 IS II USMの外観、使い方。

キヤノン
Canon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
Canon EFマウントカメラレンズ
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな