カシオGショック三つ目モデルの正統なる後継、定番GW-6900-1JFレビュー。

CASIO

三つ目モデルといえば、元祖DW-5900。その後継機種とも言えるDW-6900も同様に所謂、横乗り系のボーダー達に愛用されてきた定番。北米市場において爆発的な人気を誇ったモデル。5900系が1990年にアメリカで販売されてから、1992年に逆輸入される形で日本で販売されるようになった。Gショックは腕時計として大ヒットを記録。1995年に販売、ケースはDW-6600譲りのラウンド形状、ベゼルはDW-5900譲りの3つ目のデザインが組み合わさって誕生したのがDW-6900である。

ところでDWというモデルは、Gショックとしてのシンプルな機能に洗練された製品。そこに電波時計とソーラー電池が組み合わさると、GWという型番として表記される。GWはより使い勝手の良さと精確性が追求されたモデルという事が言えよう。時間を表示する道具として割り切って用いる腕時計、そうして鑑みると実に質実剛健さに極まる逸品である。オリジンやスクウェアモデルとしても著名なGW-M5610などと双璧をなすような平成レトロな形状が実に好ましい。

電波ソーラーで平成レトロなGショック、GW-6900。

シンプルなれど、存在感のあるデザイン。

身に付ければ身に着けるほど、愛着が増していく。そんな風に次第にクセになるデザインである。無意識的に手に取ってしまう程に気に入ってしまう名品。絶妙なバランスで組み立てられた工業デザインの妙。GW-6900が長らく支持され続けてきた背景は、手に入れてしまえば誰しもが感じられるものであろう。特別多機能という訳ではないものの、尖って信頼感ある性能によって生活に欠かすことの出来ない相棒となる。

DW-6900で、何処へでも。

シンプルの極みともいえるスクウェアモデルからすると、少しだけ機能感のあるデザイン。丸みを帯びたフォルムであれど可愛らしさと同時に無骨さも感じ得る。腕に付けた時の存在感もそれなりに大きい。ベーシックなモデルの中でも四角いGがGW-M5610ならば、丸いGがGW-6900であるともいえる。よりオリジナルなDW-6900と比べると、電波ソーラーが装備されるとともに、液晶が大きくなって見やすくなっている。時計としての基本性能が十二分に向上しているというのは嬉しい仕様変更だ。

三つ目モデルの存在感ある、無骨なデザイン。

より高機能で高度やコンパスや気圧など、多くの機能をふんだんに盛り込んだ仕様の時計も多い。しかしながら、シンプルで頑強なる時計であればこそ信頼性も高いように思える。現代においては防水仕様なスマホの存在は、特に登山などのアウトドアシーンでは頼もしい。それとは別に時計としての機能はやはり重要で、ルートの経過時間や日没の時間などを確認しながら歩きたいところ。個人的な趣向に依拠するならば、腕時計は時間を確認する道具としての役割さえ達成してくれていさえすれば良いように思えた。使い方は千差万別であれど、そのように考えると費用対効果コストパフォーマンスが非常に高い製品である。

GW-6900、安心な防水仕様。

特にGW-6900においては20気圧防水が備わっている所も嬉しい。普段から用いる時計としては、何ら心配事が無い。海であろうが山であろうが川であろうが、そしてもちろん街であろうが、あらゆる場所うやシーンで用いるところが出来る時計。このようなカジュアルなシーンでは特に重宝するものである。

アウトドアにも、GW-6900

Gショックは、カシオの技術者である伊部菊雄氏によって開発されたとされる。精密機械であって繊細な取り回しが必要であった腕時計。高価な腕時計でさえ落としてしまえば壊れる。そんな当然の常識を覆す革新的製品を生み出すにあたり、1981年「落としても壊れない丈夫な時計」というコンセプトをブレることなく達成。落下強度10m、防水性能10m、電池寿命10年。そんな三本柱に果敢に挑戦した。勿論、Gショックの名前を冠するGW-6900においてもそうした精神を受け継いでいる。耐衝撃構造、20気圧防水、タフソーラー、そして電波時計を搭載し、その信頼性の高さは折り紙付きの逸品。

ファッション性が高く、機能性に優れる。

Gショックはシンプルな優れた機能性が魅力的な存在。しかしそれだけでなく、GW-6900は三つ目モデルの正統派な後継機というだけあってそのファッション性も折り紙付き。横のり系のボーダーに愛用されたタフさと、ストリートな文化とも相性が良い。同時にアメカジとの相性も頗る良い。気軽に何処へでもふらりと出掛けて行くというような日、カジュアルなシーンにおいては、何処であっても馴染む。

スクウェアモデルGW-M5610と三つ目GW-6900比較。

アクティブシーンで活躍。

スクウェアモデルことファーストモデルは、ジオリジンとの愛称もある。シンプルでスマート、直感的な時間の視認性の高さはピカイチである。ただし操作感を鑑みると現代の三つ目モデルである6900系に軍配が上がる。例えば夜間時のライトの点灯、またはボタンの説明書きの見やすさなどではリードしているように思われる。装着感としても、より存在感があるのが三つ目モデルであるといえよう。

装着感に優れる、GW-6900

ベゼルの下方中央部に大きなライト点灯ボタンが用意されているため、ちょっとしたタイミングで光が必要な場面でも難なく使用する事が出来る。ただし傾きを感知して自動でライティングしてくれる機能も付属しているために、デザイン的要素の方が大きいといえば大きいとも言える。ただし前述もしたのであるが、夜間時全くもって手元が見えないというような状況においては、重宝するところである。

GW-6900で、海辺を歩く。

全体の大きさを鑑みても、スクウェアモデルの方が小ぶり。GW-6900のほうが一回り大きい。その為、洋服の袖口に入り込む要素がスクウェアモデルにはあるが、GW-6900においては袖口に入り込む懸念は殆ど無い。この使用感については、明らかに好みがある。しかしこの優れたデザインの趣向性については、装着すればするほどにカッコ良く映る。優れて普遍的でありながら、愛着が増す工業デザインであることが伺える。

CASIO GW-6900-1JFの外観と使い方、設定方法。

GW-6900、アメカジとも相性良し。

GW-6900では、ある程度の操作は直感的に可能。説明書を見なくとも大方分かろう。特に電波時計であるから箱から出しただけで、特段何の問題も無く動作してくれるものである。そしてシンプルな時計であるからこそ、時を正確に刻んでいてくれさえすれば良いような気がする。それでも自分なりにこの道具をある程度使いこなす為、ホームタイムデータの設定など少しだけ頭に入れておきたいところ。

AMPM12H/24Hの時刻表示のモード切り替え。

左上のADJUSTボタンを2秒間の長押し。左下のMODEボタンを2度押す。すると12Hとか24Hという表示が出てくる為、右側の右下のSTART-STOPボタンで好きな任意の表示に切り替える。最後に左上のADJUSTボタンで決定。もちろん12HはAM/PM表記、24Hは24時間表示である。

G-SHOCK
G-SHOCK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
CASIOアクセサリーファッション
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな