スタンダードカシオことチプカシ。ダサかっこいい最強ニッチな腕時計、CASIO F-91Wレビュー。

CASIO

CASIOカシオF-91Wといえばスタンダードカシオ、チープカシオの代表格として君臨するモデルの一つ。その名前の通りに極めて安価な腕時計であるのだが、その信頼性たるや抜群。コスパに優れるという言葉の方がむしろ安っぽいというもの。1989年から発売されているロングセラーモデルでもある。その頑強なる丈夫さ、安価ながらの正確さ、そうしたことが相まって中東の戦士たちにも普及しているとされるいわく付きのモデルである。

外観は丸みを帯びた柔らかなスクエアボディ、表示は直感的で見易いデジタル表示、長寿命の電池式クオーツといったものが大体の仕様となっている。しかも特筆すべき点には、身に付けていることすら忘れてしまう程の驚くべき軽量性と日常生活防水とは思えぬほどの耐水性が挙げられる。樹脂ウレタンによるボディとバンドで全体の質量は21g、電池寿命は約7年と公称されており、こうした点を鑑みても、通常の腕時計と比べて著しく優れた仕様スペックである。

F-91Wは、ださい。されど、それが良い。カシオの隠れ名機。

付けている事すら忘れる軽さ。カシオF-91W

この製品が安価であるということだけで、この存在価値を語る事さえきっと無礼に当たる気がしてくる程に、F-91Wは工業製品として歴史に名を残す名機である事は間違いない。それ程に使えば使うほどに、元来備えたる素晴らしき価値を実感することができる。

ビクともしない、タフな時計。

アウトドアなどで用い、水の中に浸かったとしてもビクともしない。たとえそれが流れの強い渓流の中であったとしても。経験に基づいたそのような事実は、誠に驚嘆に値するところ。そのような事を考えれば、日常生活においての水仕事などというのも当然問題なし。何か行動するに当たっては、腕に精密機器である時計をしているという事実を一切合切無視し、何にも臆することなく行動できる。

激流の水圧に耐えた、F-91W

激しい運動やアウトドアは勿論、それで疲れた身体を癒す温泉や銭湯などで湯船に浸かり、または泡立てた石鹸で身体を洗う。そうした行為は当然に可能であって、つまりは一日中、いや一年中つけていても何ら心配する必要のない腕時計なのである。そうして壊れない時計という意味では、同社の販売するGショックとも似通う部分である。似通っていながらも、やはりこの腕時計にしか持ちえない魅力を備える。

普段使いで、何も臆することが無い。

その軽さや薄さに特化したアイデンティティには脱帽せざる得ない。外観についてはカッコ良い。とは決して言えぬ程の厳然げんぜんとしたダサいという事実がある。だがしかし、だからと言って使っていて恥ずかしいかと言えば断じてそんなことは無く、そこにはキチンと工業製品ぜんとした佇まいがある。実用のための時計という割り切りが、むしろ使用者のこだわりを感じさせるところ。

普段使いから、アウトドアまで。

それが逆に全体としてのカッコ良さや製品自体そのものの好感に繋がっているのだと思えるようなアイテムなのである。そしてその安物チープ感が、何気にかわいらしさを備えている。ただ単純に安いだけでなく、この時計を選ぶという意味に含蓄がんちくがあるような雰囲気が漂ってくるような名品だ。腕に何かを装着している違和感すら感じさせない軽さは圧倒的で中々におつなもの。

敢えて、チプカシ。実用的な雰囲気。

普段使いからアウトドアにまで、あらゆる場所で用いる事が出来る信頼性。そう簡単に壊れはしないという信頼は、使えば使うほどに実感を通して納得させてくれる。しかもその軽さは、腕時計と概念から逸しており、常識離れしている。それにもし無くなったとしても、新たな相棒を迎えても良いであろうという経済性の良好さは、何処へ持って行こうと安心感があり、ある意味では心の保険とも成り得るように思える。

ハマる人が続出する実用腕時計の極致、F-91Wの魅力。

付けている事すら忘れる時計。

その性能の秀逸さを備えながらも、チープカシオの魅力は高級腕時計とは明らかに異なるものであるし、精密さ、頑強さ、多機能さなどを鑑みた場合のGショックとも存在意義は異なるところである。このような部分で見た場合、この立ち位置は実に絶妙な塩梅あんばいにニッチなもの。とはいえ身に着けている事すら忘れるほどの軽量さを鑑みた場合には、圧倒的で偉大なる孤高の存在とも言える。

意外な信頼性が嬉しい。タフなF-91W

隙間的な存在なのであるから、その必要性は多数派マジョリティにとって重宝するものではないけれど、このF-91Wの価値が希有なものとさえ思えてくる程に絶妙にマッチングしてしまう人々は確実に居てしまう事であろう。世界を見渡してみれば海外の愛好家も多く、更には歴戦のつわものたちにも愛用者がいるという逸話は、それを物語る証左の一部のようにも思えてくる。

F-91WとGショックのスクエアモデル。

しかも安っぽい見た目が、実に可愛らしい。割り切って使っているか、寧ろそのチープ感を敢えて装着しているという心持が垣間見えるところ。だからこそ周囲に対して、いやらしさを全く感じさせることが無い腕時計なのである。それでも愛着のほうはといえば、段々と深みを増し始め、否応が無く販売価格に対して反比例していく。

いつでもどこでも、チプカシの鏡。

実用の品であるから、いつしか気心知れた幼馴染、長年連れ添った夫婦といった特に意識しない存在となっている。ただ敢えて認識した場合には、この腕時計に対しては絶大なる信頼を寄せていることに気が付くといったところなのである。実際に装着していると一般的な腕時計では考えられぬほどの利点を感じ得る。はめている事すら忘れて、日常生活や活動的な場面においては存在を微塵も感じさせない。

圧倒的な利点が、チープカシオの真なる価値を高める。

薄い、軽い、強いの極み。F-91W

圧倒的な利点。軽い、薄い、安い、丈夫、長寿、防水。これらを満たす条件を鑑みた場合には、F-91Wを入手する意義は極めて深いものとなる。ただし、細々とした苦手部分は当然ながら存在していて、長らく使用していると、樹脂バンドが薄い為に少しずつ切れ目が入ることがある。またサイドボタンが押しやすい代わりにポケットなどに入れておくと勝手に操作されたり、緩めに付けているとベルトの爪が抜けやすい等といった問題点も散見されるところである。

ポケット内で、勝手に操作されやすいボタン。

そうした観点でこの製品を再度検討したところで、ついついこの腕時計を愛用してしまうという事実には変えられないものがある。普段用いる事は勿論、ハイキングなどの用途として考えてみても使い勝手は非常に好い。極薄仕様である事で、着替えの際に腕時計に袖が引っかかることも無く、またバックパックを背負ったり下ろしたりする際にも、腕がショルダーハーネスに引っかかり難い。そうした部分においては利点も大きい。

チプカシ、タイムキーピングのみに用いる。

F-91Wを腕時計という観点で鑑みる。奢侈しゃし的であることを意図しない、実用的である事を主体として見てみると実にこころよい製品。時間が分かれば良い、日付がわかれば良い、曜日が分かれば良い。それらの需要を大いに満たす。補足としては、分かりやすいデジタル表示で24時間表示や午前午後表示など切り替える事もできるし、アラームやストップウォッチ機能なんかも付いている。

5年間の毎日使用による、ウレタンバンドの経年劣化。

そうすると必要最小限の需要を最大限に満たしてくれる腕時計であるということが出来るところである。ウレタンバンド自体の耐久性に関しては、薄くペラペラである点を考慮して、決して優れたものであると言えない。そのような意味においては尖った性能であるとも言える。しかしながら、このバンドの耐久性はともかく、本体自体の圧倒的な強靭さや7年も電池が持つという省エネ性能については舌を巻くほかない。

チープカシオやチプカシとは。ダサいけど可愛い腕時計。

敢えて選びたくなるチープカシオ。

スタンダードカシオというのが公称のブランド名にあるが、このシリーズは極めて廉価でありながらもすこぶる頑丈で信頼性も高い。安かろう悪かろうという言葉が無意味に思える程、安かろう良かろうを体現する腕時計である。チープカシオというのはいつの間にか人々に定着した愛称で、ダサ可愛い、ダサカッコイイ、そんなカシオの優れた腕時計シリーズの事である。

ヘビーデューティ、F-91Wと歩む。

モノそのものの価値を鑑みれば、実に頑強で日本の工業製品としての名声を高める存在にさえ思える。自動車でいえばトヨタのハイラックスやランドクルーザーやカローラ、原付バイクでいうところのスーパーカブのように、壊れる事が当たり前であるはずの分野において驚異の高耐久を実現する存在。カシオの腕時計としては、Gショックと同様にジャパンクオリティと評されても良い程の逸品。

ウルトラライトギアなF-91W

可愛らしい見た目もさることながら、実用の極み。まさに質実剛健ヘビーデューティーな代物なのである。ハイキングなどのアウトドアで用いるにも最適なウルトラライトギアとして、実に使い勝手が良い。自然の中に浸りて、自然と向き合う。悠久の時間を感じながら、ただ歩く。そうしているうちに、やがて自分とも向き合っていける。F-91Wならば、そんな無意識なる冒険を実現してくれるようだ。

CASIO F-91W-1JFの使い方/F-91W-1JHとの違いとは。

F-91Wの外観

カシオのF-91Wは2021年7月に型番が変わり、F-91W-1JFからF-91W-1JHとなった。ただし仕様の変更は全くない為、特に違いは無く、この二つは同じものであると見て良い。その外観はデジタル時計然としており、未来的でありながらレトロ感も感じさせる1980〜90年代を感じさせる工業デザインで好感が持てる。薄さと軽さに至ってはウルトラライトギア。いつ見ても圧巻の代物で、この長所に重きを置くならば、そう右に出る製品は無い。

時間が、AM/PM表記となった設定。

ボタンは左側に2つ、右側に1つと合計3つ配置されている。各ボタンの横には説明的な文字もプリントされていて、ボタンに割り振られた機能が分かり易い。左上にはLIGHT、左下にはMODE、右下にはALARM ON・OFF/24HRと記されている。液晶画面には機能的な表記が左上にありつつ、曜日、日付、時間(時/分/秒)と直感的で分かり易い。そういう意味では、Gショックのスクエアモデルと同様である。

液晶表示を見やすくするバックライト。左側のみ点灯。

バックライトは、左側からのみ。

左上にあるLIGHTボタンでライトの点灯が行える。嬉しい機能ではある。ライトを点灯させると液晶の左側からのみ光が当てられる。この場合、申し訳程度の光ではあるから決して見易いとは言い難いが、それでも時間を確認するのに必要な照度は確保してくれている。真っ暗な中で、このバックライトを頼りに秒数まで確認しようとすると目を凝らす必要がある。ただし、値段から鑑みれば素晴らしく良心的な設計であると言うことができる。

基本的な3つのモード、切り替えの仕方。左下MODEボタン。

左下ボタンで、モード切替。

この時計に搭載されたモードは3つ、まずはデフォルト画面に相当する時刻モード、次にアラームモード、そしてストップウォッチである。勿論、前面部に記されているようにMODEと記されている左下のボタンを押す事で切り替えが可能である。「時刻モード→アラームモード→ストップウォッチ→時刻セットモード→時刻モード…」という具合に周回していくために直感的である。

時刻モード、日時設定の方法。左下のMODEボタンを3度押す。

森の中、暗がりでも時間を確認できる。

日時の設定方法は、左下のMODEボタンを3度押して周回。時刻モードの秒数が点滅する状態まで持っていく。点滅状態のものが選択されており、これが変更可能ということ。月日や時分秒や曜日の設定が行えるが、左上のLIGHTボタンで選択することが可能となっている。ちなみにこのボタンを押すごとに、ライトが同時に光る仕様になっている。

時間設定は、モード切替え一周後。

そして、点滅表示の選択したものを右下のALARMボタンを何度も押しながら変更していく。ただし秒数の場合には、右下ボタンがリセットとなり00秒となる。その他の表示の場合には、一回押すごとに次の数字や曜日に変化していく事になる。決定する場合には左下のMODEボタンを押すことで設定が完了する。

アラームと時報の切り替え、右下ALARMボタンでオンオフ設定。

音波マークでアラーム、鈴マークで時報。

アラームモードは時刻モードの次の項目で、ALと表示される。ちなみにこの状態でALARMボタンを押すことで、「アラームと時報、または同時に鳴らす」という3パターンを選択することができる。アラームマークは音波のような絵柄、時報は鈴のような絵柄。オフにする場合には、表示が消えた状態にまで持っていくと良い。

アラームモードの画面

次にアラームの時間を変更する場合には、左上のLIGHTボタンを押す事で時間や分を選択する。点滅した状態で時間や分を右下のALARMボタンを押す事で変更していくことが出来る。決定したい場合には左上のLIGHTボタンを1〜2回押すと良い。もしも左下のMODEボタンを押した場合には、アラームをオン設定した状態のままで時刻モードへ移動する事となる。

ストップウォッチ。スタートストップは、右下ALARMボタン。

右下のアラームボタンで、スタートとストップ。

ストップウォッチモードはSTと表示されており、とても分かり易い。右下のALARMボタンでスタートとストップを行う。左上のLIGHTボタンでリセットすることができる。

左上のライトボタンで、タイムリセット。
CASIO STANDARD  
CASIO STANDARD のページ
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

株式投資の経験を赤裸々に綴った「新NISAにゃん株式ブログ」を更新中。休日は自然や古い町並みを歩き、スナップや風景写真を撮ってます。

株初心者として新NISAで日本株式を中心に熱中。民藝や郷土玩具、縁起物も好きで、オリジナル張り子招き猫・NISAにゃんを作って株ライフ生活の成功を祈願。

その他に"古典は常に新しい"をモットーとして、決して流行に左右されない厳選したあらゆるジャンルにおける定番名品を徹底解説するレビューもしてます。

ZINEえぬたなをフォローする
CASIOアウトドアアクセサリーファッション買って良かった
シェアする
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな