ノースフェイス定番、GTXデニムコーチジャケットのメンズ着こなし。サイズ感やコーデ徹底レビュー。

THE NORTH FACE

コーチジャケットの定番としても著名なノースフェイス。コーチジャケットはノースフェイスの製品群においても定番のアイテムとなっており、その愛用者も多い。中でもGORE-TEX INFINIUM PRODUCTSを用いた事で、防風性と透湿性を兼ね備えたGTXデニムコーチジャケットは秀逸。デザイン性に優れており、タウンユースなオシャレに活躍する事は勿論、アウトドアにも十分用いる事が出来る製品。手にした時の満足感、使った時の充足感は計り知れない。

表生地の質感は、軽量性、耐摩性、速乾性を備えたナイロン。インディゴ染め特有の経年変化までも楽しめるという逸品である。これにより長い耐久性が実現されており、ほつれや擦れを気にせずバックパックやショルダーバックなども何も臆することなく用いる事が出来る。むしろ使って使って使いまくりたい。ストライクゾーンが広く、多くの場面で使い勝手が良い。ちょっとした羽織としては最高の出来栄え。

ゴアテックスデニムコーチジャケット。大人コーデの花形、実用美の逸品。

ノースフェイスの定番、コーチジャケット

ノースフェイスコーチジャケットは、比較的薄く収納性も良い。肌寒い時にちょっと引っ掛けるものとして、使い勝手も良好。いつも持ち歩いている分にも嵩張りすぎず、かといってアウトドア感もありすぎない。タウンユースで用いるには十分の性能、そして優れてお洒落なアイテムであるから、重宝しない訳が無い。様々な場面で使えるだけでなく、使えば使う程に味わい深くなるというのも楽しみになる。

GTXデニムコーチジャケット、アウトドアでも。

キャンプやハイキングなどのアウトドア用途にもGORE-TEX特有の透湿性や防風性が実にありがたい。デザイン性に優れており、お洒落感が漂うアイテム。タウンユース用途に寄り添った製品であれど、その性能としては中々の優れもの。いつだって、鞄の中に放り込んでおきたい逸品である。急な雨でも慌てることなく行動する事が出来る。旅のお供としては最適な存在。

いつでも鞄に、GTXデニムコーチジャケット

本格的な山登りとなれば、携行レインウェアは必需品である。しかし、このジャケットの良さはふらりと出かけるついでに自然の中へ分け入る事ができる。旅先で急な行き先変更や天気の崩れにも柔軟に対応できる優れものである。上品で質感も良く着こなすことができるという点も大きな魅力。アスレチックでありながら、大人なコーデにも取り入れやすい。

日常からアスレチックまで、コーチジャケット

ところで歩きに歩いて、少し汗ばんでくる事もある。そうした時でもサラッと羽織り、または脱ぐという行為も気楽に行える。このコーチジャケットをカバンに皺など特段に気にすることなく押し込んでおけば良いのである。または少し汗ばんでも、その汗が引いてしまえば急に肌寒くなったりする。そんな時にも透湿性と防風性に優れたGORE-TEX INFINIUMが優れた働きをしてくれ、迅速な体温調整に一役買ってくれる。

至極、ノースフェイスGTXデニムコーチジャケット

ここでGORE-TEX INFINIUMの説明もしておきたいところ。ゴアテックスといえば、言わずと知れたアウトドア用の素材で、防水性、透湿性、防風性などに優れた機能を高い水準で保持する信頼の証である。しかし、このインフィニアムは防水性能を厳密に担保しない代わりに、カッティングの自由さや軽やかさから、もっとカジュアルな用途を目的とした素材となっている。防風性に優れており、柔軟であり、着心地などの快適さが追及されている。

レインウェアとの違いと、定番コーチジャケットの防水性。

カジュアルな普段使い。

一般的に通常のゴアテックスには基本的に縫い目などもシームテープが施されており、激しい雨などにおいても浸水を防いでくれている。シームテープが用いられていないといっても、インフィニアムの素材自体には防水性などを保持している為に、このような厳密な意味の防水性が担保されていないというもの。

小雨が降る中の街歩き。

だからある程度の防水性は備わっているという訳で、本格的な山登りや土砂降りの雨で用いるにおいては、勿論本格的なレインウェアに軍配が上がるのは当然。それでも旅先での街歩きなどでは大活躍する。すぐにサラッと羽織れて、丈夫なデニム地のコーチジャケット。実に使い勝手が良い。

機能性と着心地を両立する。

このノースフェイスの定番ウェアの着心地の良さと機能性を両立する優秀さは兎角秀逸である。コーチジャケットという分野において、そのような厳密な意味においての防水性が必要であるかどうかを鑑みて見れば、実に使い勝手の良い上着であることは間違いないところなのである。

肌寒い時に、最適なアイテム。

そのような意味においてはニッチな製品であるけれど、コーチジャケットとしては至極の製品。数あるコーチジャケットの中においても定番として支持されている理由も想像に難くない。鞄の中に忍ばせておいて、さっと取り出して羽織れる上着として、素晴らしく機能的でおしゃれ。着まわしもし易い万能アイテムである。

優れて使い勝手が良い、コーチジャケット。

ファッションアイテムとしてのディティールだけで、ここまでの性能が必要ないというのであっても、ノースフェイス社のラインナップには通常のコーチジャケットも用意されているというのも憎いところ。ちなみに各部に多少仕様の違いもあるが、元来ノースフェイスの定番として存在しているものだけに、名声高い品でもある。

旅行にも最適。全天候型、常におしゃれな着こなしに。

冬のハイキングにも活躍。

曇りの日、いつ雨が降るか分からないような日などに一着持っておくだけでも実に利便性が高い。素材自体の備えたる撥水性は実に優れており、多少の雨では動じることも無くなる。パンツも速乾性や撥水性に優れたものと併用しておくと、いつ何時も行動を制約されることが無くなるところ。

ノースフェイスのカジュアルスタイル。

例えばベルトループを備えたクラシカルなストレートシルエットが持ち味、同じくノースフェイス社製のバイソンチノパンツなどは街中での普段使いでも大活躍の逸品。これらが組み合わされば鬼に金棒という訳である。

行動を制約しない衣服。

GTXコーチジャケットのように速乾性に優れた衣服ならば、少々のハイキング程度の運動は難なく快適に楽しむことができる。また小型のヘッドライトなどを常にバッグに忍ばせておけば、心持ちも穏やかに自然の中にも分け入っていける。このように気の向くままに散策する楽しさは格別。日々の喧騒を忘れて世界の広さを再確認できる時間。動き易く過ごし易い、このような格好ならばその時間を十分に楽しむことが出来る。

無難でありながら、お洒落なジャケット。

いつでも持ち歩き、肌寒い時にはすぐに羽織る。アウトドアのみならず普段使いは勿論、旅先での散策などでは十二分の活躍。お洒落な防寒具、小雨くらいでは何のその。一見するところニッチなアイテムなようであれど、ワードロープに一着備えていれば、その利便性は重宝する。何気に襟が付いている為、上品さも備えたアイテムであるし、襟を立ててれば日焼け防止にも一役買う。

経年変化が楽しみな実用アイテム。デニムコーチジャケット。

旅行にも一枚。

GTXコーチジャケットは、当然にバイク乗りや強風の日には重宝する。ウィンドブレーカーとして考えれば上位互換的な役割を担ってくれる。一般的に風速1m/秒ごとに体感温度は1℃下がるとされている。この風を遮断してくれるだけで、その過ごし易さは十二分に向上する。海辺や山上を散策する際にも活躍する事は必定。高性能なアウトドアギアであれど、タウンシーンにも最適な見た目はいつも持ち歩いていたくなる。

GTXコーチジャケット、日常に革新を。

ちょっとだけ肌寒い時に、ちょっと引っ掛ける。いつ雨が降るか分からぬ天気、ちょっと持ち歩く。着心地や肌触りも良く、見た目にもカッコ良い。そして、ガシガシと長い年月を共にし、使い込む事が出来る。経年変化も楽しみな製品。長く間愛用すれば、ますます自分だけの愛着が湧いてくる。GTXコーチジャケットがノースフェイス社の定番としても愛されている理由が、着れば着るほどに理解できる。

ノースフェイスGTXコーチジャケットのサイズ感。

サイズ感、Mサイズ着用。

ノースフェイスのGTXデニムコーチジャケットは、身長約170cm、体重約60kgの中肉中背体型の男性ではMサイズが丁度よく羽織ることができる。Sサイズでも問題ないが、肌寒い季節にミドルレイヤーなどを中に着込むことを考えると、少しだけゆったりめで着こなす方が吉。またこの場合、コーデとしてストリートやアメカジとの愛想も良い。

表記サイズ着丈身幅肩幅袖丈
S66574465
M68594667
L70614769
XL72634972
GTXデニムコーチジャケット、サイズ表。
Bitly
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

株式投資の経験を赤裸々に綴った「新NISAにゃん株式ブログ」を更新中。休日は自然や古い町並みを歩き、スナップや風景写真を撮ってます。

株初心者として新NISAで日本株式を中心に熱中。民藝や郷土玩具、縁起物も好きで、オリジナル張り子招き猫・NISAにゃんを作って株ライフ生活の成功を祈願。

その他に"古典は常に新しい"をモットーとして、決して流行に左右されない厳選したあらゆるジャンルにおける定番名品を徹底解説するレビューもしてます。

ZINEえぬたなをフォローする
THE NORTH FACEアウトドアウェア買って良かった
シェアする
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな