スウェットの裏起毛と裏毛とは。チャンピオンのフレンチフリースとフレンチテリーを比較。

ファッション

Championチャンピオン社のスウェットシャツは誕生それ以来、元祖というだけあって広く深く支持され続けている。キング・オブ・スウェットの異名通り、その質感や着心地やデザインの良さは、他の追随を寄せ付けない。実用の中で生まれた製品であって、更には大学コーチ陣による口コミで広まった良品。今までもこれからもずっと、着る者全てを魅了してくれるであろう逸品なのである。

またスウェットシャツには、裏地の種類に裏起毛や裏毛のものがある。名前は似ているところであるが、この違いは案外に小さいようで大きい。この仕様の違いについても理解した上で製品を選ぶと、より的確に各人の好みや用途に合わせたスウェットと出会うことが出来る。

スウェットシャツの裏毛と裏起毛、生地感の違い。

スウェットシャツで、何処へでも。

まずスウェットシャツの裏毛生地とは、一般的なタオル地のスウェット生地をイメージする方が良い。さらさらとしたドライな肌触りが特徴。同時に吸水性、保湿性に優れており、激しい運動などにも向いている。チャンピオンのフレンチテリーは、この裏毛生地に相当する。通常のパイル地よりも軽くてソフトタッチな生地感により、より着心地が良いスウェットシャツ

チャンピオン、裏毛のスウェットシャツ

次にスウェットシャツの裏起毛生地とは、一般的なフリース生地とイメージする方が良い。生地を毛羽立たせて、ふわふわとした肌触りが特徴。空気と水分を蓄える事によって、著しく優れた保温効果を実現する。チャンピオンのラインでは、赤タグ青タグ9ozテリーフリースやスーパーテリーフリースも裏起毛のスウェットシャツに相当する。

チャンピオン、裏起毛のスウェットシャツ

スウェットシャツは、このように外目から見た感じに大して変わり映えがしなくとも、裏地の生地感の違いによって、着用者にとって着心地や使い道が多少異なってくる。よりその時の状況に応じて選択したいもの。生地の厚さだけでなく、このような裏地の仕様もチェックしながら好みのアイテムを探してみると吉である。

チャンピオンスウェット、起毛と裏起毛の着こなしクイズ。

さて早速ながら、上記を鑑みたうえで次のようなスウェットシャツの場合は、裏地の仕様が裏毛か裏起毛のどちらであろうか。クイズでおさらいしてみたい。

Answer:○ 裏起毛のスウェットシャツである。

チャンピオン、裏起毛スウェットベスト。

ちなみにこれは、チャンピオンHomage to Archivesオマージュ・トゥ・アーカイブスというラインの製品。

Answer:✖ 裏毛のスウェットシャツである。

チャンピオン、裏毛スウェットシャツ。

ちなみにこれは、チャンピオンのスタンダードというラインの製品。

即ち裏毛の場合には、タオルによく用いられるループ状に織り込んだパイル地が用いられている。また裏起毛の場合には、保温効果が高くて柔らかなフリース生地が用いられていると考えると良い。汗ばむ季節であっても、年間を通して長らく用いる事が出来るのは裏毛仕様のスウェット。より肌寒い季節に効果的なのが裏起毛仕様のスウェットである。このような観点から、使用感に応じた裏地のスウェットを適宜選択したいものである。

Championのテリーフリースとフレンチテリーを比較。

チャンピオンのスウェット支持される理由。それは運動競技用の衣類として、1924年にミシガン大学がスウェットシャツを採用。するとそこから爆発的に全米各地で広まった。更には学校生協が取り扱うようになると、学生のカジュアルウェアとしても定着する事になったのである。そこには低価格と高品質を実現したチャンピオンの企業努力と執念があった。

質実剛健なチャンピオンのスウェットシャツ。

現在までもその事実は変わらず、たとえ中国製であるにも関わらず高い品質を維持し、更に米国製であるにも関わらず安い価格を実現し続ける。長い目で見ても、際立って優れた費用対効果コストパフォーマンスの良さは、チャンピオンだからこそ成し遂げられた実績である。そんなスウェットシャツを手にする喜び、それは人類の遺産的ヘリテージ価値と着心地の良さという実益を兼ね備えた、名品に対する感慨でもある。

薄手のチャンピオンパーカーを羽織る。

そしてチャンピオンにおける9ozテリーフリースと10ozフレンチテリーは、それぞれスウェット生地における裏起毛と裏毛に相当している。いずれも比較的薄手のモデルで着心地は素晴らしいものがあり、見た目にはカッコよく、そして気持ち良く着こなす事ができる逸品なのである。

レビュー:MADE IN USA 9oz TERRY FLEECE

チャンピオン9ozテリーフリース

テリーフリースは、90年代に名声をあげたクラシックフリースを土台に開発。チャンピオン自身もその特徴として「糸から縫製までアメリカ製に拘った、MADE IN U.S.Aシリーズ」と謳っているように、同社を代表するフラッグシップモデルでもある「赤タグ」と良く似た上質なる製品プロダクトである。それから袖に腕を通した時に感じる肌触りの気持ち良さは、まさにそれを彷彿とさせる。

素材構成として、9ozテリーフリースにはUSAコットンが85%、ポリエステルが15%(オックスフォードグレーには、USAコットン80%、ポリエステル20%)用いられており、赤タグのスウェットには、USAコットン90%、ポリエステル10%が用いられている。このような素材感は非常に似通っている為に、肌触りの感覚が良いのは当然であろうとさえ思える。

ただしそれと似て非なる部分として、9ozである事によってより軽量、柔軟でフィット感に優れているところ、肩肘張らずに着こなす事が出来るところ、そしてリバースウェーブが用いられていないところがある。同時にフリース素材である事から、フレンチテリーと比べれば防寒色が強い。やはりこの場合は、少し肌寒位時期に用いるべき製品であろう。

春先や秋口には薄手であるが故の丁度良い生地感が心地良いのであるし、真冬にはインナーとしても大活躍する。そうして、この上からフリースベストやアウターと、少しずつレイヤーを重ねる着こなしが便利である。薄手でありながら暖かな衣服であるから、コートやジャケットの下に来たとしても動き易さが確保される。しかも室内の暖房の効いた部屋であっても、そのレイヤーを脱ぎ着する事で快適な温度調整が行えるという利便性が好ましい。

レビュー:REVERSE WEAVE 10oz FRENCH TERRY

動きやすく、さらっと羽織れる。

リバースウェーブが採用されている事により、その動き易さは当然ながら極めて優れている。更に汗をかいて洗濯する場合にでも縦縮みが少ない特性は重宝するものである。そして用いられているフレンチテリーは、薄手で追従性に優れたパイル生地が用いられており、春夏の朝晩涼やかな時期において大活躍する。真夏の時期においては、冷房の効いた肌寒い室内、そんな場所でちょこっと羽織るのにも丁度良い。

強風時など、ちょっとした防寒にも。

チャンピオンの10ozフレンチテリーは、特に幅広い季節に様々な場所で用いる事が出来る。その為、この素材のジップアップパーカーは、一枚持っておくと何かと重宝する。春夏においてはアウターとしても活躍、秋冬においてはミドルレイヤーとしても活躍。そんな風にしてオールシーズンを通して活用する事が出来るのは嬉しいところ。製造国は中国ではあるが、青タグ同様に製品自体の品質クオリティチャンピオンならではの良質さが感じられる。

ちょっとした時、重宝する使い勝手。

ちなみにこの製品の場合には、綿が100%用いられており、天然素材ならではの肌触り健やかな着心地が、優れて気持ちが良い。特に同じような裏毛スウェットであっても、70年代から80年代に主に使われていたとされる三者混裏毛パイル生地には、綿65%、レーヨン25%、ポリエステル10%が用いられていて、しかもより肉厚。10ozフレンチテリーの軽快感とは、少々活躍の場が異なっているように思える。

更にこの10ozフレンチテリーのスウェットシャツには、半袖のモデルも存在している。その秀逸な点として、涼やかであるところが上げられる。切りっぱなしの袖口など、デザイン的にも印象的。Tシャツ一枚では心許ない状況でも、薄手のスウェットシャツをその代替として用いるというのは、贅沢ながら頼もしいコーディネートである。

チャンピオンにおけるトップスのサイズ感。着こなし。

チャンピオン拘りの逸品、赤タグパーカー

身長約170cm、体重約60kg。中肉中背メンズの場合には、Mサイズが概して丁度良く着こなすことが出来る。チャンピオンは運動着やワーク、ミリタリーとしての原点がある為に動き易さに主眼が置かれている。トップスが腰丈であるというのもスポーツライク。一般的なスウェット、トレーナーやパーカーの着こなしとして、よりストリートなどのカジュアルなシーンで用いられる場合には、Lサイズであっても全然問題ない。

春夏コーデに最適、チャンピオンのリバースウェーブ半袖スウェット。

春夏コーデに最適、リバースウェーブ半袖スウェット。

春夏を含む幅広いシーズンに何かと重宝するのが、半袖のスウェットシャツである。しかも裏毛生地の仕様であるから、Tシャツ感覚で柔軟で動きやすい。着心地の良いスウェットを汗ばむ季節でも着用する事が出来るのは、特別に魅力的である。

リバースウェーブ、ショートスリーブ。

上記は、より肉厚なリバースウェーブ。袖口にもリブが配されており、動き易さや追従性に比重が置かれている。勿論の事ながら、脇腹にはサイドアクションリブ。またリブの境目には着心地を極めるフラットシーマという縫製が施されている。

袖部分にも、リブが配されている。

リバースウェーブは洗濯と乾燥を繰り返しても、縦方向への縮みが極めて少ない。よってより暖かな気候であっても、運動し汗をかいてガシガシと使い回す事も出来るし、是非ともそのように着たいものである。ちなみにこの場合、下着を身に着けずにスウェットシャツ一枚で過ごすのも一興で、その様な着方であっても肌触りは格別に気持ちが良い。

より暑い夏にも活躍する、リバースウェーブ

もっと暑い夏にも活躍するのが、やはりこの10オンスの薄い生地感のリバースウェーブ。薄く軽いだけでなく、袖口が切りっぱなしのようなデザインになっており、より通気性に優れている。裏毛生地であるから汗をかいても吸湿性に優れており快適で過ごし易い。汗ばむような季節であっても特段問題にならない事もポイント。しかもスウェットシャツは定番アイテムとして、老若男女を問わずして誰しもが気軽に似合う着こなしが出来る。

暑い夏でも、サラッと着る事が出来る。

特にチャンピオンのスウェットシャツ、グラミチのNNパンツを組み合わせた時の過ごし易さたるや凄まじい。いずれも実用の為に生まれた逸品であるからこそ、優れて着心地もいのである。これらは春夏定番の休日コーデとして、ワードローブに備えてあると大変に重宝するところである。

Hanesbrands_Champion: Hanesbrands_Champion
champion AMAZONショップページです。
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
ウェア ファッション
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな