ドンケF-2、至極の定番。ショルダーカメラバッグの最高到達点。

カメラバッグ

DOMKEドンケ社のF-2は、同社の核心とも言える代表的なカメラバッグである。報道カメラマンとして活躍していたJim Domkeジム・ドンケ氏が、自らが使いやすい製品を作り上げ、それに手ごたえを感じてガレージで起業した1976年。その時その場所で作られ、多くの報道写真家に信頼の評判を勝ち得た当時のモデルこそ、このF-2である。

その後もドンケは『軽量・コンパクト、体に良く馴染んで、必要ならばバッグを下げたまま走り出すことが出来る』 という標語を掲げ、そのこだわりを受け継いだ製品を数多く生み出し続けている。中でもF-2は「The Originalジ・オリジナル」と呼ばれ、同社の伝統をそのまま体現するアイデンティティとしての存在。メイドインUSAを背負う名品である。

名品ドンケF-2、最初から最高の選択を。

ドンケF-2は、長年付き合っていきたい。

F-2という存在は、もはや伝説級レジェンド。これまでカメラバッグとして多くの写真家から愛用され続け、その使い勝手の良さは極め付きの逸品。初めてのカメラバッグとして選択したとすれば、後々までも状況シチュエーションに応じて優れた選択肢を提供してくれる。勿論その耐久性は折り紙付き、長年に渡って帆布の経年変化を楽しみ、そして付き合っていくことの出来る質実剛健な製品である。

状況に応じ、最高の相棒となる。

この素晴らしい製品の良さに気が付くまで、「保護性⇔収納性」という二律背反する命題に大いに逡巡する事もある。しかしながら、ドンケF-2の保護材で不足になるような状況は極めて稀なもの。むしろ機材の保護を優先しすぎるあまり、周囲へ違和感を与えるような装備であったり、収納性や機動性をないがしろにしてしまうほうが、写真という観点からすると勿体ない状況であると言える。

撮っている事を感じさせない。

ドンケF-2の素晴らしさは、擬態するカメレオンのように周囲に溶け込み、写真を撮るという威圧的な行為を緩和してくれる性質にある。その使い勝手の良さは天下一品で、それに振り切った製品であるところも得てして好印象。その選択肢は、いつまでも手元において置きたいもの。

その場所に、溶け込んでいく。

それでも保護の観点が心配ならば、別途インナーボックスを準備するというのも一興である。メモグラ社のフレキシブルインナーボックスLならば、帆布の柔らかな形状を活かしながら、多少なりとも防水性を担保する事も出来る。ただしドンケ付属の純正インナーボックスの軽量で、邪魔にならぬ必要最小限度を見極めた優秀さは、やはり捨て置きがたい魅力がある事も記しておきたい。

研究され尽くしたショルダーバッグ。圧倒的機動力。

ドンケF-2、最高の選択肢。

メイン収納部においては、金属のフリップフックとD環によって、フラップを開閉する事が出来る。そしてもっと迅速な運用が必要な際にはベルクロマジックテープによって、より機動的な開閉を実現する。勿論、その際には体位を急激に変えるような動作は安心できないが、通常使用で問題になることは殆どない。

このベルクロの素晴らしさ。

同時にベルクロで開閉可能になっているのは、大容量の両サイドポケットである。一眼レフ本体のみであれば、なんら問題なく収納できる容量を備えている。このポケットは、ショルダーバッグを後ろに回したまま荷物を出し入れ出来るという利点が備わっており、機動的な運用では鬼に金棒。

圧倒的な機動力を実現する、ドンケF-2

サイドポケットにはコンパクトフィルムなどを収納しておき、サッと取り出しては仕舞う。そんな風にスナップ撮影をより快適に行うことが出来る。後ろに背負ったまま、出し入れが可能であるという素晴らしき使い勝手。現場経験のある人が拘り、使用者の声を反映し、練りに練って研究、そうしてトコトン追求された結果、ようやく誕生した逸品であることが自然に理解できる。

足湯につかり、ポケットから手ぬぐいを取り出す。

このサイドポケットは、革命である。ベルクロによってフラップを閉じられる事で、内容物が無暗に飛び出ることは無い。しかも手がすっぽりと入るマチがある事によって、道具の出し入れのし易さに至っては、ピカイチの実用性を誇る。

サイドポケットから、GR1vを取り出す。

ドンケF-2よりも少しだけ小さなモデルに、ドンケF-6が存在している。しかし、そんな兄弟ともいえるカメラバッグF-6には、こうしたサイドポケットやベルクロは配置されていない。F-6は、大きすぎず小さすぎずという絶妙な大きさであるが、F-2の存在価値は、大きさと使い勝手の絶妙なバランスであるといえよう。それはどんな場所でも悪目立ちすることのない。それでいてお洒落な佇まいは使用者の所有欲を否応いやおうが無く満たしてくれるものである。

その都度可変的、圧巻の収納力。普段使いにも。

普段使いにも、最高のカメラバッグ。

このバッグの収納力の高さは、急な荷物の増加などにもすぐに対応できる。しかも一見するところ縦に収納するのは困難そうな「Canon EOS-1VEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」といったボディに望遠レンズを装着したままの状態でも、一口に飲み込んでしまうのである。それもこれもフリップフックが採用されている事による、その適応力の高さに由来する。

望遠レンズを装着したままで2台。

紐を一番長くした状態であっても、その間に脱いだ上着を一枚挟むなど更に収納力を増す。その信頼性は途轍もなく高い。しかし、どんなに収納力があるといっても、F-2の運用は今ある機材をすべて詰め込むというよりは、いくつかに絞られた洗練された機材を持ち歩くというほうが良い。

適応力の高い、収納力が魅力的。

カメラバッグがパンパンになるまで荷物を詰め込むと、あまりの収納力に肩紐がズシリと肩に食い込むのである。それに少し余裕があるほうが身体への密着具合が素晴らしく、気持ちよく背負うことが出来るほか、バッグ自体の安定性が増す。急にしゃがみ込むような場合でも、ズレて前に釣り下がるというように、ショルダーバッグにありがちな不安定さを解消する事が出来るのである。

バッグ内を美しく、スライドを前ポケットに。

カメラを複数台運用しようという場合、バッグ内を美しく保ち、取り出しやすい環境を作り上げるのならストラップも可変的に運用したいものである。

ピークデザインのスライドとの相性は抜群。

その場合には、ピークデザインのカメラストラップである「カフ」や「スライド」などを用いると、更にドンケF-2の能力を引き出してくれる。

ドンケのショルダーパット、負担を軽減する。

見た目も似合う、負担軽減の純正肩パット

またドンケには純正のショルダーパットも用意されている。それによって随分と肩への負担は軽くなる。F-2は、本体重量で約1.2kgである。そこに荷物をより多く入れる場合や長い時間背負うような場合、その運用の手助けをしてくれる事間違いない。また純正であるから、F-2との見た目の相性は抜群である。

DOMKE F-2、伝統ある名品ショルダーの使い方と外観。

ドンケF-2の外観

見た目は、周囲に馴染む。カッコ良くてお洒落しゃれ。そして手にも馴染む。そんな帆布の良さを味わえる製品。ネイチャーカラーであることで、多くのファッションコーデで成り立つ事も頼もしい。

made in USAのタグ。

ドンケの嬉しいところは、未だに製造がMADE IN USAアメリカ製であるというところ。変わらないという価値が備わったドンケ。そのことが却って、時代の変遷とともに、その時代にとって常に新しい価値を提供し続けている。

信頼のドンケフラッグ。

さりげなくドンケのロゴ。信頼のドンケの証でもある。カメラマンにとって本当に必要で、使い勝手の良いバッグが志された。ガレージで起業されたその時のアイデンティティを今に引き継ぐドンケF-2にこそ、最も相応しい。

驚きの収納量を実現するカメラバッグ。

ドンケF-2が、ゆとり収納するギア。

これらの収納を難なく実現する。ドンケF-2の収納力の高さは頼もしい。ゆとりある外観からは想像もつかぬ程に内容量が多かったりするのが、このカメラバッグの凄まじさである。ただし、あまりにも荷物を多くしすぎれば、その分が身体に対する負担となりかねない。ある程度に内容物は考えて詰め込みたいところである。

全て収納させても、まだ余裕を感じさせる。

上記の品々のように必要十二分を想定した撮影システムを組んだとしても、まだまだ余裕を感じさせるゆとりある収納気室。ただ容量が大きいだけでなく、小物収納も利便性が高い。整理整頓が整いながら、一つ一つの収納にゆとりがある。写真撮影の場面において、素晴らしく使い勝手が追究されたショルダーバッグなのである。

多彩なポケット収納が充実。サイドポケットの容量。

GORE-TEXレインウェア、トレントフライヤーを仕込む。

急な天候や気温の変化に柔軟に対応し、常に快適な撮影ライフ。軽く、小さく収納できるトレントフライヤーなどのGORE-TEXレインウェアを常備しておけば、何ら問題なく行動を継続する事が出来る。勿論、撮影に臨むとき大切なのは、用を足しておくというようなことだったりする。つまり心身が健康で在ればこそ、その状況に万全の態勢で臨むことが出来るのである。

サイドポケットにコンパクトカメラを。

サイドポケットの利便性の高さについては、前述した通りである。この部分に使用頻度の高いものを収納すると、抜群の機動性を実現する事が出来る。保護性を向上させるためにプロテクトケースを導入するのも吉。

本体も収納できる。

デジタル一眼レフおよびフィルム一眼レフを同時に持ち運ぶ。そんなときカメラボディをこの部分に収納すると、取り回しが格段にし易くなったりする。レンズ交換時の一時退避場所としても使用できる。

Nikonの双眼鏡を、サイドポケットから取り出す。

または使用頻度の高い双眼鏡などのギアを入れておくのも便利である。動物などを撮影時には、一眼レフカメラでの望遠撮影に入る前から無用な警戒心を与えぬよう、被写体を見つけたり確認したりする。そんなときにサイドポケットが大活躍する。必要十分で丁度良い収納容量を備えたF-2は、自然観察や撮影の強い味方なのである。

ペンホルダーが意外にも最高な部分。レンズペンを挿入。

ペンホルダーが、意外にも最高。レンズペンを収納。

時として、必要に駆られるレンズやカメラ本体のメンテナンス。さっと取り出して使える、ハクバが発売するレンズペンをドンケF-2のペンホルダーに挿入。そうすると必要に駆られた場合にでも、何ら探すことも無くスルッと取り出すことが出来るのである。快適な撮影環境の為にも、メンテナンス用品も必ず持ち歩いていたい。

フロントポケットの小物収納も、収納性と利便性高し。

フロントポケットも使い勝手が良い。

フロントポケットも非常に使い勝手が良い。バッテリーや電池、フィルムやフィルターなど、小物収納に非常に利便性が高い。これによって、整理整頓も容易になる。

ストロボも収納可。

フロントポケットの両脇にあるペンホルダーの縫い目をほどいて、大きめのポケットにする方法もあるが、デフォルト仕様の使い勝手の良さも当然にある。収納容量は必要十分。

タブレットも収納できる背面ポケット。

雑誌やノートなども収納できる背面ポケット。

背面には、A4などの書類も収納できるポケットが配置されている。旅先で手に入れたパンフレットや地図などを収納するのにも丁度良い。ちなみに、11インチのipad proもタブレットケースを付けたままでも収納可能。旅先でピント確認をしたいとき、または写真現像やブログ更新などでも重宝するシステム。

背面ポケットに入れてみる。

タブレットを背面ポケットに入れてみると、身体と直接に当たる部分であるから柔らかな帆布の特性が損なわれてしまう。おそらく精密機器を入れる場所としては、完全に適した部分とは言えない。やはり柔らかな帆布が、身体に密着するときにドンケの魅力が爆発する。

メイン収納部に入れてみる。

そこでタブレットを持ち歩く際には、メイン収納部分の正面側に配置するほうが適しているように思えた。実際、この部分へ収納すると、帆布の柔らかな素材感をダイレクトに感じる事が出来て、身体へ密着する。それによって行動時の安定感が増すものである。

インナーケースやクッションパッド、取り外し可能。

インナーケースやクッションパッドを取り外す。

インナーケースや底面のクッションパッドはいつでも取り外す事ができる。可変的に着脱することで、普段使いにも応用することが可能である。勿論、見た目のカッコよさやオシャレさも相まって、そうした使い方であっても凄まじく活躍する事、間違いない。

最高のショルダーバッグ、ドンケF-2とF-6を比較する。

ドンケF-2と比べて、ドンケF-6は「少しだけ小さなカメラバッグ」という立ち位置。メイン収納の大きさはほとんど変わらないものと思って差し支えなく、ドンケF-2からサイドポケットを取り除いたようなもの。仕様の違いは多少あるものの、いずれにせよ満足いく逸品である事に違いない。時と場合に応じて使い分けるというのも一興。

DOMKE F-2DOMKE F-6
容量:11.5リットル容量:7.7リットル
重量:約1.2kg重量:約0.8kg
生産国:USA(アメリカ製)生産国:USA(アメリカ製)

であるからしてドンケF-2の良さは、サイドポケットにあるといっても良い。実際、その収納性は優秀。ストロボとコンパクトカメラを同じ箇所に収納する事も出来る。交換レンズや一眼レフカメラ本体までも難なく入ってしまう。すぐに取り出せることを考えれば、このポケットの重要性は圧倒的である。見た目に関して言えば、ドンケF-6のほうが目立ちにくい。

レビュー:ドンケF-2、すぐ旅立ちたくなるカメラバッグ。

旅の相棒、ドンケF-2

カメラバッグとしての完成度については、申し分ない程に素晴らしく優れている。カメラ自体も精密化しており、持ち運びの際の保護については、一般的に課題の一つとなっている。しかしながら、カメラは実用の道具。過保護によって使い勝手の良さが損なわれれば、本末転倒と言うべきである。だとすれば、その使用目的に照らし、最高の製品であるという事ができる。

ドンケF-2と歩む旅路。

実際個人的な使用に際して、ドンケの緩衝性によって機材の破損に繋がるような事例は、一度たりともない。そのような事から鑑みるに、通常使用に際して保護性が問題になる事は、よっぽどな状況を除いて無いものだと考えられる。

勿論、それでも保護性を重要視したいならば、ドンケF-2にも別途インナーボックスを用意するのも手である。その際にはいくつかの候補も考えられるが、防水性にも優れたインナーボックスを使用すると、同時に苦手を克服する事ができる。

ドンケF-2と、旅に出る。

それ以上に一度購入してしまえばヘビーローテーション間違いなし。1泊2日程度の荷物ならばドンケF-2に機材も含めて全て収納してしまえる。その使用頻度は、圧倒的に多くなること間違いなしの逸品。長らく支持され続けるロングセラーである事も納得の名品である。晴れの休日には、そんなお気に入りで旅に出たくなる。

DOMKE F-2の特に優れたところ

周囲の色と馴染み、撮影に没頭できる。

ドンケF-2の何処にでも周囲と馴染んでしまうという雰囲気の良さには感銘を受けるほどである。しかもその使い勝手の良さたるや凄まじいもの。サイドポケットに迅速な取り出しが必要なコンパクトフィルムなどを入れておいて、スナップするのもオススメである。

メイン収納部についても、フリップフックなどを用いなくとも、ベルクロマジックテープのみでも開閉できる点も使い勝手の良さを高めている。その優れた機能性は特筆に値する。

旅がもっと、楽しくなる。

またデザイン性に優れた見た目の良さも好印象。メイドインUSAに拘った生産。変わらない価値を提供する姿勢。普段使いとしても取り入れられる普遍性。その魅力は多岐に渡る。アメカジで著名なビームスともコラボし製品化を果たすほど、ファッションアイテムとしても十分認知され得る実力を伴っている。

DOMKE F-2の苦手とするところ

フリップフックの使い勝手は素晴らしい。ただし開閉時にカメラ機材に金具が当たる事がある。気になる場合には、開閉時に少しだけ留意しておきたい事柄。帆布素材であるから、頑強でいて比較的雨にも強い。とはいえ、土砂降りの日には少しだけ防水性に心配な部分も残る。内容物が防塵防滴なカメラ装備であれば問題は無いが、少しでも心配がある雨天の場合にはレインカバーなどを用いたい。

帆布生地は、使い勝手が良い。

また通常の帆布素材よりも防水性にすぐれたワックスウェア、更により防水性と耐久性を高めたバリスティックといった製品も用意されている。こうした選択肢が用意されていることも嬉しいところである。

コラム:安定した撮影に、欠かすことの出来ないモノ。

撮影に欠かすことの出来ないモノは、当然カメラとレンズである。次に考えられるのは、それを安全に運ぶためのバッグということになろうか。それ以外にも、撮影者の心の安定も重要なモノであると言える。気持ちがナイーブであったり、疲労を感じていたりという事になれば、撮影それ自体を行えなかったりするものである。

そういう意味においては、まるで凪のように心を安定させる事が出来れば、きっと良い状態のはずなのだと思える。ただその光景に心躍り、撮影自体に集中できないという事になるのも問題であるし。その反対に不穏な心持ちであったりすれば当然、本来出会えるはずの素晴らしき光景にすら気が付かなかったりする。

信頼に足る、カメラバッグ。

そんな時、信頼に足るお気に入りのカメラとレンズ、カメラバッグが何時いつも傍らに存在しているとすれば、これほどに頼もしいことは無い。であるからこそ、身の回りの物にはある程度注意を傾けていなくてはならないはずである。妙にその場の雰囲気からはかけ離れたような佇まい、存在感を放っていたりすると心落ち着かないのは当然。居心地が悪かったり、他者の視線が気になるような状況は、撮影にとってマイナスに働くもの。

特に動物写真などにおいては、行動範囲を広げるというのも一つであるが、時には待ち受けたり、身動きせずジッとして相手を引き付けたり。そんな風に静と動のバランスが非常に重要であったりする。待ち受けるのか、焦れて動いてしまうのか。そうした事柄が、相手との距離感を広げたり縮めたりする事も往々にしてあるのである。

ドンケF-2であれば、周囲の雰囲気に溶け込み違和感なく佇む。しかも長年使えば使うほどに味わい深くなる帆布生地。それと比例するように使用者の愛着も次第に増していくものである。こうした事柄の一つ一つが、常に気持ちを落ち着かせて平穏を保つのに一役買ったりする。そのように考えていくと、信頼に足るお気に入りの道具が身の回りに備わっている事が、きっと写真にとっても貢献してくれるに違いないのだと思えるのである。

ブログ:ドンケF-2の風景写真集。

このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
カメラ カメラバッグ
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな