ピークデザインCuffカフ。快適撮影を実現するカメラストラップCF-3。

カメラ

Peakdesignピークデザイン社のストラップを導入すると、撮影に革命が起きる。より迅速に、より快適に、より安全に。カメラストラップが容易に付け外しが可能であるという事だけで大いなる価値が生まれる。「Cuffカフ」リストストラップは、コンパクトカメラとの相性が特に良く、一眼カメラにおいてさえ室内撮影やちょっとした野外撮影で大活躍する。無意識であるが、確実に頼りになる黒子くろこのような存在だ。

ピークデザイン、カフが齎す最高の撮影環境。

複数のカメラ、自分だけの使い心地。

ピークデザインのカフは、ストラップとして素晴らしく魅力のある製品である。しかしながら、ストラップの使い勝手というのは、後回しにされやすい分野ではないだろうか。それでも、ほんの少しだけ重い腰を上げて最初の一歩を踏み出してみると、そこには新しき世界が広がっているはずである。

カフなら、どんな状況でも安心。
ピークデザイン「カフ」の魅力
  • 簡単で迅速に着け外すことが出来る。
  • ストラップのループサイズが素早く調整出来る。
  • 手首に巻き付け、身に着けたままに出来る。
  • ストラップが、たったの一本で済む。

手首リストストラップは、コンパクトカメラとの相性が抜群だ。本気で撮りたいなら、複数台のカメラを持ち歩いて撮影するのもいい。そんなとき抜群の働き、縁の下の力持ちになれるのが「カフ」なのである。

カフ、汎用性に素晴らしく優れたリストストラップ。

ピークデザインのカフは、その汎用性はんようせいの広さが魅力。ストラップ自体をその都度付け外して、全てのカメラに素早く付け替えることが出来る。カメラと接続するアンカーさえ設置できれば、あとはカフストラップを一本持っているだけで良い。撮影時には、それを一瞬のうちに付け替えながら運用する事で、カメラバッグ内は美しく、そしてより安全で健康に保たれるのである。

ストラップを常に、デザインする。

たとえそれがコンパクトカメラであろうと、一眼レフカメラであろうと、ミラーレスカメラであろうと、全てのカメラを迅速に美しく運用する事が出来る。手元が整う事で自ずと良い機会に恵まれ、引いては良い写真に繋がっていく。アンカーを用いて「カフ」を付け替える素晴らしさは、新しき価値を提供してくれるもの。その感動は体験する他ない。

迅速な撮影を可能とする、カメラストラップ。

カフを一眼レフカメラに付ける。カメラを手首から吊り下げたとき、その強度が心配になることは全くない。しかもこれなら街中を歩いたときでも、極端に威圧感が少ないように感じる。カフの使い勝手の良さは格別で、アンカーも1つで運用出来るためにその装着も圧倒的に素早い。時に同じくピークデザイン社のスライドなどネックストラップと同時に運用することで、速射性は抜群に向上する。

この素早ファストさが確保されることにより、機材や周囲の状況などに応じて的確な運用を迅速に行う事が出来る。こうした利便性や収納性が向上する事で得られる恩恵は計り知れない。またピークデザイン社の製品を用いると、カメラ全体の雰囲気がよりスマートに見えるお洒落さを兼ね備えているのも嬉しいところ。

特にカフの場合はコンパクトカメラを複数台持ち歩くとき、最高の友となる。デジタルとフィルム、焦点距離の異なるもの同士、そんな風にカメラを持ち歩きたいこともある。しかし、それはそれでストラップの存在が収納や取り出しの際、引っかかったり絡まったりと多少の難儀を招く。

スライドとカフ。その場で切り替え。

そうして、もっと整理整頓して運用出来ないものかとごうを煮やすことも少なからずある。そんなときに、このストラップに用いられたシステムは最善を尽くしてくれる。それが防湿庫などの保管場所であっても同様の事。一本のストラップと複数のカメラを持ち歩く。そうして、この部分がスマートに解決することで、より写真撮影が楽しくなるものである。

汎用性の高いカフ、リストストラップの使用法。

ストラップは時としてわずらわしくなるもの。しかしながら、それを用いないという選択肢は撮影の幅を狭めることだってある。例えば、高いところから腕を伸ばして撮影する場面など、下に絶対に落としてはならない場面で転落する恐れを無くしてくれる。普段においても、ストラップを腕に巻き付けたり、紐を張ることで手ブレを軽減する。

アンカーを付けるだけで、完成するシステム。

それらは物理的、身体的な面だけでなく、精神的な面でもサポートしてくれるものである。そこで外でカメラを扱う場合には、通常ならストラップは必需品。しかも思わぬ事故を減らし、ひいては他者の安全を守るのためにも、その使用はマナーであるとさえいえるだろう。

ピークデザイン社のストラップは共通システムを採用していることによって、その可能性をさらに高めている。アンカーと呼ばれる部位を噛ませる事でストラップとカメラをつなぎ合わせる。この革新的システムによって、非常に楽にストラップの取り外しが可能になっている。

アンカーにストラップを装着する。

その際、細いワイヤーによってカメラ本体を支える事にもなるが、その強度も抜群である。耐荷重90キロで安心感がある。経年劣化や使用による摩耗もあるが、ワイヤーには交換時期が一目で判別できる仕掛けが施されている。黄色の繊維が見えれば、やがて交換が必要になる時期。赤い色の繊維が見えれば、早急の交換が必要な時期という訳である。

この部位に、アンカーを差し込む。

この部位に上部からアンカーを差し込む。上から下へスライドさせることで、装着は簡単に行うことが出来る。

上からスライドさせ、ストッパーに噛ませる。

カチャンという軽快な音がすると安心。装着が完了する。取り外しは、アンカーを押し込みながら上部へスライドさせる。

離脱時は、アンカーを押し込みながら上へスライド。

外す際には、アンカーを押し込みながら上へスライドさせるのみ。このシステムによって簡単な着脱を実現しているが、逆に勝手に離脱するような心配は一切ない。実際に長らく使用していて、自然に外れる事などは全くといって良いほど起こらない仕様になっている。

手首ストラップなら、邪魔にならない。

ちなみにこれを操作する際の感触などもとても気持ちが良い。固定力も素晴らしいが、ガタツキなども見られない。アンカーの個体差など気にしたことも無いほどに、厳密に統一化された規格が流通し信頼感もある。

もしもカメラの数が増えたとしても、そんな新しきカメラへ装着するアンカーだけを追加していくのみ。それだけでこの極まりたる撮影システムの恩恵を享受できるというのもすこぶる良い点である。

カフは、常に手首に巻き付けておくのも良し。

カフは常時、手首にあっても良い。

ピークデザインのカフは、手首リストストラップ。その名の通り手首に巻き付けておけるのが魅力なのであるが、カメラを取り外したときでもそのまま手首に装着させたままでも良い。その他ストラップの場合、鞄に収納せねばならなくなる。しかしこの製品の場合であれば、太いミサンガを着けているような感覚で常に持ち歩けるのである。

リストストラップには、磁石が挿入。

このモデルCF-AS-3という型番の場合であれば、リストループロックという磁石マグネットが埋め込まれている。

そこに定着させるのみ。

磁石にストラップを定着させるのみ。非常に簡単な使い方である。使用しないときにはブレスレットとして。

手首周りを簡単に調節可能な金具が付属。アルミニウム製の頑丈な作りで、カメラがカフにぶら下がるようなことがあっても、勝手に紐が縛られてループサイズが変更されたりし難い設計となっている。こうした点も、以前の型番から改良が加えられている。

レビュー:ピークデザイン「カフ」は、縁の下の力持ち。

コンパクトカメラであっても大抵の場合、その製品に付属するストラップが存在するはずである。そうしたストラップを多くのカメラで同じように用いていると、バッグ内や防湿庫内などで紐が絡み合ったり、引っかかったりしてカメラ転落の危険を伴ったりすることもある。ストラップが持つ本質である安心や安全を保持しながら、煩雑はんざつさを省くことが出来れば良いのである。

このカフという製品は、縁の下の力持ち。撮影の際に手っ取り早く付け替える事で、ストラップ自体が一本で済むという事が、より撮影を自由で快適なものにしてくれる実感がある。その物自体は撮影している間、無意識のうちに存在している訳である。しかし彼がそこにあるということは、ただそれだけで撮影者の気持ちも落ち着き、より安心して撮影に臨めることを意味する。

手首には常に、カフストラップを。

更にコンパクトカメラと一眼レフを併用した撮影を行う時にも、その真価を発揮する。より素早く付け替えることが出来るという「ファスト」。持ち歩きの際、手首に常につけておけて特にその存在を意識することがない「ライト」。この二つが充実することは、その行為自体に可能性が広がることを意味している。ストラップが持つ本質である安心や安全を保持しながら、より撮影スタイルを洗練させることが出来る製品なのである。

更にその見た目もお洒落、身に着けていてその所有感も好印象である。ちなみに二色が用意されているが、ブラックを選んでもアッシュを選んでも、周囲に対しては悪目立ちしない印象である。ブラックならカメラとも馴染み何ら違和感なく、アッシュなら肌と馴染み何ら違和感ない。そうして撮影者の好みでストラップを選ぶことが出来る点もい。

カメラストラップ、カフのおすすめポイント

カメラ用のアンカーをただ付け足していくだけで、この洗練されたシステムの恩恵を得られる点は素晴らしい。さらに、付け替えがその他のストラップと比較しても断然に素早く行えること。また街中での撮影時に特に実感する点として、その存在感を極限に減らしてくれる点。ストラップが肩から垂れていないというだけで、周囲に対する威圧感も多少なり軽減されることは間違いない。

カメラバッグ内が、煩雑にならない。

しかも一眼レフとコンパクトを同時に持ち歩くとすれば、鞄に一眼レフを収納し、コンパクトを取り出す時間をより短縮してくれる。肩から下げていないとスナップしにくいという訳には決してならないところも良い点になり得る。緊張感を与えるカメラを常時出しっぱなしにせずして、必要な時にカメラを取り出すという行為をより迅速に行える。それは周囲に対する気遣いであるとも言えよう。

また耐久性も優れており、製品に対する信頼感はとても厚い。ストラップに重要なのは何よりも安心。この紐が切れてしまったりという不具合に見舞われたとしたら、大切な機材の破損へと一直線。こうした本質さえも疎かにされた製品が存在してしまっている中、この点だけでもカメラアクセサリーとして十分な資質を備えていることになる。

カメラストラップ、カフの苦手とするところ

このカフという製品、使い勝手がかく素晴らしい。しかし手首に巻くという部分にマグネットを用いられているが、この固定感があまり優れておらず、何かの拍子に紐が垂れてしまうことがある。このことからオートバイや自転車などに乗る際や、機械操作が必要な場面で不意の巻き込みに注意する必要がある。

以前の型番であれば逆にこの問題よりも、素早く取り外し出来なかった点が少しの苦手であったというところからすれば、あちらを立てればこちらが立たず。そんな状況であったから、撮影時の取り回しのし易さやスナップショットに重きを置いた結果なのであるから致し方ないところと言えよう。結果として、磁石式であることが撮影にとって良き結果を生み出すことになるのだから。

ピークデザインのカメラストラップ、撮影の神器。

ピークデザインとは、2010年にアメリカのキックスターターを成功させ、一躍カメラアクセサリー業界の新参者ニューカマーとして鮮烈なる登場デビューを果たした企業。創業者がアウトドア時に感じた不満点を解消するべく作られたキャプチャーカメラクリップによって一躍有名となった。その後も画期的な製品群を作り続けている。

こうしたピークデザインの開発姿勢によって、我々のような一介の写真愛好家達が各々おのおのの撮影システムをより強固で洗練されたものとする事が出来るようになっている。この事は、現代の写真文化における幸運の一つであると言えるのかもしれない。

ピークデザイン、3つの要点。

point 01. シーンごとに、ストラップを使い分ける。

撮影をもっと柔軟に、時と場合で使い分け。

時と場合に応じて、ストラップを使い分ける至極のシステム。ある時は純正ストラップを、ある時はスライドを、またある時はカフを使い分ける。その選択が撮影そのものを手助けアシストする。

point 02. 一本のストラップを、使いまわす。

複数のカメラ、自分だけの使い心地。

表現に幅を持たせる。複数台のカメラを持ち歩くという贅沢。それらを全て包括カバーするストラップ。

point 03. カメラバッグを、もっと使いやすく。

バッグ内をきれいに、もっとクイックリーに。

バッグから威圧感、緊張感ある銃器カメラを取り出す。その際より迅速クイックに扱いスナップショットを撮る。周囲に対する配慮は欠かすことなく。ピークデザインのシステムによって整理された鞄をもって。

私的な撮影システム、あると便利な道具。

愛用のストラップを、システムに組み込む。

撮影においてストラップは、お気に入りのもの、純正の優れたもの、そんな風にして既に必ずや愛用の品があるものである。そうした製品を無駄にせずして、既成ストラップを撮影システムに組み込んでしまう。そんな方法は、最も現実的な方法に成り得る。それが実現できるところが素晴らしい。そこにピークデザインのアンカーリンクスがありさえすれば。

撮影において、より迅速に一眼レフを取り回したいこともある。カフと同時に、スライドを用いる事で撮りたいときに紐を一瞬のうちに調整。そうしてスナップショットを実現する便利なストラップも併用したい。時と場合に応じたストラップ選びで、より快適な撮影ライフを実現したい。

勿論、撮影システムには一眼レフだけでなく、一眼レフを取り出す暇がない場合やもっと小さなコンパクトカメラが相応しい場面がきっと存在する。そんなときに交換レンズの代わりにもなるコンパクトカメラを何時だって忍ばせ、一眼レフと役割を交代させたい。そんなときカフの存在は頼もしい。

登山などのアクティビティと写真は非常に相性が良い。とはいえ、背負ったバックパックなどからカメラを取り出さなくてはならないとなれば、なかなか手間が必要である。そんなとき肩紐や腰ベルトなどにカメラ自体を据え付ける。更にそれがワンアクションで着脱が可能であるとすれば最高だ。より写真の可能性が高まるものである。

写真撮影は、手持ちだけという訳では無い。本格的な場面では三脚も使用する事だってある。風景などでは三脚を時に持ち歩きながら、ある時は手持ち撮影の迅速さが必要な時もある。そうした使い分けが重要な撮影行。早朝の登山などで撮影する自然風景は感動しかない。そんな感動を写真に収めるために便利な道具。それがキャプチャープレートである。三脚の雲台として主要なアルカスイス規格との互換性があるため、素早い脱着が可能になる。

アルカスイス互換の信頼性ある雲台があれば、上記のようなピークデザインのシステム構築が更なる価値を生み出す。日本においては風景写真は3way雲台が主流であれど、海外においては自由雲台が主流である。いずれにおいても一長一短はあれど、アクティビティでより迅速に撮影するという目的を達するにつけ、軽くて扱いやすく信頼感もある自由雲台は重宝する。