リーバイスのリジッド、STF/SHRINK-TO-FITとは。自分だけの生デニムを楽しむ。

ファッション

リーバイスのSTFとは、アンウォッシュタイプの生デニム。ウォッシュ加工を経ていない為、のりの付いたままの状態で販売されている。そのままの状態で穿いて経年変化を楽しむのも良し、洗いと乾きと穿きを繰り返し経て己の身体に馴染みゆくのを楽しむのも良し。そこから、そのデニムのすべてを自分色に染め上げる事が出来るという点で、至高のシリーズ。

育て上げていくという意味でも楽しみな製品であるが、コスト面から見ても安価でありながら愛着がやたらと深まりゆく。身体に馴染んでいく生地感の様は、ただただ気持ちが良い。リーバイスの説明によれば、リジッドのデニムを穿いたまま風呂に浸かり、穿いたまま乾燥させる事で最高のフィット感が手に入るという。とはいえ、それを実行するには中々に敷居が高い。洗い、乾かし、穿く。ただそれだけでも十分にSTF元来の楽しみに浸ることが出来る。

生デニムのSTF、サイズ感とファーストウォッシュレビュー。

洗いを終えて、ジャストフィットになった501STF。

ファーストウォッシュにて、糊を落として乾かす。またそれを穿いていく事によってそのフィット感は至高のものとなる。リーバイス公式には、穿いたままお風呂に入り、穿いたまま乾かす。とか、リジッドのまま穿き込む。という何ともデニム愛の詰まった荒業を紹介しているが、ここまでするかどうかは好みの問題。そうした方法によって、経年変化の形にも多少違いが見られるという。ここでは、大方のスタンダードとなっている「漬け置き洗い、すすぎ、洗濯機水洗い、自然乾燥」という流れを紹介したい。

リーバイス 501 ORIGINAL SILVER RIGID STF

購入直後はパリッとしていて、糊がしっかりと付いている。ここからそのまま穿くというのも良いが、ゴワツキも中々のもの。やはり無難に行くと、多少洗いをかけて糊と染料を多少落としておきたいところ。ここからファーストウォッシュを経ると、サイズ感の変化も著しい。丈はツーサイズ、腰周りはワンサイズから殆ど変わらないくらいに変化する。であるから、Wは通常のサイズ感Lはツーサイズ上のサイズを購入すると比較的に丁度良い。

リジッドデニム(STF)の洗い方、ファーストウォッシュ手順。

リジッドのデニム、SHRINK-TO-FITシュリンクトゥフィットでは腰に備えられたタグも通常販売されている製品と異なるところがある。この部分は、残しておくとタグ全体の経年劣化を早めるという話もあって、この部分を切り取るか、もしくは残すかという選択肢がある。リジッドのデニムであることを思い出として感じたい場合には、残しておくのも一興。

step 01. タグ右側をステッチに沿って切る。残す。

タグのステッチ右側、切るか残すか。

step 02. 生地を裏返し、40-50℃程度のお湯に浸す。(1時間から一晩など)

40-50℃程度のお湯で、付け置き洗い。

step 03. 洗濯機で水洗い、脱水に掛けて、乾燥させる。

ファーストウォッシュ前の生デニム。
ファーストウォッシュ後のデニム。

乾燥まで終えると、随分とサイズ感に違いが生まれている事に気が付く。リジッドのシルバーデニムと単純にホワイトデニムを重ねる。ホワイトデニム自体のレングスはL30であって、STFのシルバーデニムは購入時の表記サイズL32であった。それにも関わらず、殆どその差が無くなる程に縮んでいる事が分かるところ。購入時には、このような事も考慮に入れておく必要がある。公式にも洗いを経る場合には、ウエストはジャストで、レングスはツーサイズ上を購入することが勧められている。

リーバイス公式、生デニムの説明書き。

STFシリーズを購入すると、上記のような説明書きも付いてくる。このようなサイズ感の変化は勿論であるけれど、リジッドをファーストウォッシュした際には染料も中々の量が落ちる。色むら少なく満遍なく色を落とし、そこから自分のスタイルに馴染ませて行きたいところ。この場合、生地を裏返したままつけ置き洗い、洗濯機へ投入する方が良い。

自分のためだけに、生デニムから育てる。STFシリーズの魅力。

ぴったりとしていて、ざっくりとした501リジッド。

たとえセルビッチデニムで無くとも、ただデニムを育てるという喜びは何にも代えがたい魅力がある。それがリジッド状態の生デニムから、年月をかけて変化を楽しむという噛みしめるような喜びのある嗜好品。STFシリーズは、まるで盆栽趣味のように奥深く面白みのある製品である。ファーストウォッシュを経た後に穿き込めば、たちまちに身体に馴染みゆくジーンズ。その存在はいつしか掛け替えのない愛着を帯びるものである。

ベルトが要らぬくらいにフィット。

ベルトが要らぬくらいに、フィットした相棒。頑丈で居ながらも、身体の動きに合わせて柔軟である。履き込むだけで、次第に阿吽の呼吸が達成されていく様を感じながら、ただその満足感に浸ることが出来る。味わい深く変化していく様は、己の歩みとも重なる部分。決して高い製品ではないけれど、共に歩む時間こそは、これもまたまるで盆栽趣味のように金銭に換算できぬ程の価値を帯びるものである。

Rigid/リジッド、STF/シュリンクトゥフィット、生デニムとは。

ところで、Rigidリジッドとは直訳すると「硬い」とか「硬直」という意味になるけれど、デニムの場合も出荷段階で洗い工程を経ておらず、糊がバキバキに付いた状態のことを言う。つまりゴワゴワとしていて、まさに硬い。そして、そんな状態のデニムのことを「生デニム」や「プレミアムロウデニム」と愛着を持って呼称されている。

STFの特徴でもある、大きなタグ。

リーバイスにおいてSTF/SHRINK-TO-FITシュリンクトゥフィットシリーズは、この生デニム自体を製品化して流通させたモデルである。洗い過程を経て、乾燥させて、生地の綿が密集したところで履く。そうすることで、各人の身体に密着して馴染んでいき、次第に唯一無二のジーンズが完成する。このシリーズの特徴でもある、バックスタイルに映える大きなタグ。タグ自体の寿命を考えると、余分な部分を切り取るという選択肢もあるが、こうしてシュリンクトゥフィットであるというアイデンティティを残すというのも良い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
ウェアファッション
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな