リーボックのインスタポンプフューリー。定番スニーカーの肉厚ソールで、映えるコーデ。

ファッション

Reebokリーボック社のInstaPump Furyインスタポンプフューリーといえば、ハイテクスニーカーとしてはロングセラーのモデル。一般的にも著名な製品の一つで、ナイキのエアマックス95と双璧をなすような名品である。近未来を志向した先進的デザインやシステムは、90年代特有の世相を思わせる平成レトロなマインドを感じ得るところである。スリップオン方式でもある事から、履きやすさは勿論、履き心地の良さ、ファッション性も抜群に良い。

1994年の誕生以来、この靴は様々な企業ともコラボレーションし、多くのカラーリングやバリエーションが販売されてきた。その為、リーボック社のスニーカー製品群においては、巷における知名度も比較的高い。そうして、好みに応じて多くの選択肢の中から購入する事が出来るのも嬉しい所である。カラフルなモデルにも特別なる魅力があるが、定番として支持され続けているのがシンプルなカラーリングでコーディネートし易い「ogオリジナル」のブラックである。

インスタポンプフューリー、歩く道具としての名品。

先進的であれど、奇抜でない。

このインスタポンプフューリーは、先進的構造やデザインに注目されがち。ただし驚くべきは、その走破能力にある。堀が深く立体的なアウトソールのパターンによって、地面に対して効率的に荷重を伝える力があるものと思われる。実際に履いた感覚としては、ガレ場であっても滑るという事が比較的少ない。岩によじ登る際でも三点支持であれば、優れて安定感がある。オンロードを目的としたランニングスニーカーであるにも関わらず、こうした場面であっても優れたグリップ力を実感できるところである。

優れたデザイン、優れた走破性。

濡れた路面は他のスニーカーと同様に苦手とする分野であるが、乾いた路面であればその高い能力を実感できるはずである。更にはこのスニーカーがスリップオンである事を忘れさせてくれるような固定感は、まさに使用者に信頼感や安心感を与えてくれるものである。それから見た目からは想像も出来ぬ程に、優れて軽量である事や疲れにくいクッション性にも好感が持てる。スニーカーがそもそも歩く為の道具として存在している事を逆に思い出させてくれるところなのである。

定番ogのブラックは、カジュアルなコーデに合わせやすい。

歩くという、道具としての存在。

インスタポンプフューリーの中でも定番のブラックであれば、特にトータルでコーデも合わせやすい。しかも約3.5cmという肉厚のソールによって足長効果抜群で、スタイルも良く見えるようである。こうした点から鑑みるに、メンズコーデとしては勿論の事、レディースのコーデでも多くの場面で活かすことが出来るアイテムである。このような視点からもカジュアルライクなシーンでは、重宝するスニーカーだ。

フィールドでも活躍する。

この場合、ソールが白であるが故に、さり気無く靴の存在をアピール。視線を誘導できる事で、よりモノトーンなコーデが映えるところ。インスタポンプフューリーは、スポーツやアウトドア、アメカジなどのアイテムと相性も抜群に良い代物。タウンユースで用いる場合においても、軽量で衝撃吸収性に優れていることから都市空間にも適し、コンクリートジャングルに映える。同時にフィールドアスレチックのような場面においても、すっかりと馴染んでしまう使い勝手の良さは魅力。

コーデし易い、インスタポンプフューリー。

足に目を向けると、やはりそのデザインや質感の完成度は高い。システムの肝部分にもなっているポンプチェンバーもいい意味でのアクセントとなっている。よりフィット感を高めようという場合には、このポンプを何度か押し込む事で、空気がアッパーのチューブに注入される。空気を抜く際も、弁をつまむだけのワンタッチ操作で完結。これによってサイズ感の調整も容易に、しかも楽しく行う事が出来る画期的製品なのである。

リーボックとは、またアディダスとの関係。

ハイテクスニーカーを代表する、インスタポンプフューリー。

リーボックは、1900年に誕生したJWフォスター社を起源とする英国のスポーツブランド。1958年に社名を変更し、ガゼルを意味する同名を冠するに至る。1980年代のエアロビクスブームに乗り、一時はスポーツシューズにおける全米売上で1位を獲得する程までに急成長した。2000年代初頭、スポーツブランドとしての世界売上ランキングは、ナイキを頂点として、次点にアディダス、その次にリーボックが並んでいた。

履き心地抜群、機能美に優れたスニーカー。

ところが2005年には2位であるアディダスが3位であるリーボックを吸収合併し、以降はアディダスグループの一ブランドとして生産が続けられている。このような世間に衝撃を与えた業界再編の動きによって、現代におけるスポーツブランドの勢力図としては、1位のナイキと2位のアディダスが圧倒的な地位を築き上げるに至っている。その為、度々リーボックとアディダスのコラボ製品が打ち出されており、インスタポンプフュリーの場合もご多分に漏れず、幾らかのバリエーションが誕生していたりする。

歴史に裏付けられた、信頼。

ちなみにリーボックの創業者でもあるジョセフ・ウィリアム・フォスター氏は、世界で初めてスパイクシューズを開発したとされている。靴底に釘を打ち付けることで、もっと早く走ることが出来るのではないかとの発想が奏功し、実際に同社のスパイクシューズを履いた選手が世界記録を次々と打ち立てている。陸上界においてはこのように、リーボックのシューズを履いた選手が世界記録や金メダルを獲得したことで、その名声を高める契機ともなった。そんな老舗であって、また王道のスポーツブランドなのである。

Reebok(リーボック): メンズシューズ
メンズシューズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
ファッション フットウェア
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな