Patagoniaクラシック・レトロX・ベスト。最強ド定番アイテムのサイズ感と着こなし。

アウトドア

Patagoniaパタゴニアのクラシック・レトロX・ベストは秋冬で重宝する定番のアイテムだ。巷にフリース素材を用いたベストは数多存在するけれども、このフリースベストは発明企業が作るまた特別なもの。近年のモデルは非常に防風性にも優れ、ただ羽織るだけで段違いの暖かさを手に入れることができる。型崩れもせず、何時だってしっかりとした形状を保ってくれる。

ある時はインナーとして、またある時はアウターとして、そうして多用途マルチに活躍してくれる事間違いない製品である。その機能性を体感すると、いつしか忘れられなくなる存在となる。いつの間にやら人々のクローゼットにおいて、秋冬の鉄板アイテムとして君臨する事となる逸品だ。

パタゴニアのクラシック・レトロX・ベストとは。

パタゴニアは、1965年に登山家のイヴォン・シュイナード氏が主体となって、航空技師であったトム・フロスト氏と共同で設立されたシュイナード・イクイップメント社が原型となった。自ら使用するためのギアをその手で鋳造するところから始まった事業は、手作りで賄いきれぬほど注文が殺到。そうして金型や機械の導入が必要となった際に設立された会社である。その後シンプル性、軽量性、耐久性、機能性を追求。

秋にはアウターとして、本領を発揮。

1970年までには瞬く間にクライミングギアで米国最大の製造業者となった。しかしそれまで主力として販売していたピトンは岩肌の損傷を進め、環境に負荷が加わるという事実に直面。ピトンから手を引き、環境負荷の少ない抜き差しが可能なチョックという方法へ転換。クリーンクライミングを提唱するに至った。

1970年代になるとクライミングウェアの販売にも進出。ギアとは別にウェア独自ブランドが必要となり、そうして誕生したのがパタゴニアであった。そうしてモルデン・ミルズ社と共同でシンチラフリースを開発、現代においては常識ともなったフリースを生み出した企業である。そんな企業が生み出したド定番フリースウェア。それがクラシック・レトロXなのである。

時代を超越した日常フリース、レトロXの機能美。

レトロXといえば、パタゴニアのカジュアルフリースラインとして、長らく支持され続けるド定番のアイテム。そのクオリティの高さは見る者は勿論、着る者すべてを魅了する。表地には17.9オンスという厚手のフリース素材が用いられており、裏地には3.2オンスの透湿性も高いメッシュ素材、その間に防風性の高いバリアが仕込まれており、快適性に極めて優れているギアなのである。

パタゴニアのクラシック・レトロX・ベスト。

お洒落であるが、それが我慢で無ければならないという命題に反する素晴らしき製品。アウトドアメーカーが丹精を込めて提案する衣服ウェアであればこそ、機能性と快適性の追求がされている。それにも関わらず見た目にも優れ、健康的な美に溢れている。間違いなく機能美としての佇まいがそこにある。パタゴニアが自ら、サン=テグジュペリの名著「人間の土地」によって導かれたというように。

完成は付加すべき何ものもなくなったときではなく、除去すべき何ものもなくなったときに達せられるように思われる。…中略…発明の完成はかくて、発明の忘却とその境を接するのだ。

新潮文庫 サン=テグジュペリ「人間の土地」飛行機 P.69より引用

クラシック・レトロX・ベストの変わらぬ価値。

さて、着回しが柔軟で、汎用はんよう性の高いベスト。ヴィンテージなクラシック・レトロX・ベストと現行モデルを比べてみると、この製品もまた時代を経て少しずつ変化を遂げていることが伺える。それはまるで神髄を守るには、漸進ぜんしん的に改革せねばならぬというように。

現行品のレトロX。

表記は同じサイズであっても、裏地がしっかりとした素材に強化されており、着丈きたけも腰丈から腰を覆うようなヒップ丈へと変更が加えられている。これは明らかに、インナーであるというよりは、アウターであるというほうに比重を置いた設計変更だ。無論今でもミドルレイヤーとして、中に着込むのも外に羽織るのも良しとする製品。このカジュアルな使い勝手の良さは、常々確保され続けている。

裏地の縫製も素晴らしく丁寧。

裏地には防風性バリアを挟んだ、吸湿性と透湿性を両立したワープニット・メッシュが備えられている。その為、この服を着ているだけで秋冬の冷ややかな風から身体を守ってくれる。裏地の縫製は丁寧で肌触りも良い。その品質の良さが、肌身を以て直に伝わってくるような製品である。

ところで工場を持たず、企画のみを行うファブレス企業。そんなパタゴニアの依頼するベトナム、マックスポート社の姿勢。それは、そこで働く労働者にとって働きやすい環境を整備し、適当な給与を支払う。長期就労を前提とした熟練工の育成することで、テクニカルウェア製造での品質の高さを維持。その事業を継続するため、従業員を重要な財産と位置づけて雇用するというもの。これは手間のかかる作業と熟練の作業によって完成する、レトロXに必要な環境という訳だ。

米国製の裏地は、柔らかい。

先進国から発展途上国へ生産拠点を移す。これまでアパレルメーカーは、そうした時代の流れにあった。アメリカのテキスタイルや縫製産業は衰退。パタゴニアも例外なく、依頼してきたアメリカ国内の契約工場は次々と廃業していく事となった。こうした状況はサプライヤーとして労働者の生活基盤の安定、生活賃金を重要な要素として位置づけてきた同社にとっても大きな課題ともなっている。

ヴィンテージ、米国製レトロXと比較。

閑話休題、それは暖かで軽快、動きやすさも抜群。それでいながらデザイン性に優れている。防風性を透湿性を備えながら快適に行動すること、よりその生活を豊かにすることを約束してくれる逸品。それが何時までも変わらぬ価値であり、この製品が備えたる神髄であるといえよう。流行に左右されない生涯の友としての存在、それがクラシック・レトロXであり、更に生活や行動のし易さを抜群に良くしてくれるのが、クラシック・レトロX・ベストなのである。

ところでメイドインUSA時代の製品においては、着丈が比較的短く設定されていた。その為にインナーとして使用すると非常に使い勝手が良い。このようにしてクラシック・レトロX・ベストという製品も非常に息の長いモデルであるとはいえ、少しずつ仕様変更が行われている。そうして枝葉の部分は茂ったり折れたりと漸進ぜんしんしながらも、その根幹には断じて揺るぎがない。このことがモデルの改変を繰り返しながらも、長らく支持され続けている所以ゆえんであるのだと思える。

タグで製造年代を見分ける方法と見方。

実はパタゴニアのタグには、製造された季節と年代が一目でわかるような表示が仕込まれている。まずは製品の内側に縫製されたタグを見る。そうしてSTYやSTYLEやITEMという項目に記された英数字に注目。製品番号の後ろに記されたS、SP、F、FAが季節を表し、またその後の数字が年代を表している。

ベトナム製クラシックレトロXベストの場合。

上記の場合には「2016年の秋」に製造されたモデルであることが一目でわかるという訳である。

アメリカ製クラシックレトロXベストの場合。

この場合には「2000年の秋」に製造されたモデルであるということが伺える。古着などの場合であっても、このようにして製造された年代を正確に割り出すことが出来るのは非常に便利である。ビンテージものであっても、十分に性能が担保されている良い品が数多く残っているのもパタゴニア社製のクラシック・レトロXの魅力である。つまりその耐久性は信頼できる。

クラシック・レトロX・ベストのサイズ感と仕様

日本サイズと考えても良いくらいの表示サイズ。その使い方やスタイルに応じて、「少し大きめ~ちょうど良い」というくらいのサイズ感。インナーにおいてはほんの少しだけ大きめであっても、アウターでは丁度良かったりする。現行モデルにおいては、着丈が暖かさを確保するためにヒップまでの丈となっていることも留意したいポイント。

パタゴニアのクラシック・レトロX・ベスト。
製品名メンズ・クラシック・レトロX・ベスト
用途カジュアル、野外、旅行、作業
素材フリース素材
・本体:ポリエステル100%(リサイクル50%以上)
・チェストポケット等:ナイロン100%
生地の厚み17.9オンス
質量507g
生産国ベトナム製
サイズ感表示サイズSの場合(体感):
・日本サイズでMサイズと同等
・身長約170cm、体重約60kgで丁度良いピッタリ程度
・着丈長め(ヒップ丈)
備考・表地に6mm厚のボンデッド・シェルパ・フリース使用
・裏地に防風性バリアと吸湿発散性を備えたワープニット・メッシュ使用
・ウインドフラップを備えたフロントジッパーを装備
・ハイキュ・フレッシュ耐久性抗菌防臭加工
・DWR(耐久性撥水)加工
・チェストポケットと2つのハンドウォーマーポケットを装備
・ハンドウォーマーポケットは裏起毛メッシュ素材

パタゴニアのクラシック・レトロX・ベストは、細身すぎず大きすぎない適度なレギュラー・フィットの製品とされている。サイズもXXSからXXLまでと幅広く取りそろえられているのも嬉しいところである。また公式サイトの製品ページでとても分かりやすく、Fit Finderというコンテンツで身長や体重や体形や好みなどを設定すると、好みのサイズ感を導き出してくれる。

サイズ(cm)XXSXSSMLXLXXL
腰周り667174-7679-8486-9197-102107-112
首周り34-3636-3738-3939-4142-4343-4444-46
着丈79818486899194
胸囲79-8486-8989-9497-102107-112117-122127-132
身長165-173167-178173-183175-185175-185175-185

レビュー:クラシック・レトロX・ベストを選択する無意識。

クラシック・レトロX・ベストは、どんな時にでも無意識のうちに手に取ってしまう衣服である。近所のコンビニへ、スーパーへ、公園へふらりと出かける際にちょっと引っ掛けて。あるいは、旅行へ、キャンプへ、アウトドアへ中間着にもなる羽織として。また日常生活の中で、家事の際などにも着込む。いや、着込んでしまう。それは無意識の内なる選択なのである。

ミノルタTC-1程度なら、スッポリ収納。

胸ポケットは名刺サイズ程度のものなら、難なく入れることが可能。最近の大きめのスマホとなると、ギリギリ入るか否かといった大きさである。あまり色々なものを収納するとは、想定されていない大きさ。すぐに取りだせる為、鍵などの貴重品や行動食を入れておく分には丁度良い。

また、襟元までジップを閉めれば、冷気の侵入する余地が無くなる。冬場にマフラー要らずの逸品である。インナーとして着込むと、オートバイ乗車においても暖かに過ごすことが出来る快適性。

オートバイなどに乗っても、臆することのない暖かさ。

一般的に考えると比較的高価な衣服である。しかし実用の品として日々の暮らしの中でタフに使用していると、身体に少しずつ馴染み、使用感が快く味わいとして反映される。そうして、おしゃれ着としてというよりは、生活に欠かせぬ道具として人生規模に常用していたい。この場合、コスパにも非常に優れた品として存在するはずである。

クラシック・レトロX・ベストの特に優れたポイント

まずは、その機能性の素晴らしさである。首元から腰部までも暖かに包み込み、冬を快適に過ごすことができる。防風性を担保しながらも、内側からの透湿性も確保されている。山登りでも通用する本格的なギアである。

しかしもっと本格的な運動量や活動性を必要とする場合の使用は、同じくパタゴニアのR1やR2といったテクニカルフリースウェアに譲りたい。それよりももっとカジュアルな使用で広範囲に活躍する代物。

更に汎用性も素晴らしい。ある時はミドルウェアとして、ある時はアウターウェアとして、多くの場面で活躍することができる。勿論、インドアであろうがアウトドアであろうが、全く以て違和感のない見た目をしている。

時代の潮流に影響されない普遍的なデザイン。一生を共にできる耐久性。それらが相まって、長く支持され続けている製品であるという信頼もある。

そしてベストである事によって、更に使い勝手が良い。汚れ仕事や水仕事など、もっと活動的な場面であっても袖が邪魔になる事がない。つまりは気兼ねなく何時も着ている事ができる。そうした事からも、無意識のうちに手にとってしまう衣服なのである。