グラミチ定番のNNパンツ。細身で動き易い、日々是好日な着こなし。

ファッション

GRAMICCIグラミチは米国の著名なロッククライマー、マイク・グラハム氏が立ち上げたアウトドアアパレルブランド。ヨセミテを中心に世界を股にかけて活躍していた彼が、1982年に製造販売を始めたアウトドアパンツは一世を風靡。今では当たり前となったアウトドアパンツの見本的なデザインとして、人々から認知される事となった。

股にマチを配する事で動きを制約しない「ガゼットクロッチ」、片手で簡単にベルトの調整ができる「ウェビングベルト」、これらはグラミチパンツの特徴であって象徴でもある。中でもNNニューナローパンツは、現代的なライフスタイルに合わせて細身シルエットでありながら、従来の動きやすさも確保された逸品。履きやすさ、動きやすさは勿論、オシャレさ、カッコよさも兼ね備えた至高のパンツ。

グラミチのニューナローパンツで、探検家になろう。

何処へだって、出掛けて行ける。

グラミチNNパンツは、動き易くて歩き易い。しかもタウンユースやアウトドアを問わずして、様々な場面で周囲に馴染んでくれる。そうして違和感を与えないという素晴らしさ。柔らかな生地感で履き心地も良く、ワードローブに一着備えておくだけで、休日の定番としても何かと重宝するアイテム。平日には近所のスーパーやコンビニなど、リラックスモードで繰り出す際にも利便性は高い。

動きやすくて、オシャレなNNパンツ

180度の自然な開脚を可能とするガゼットクロッチ、生地にはストレッチツイル素材が使用されている。それによって普段の動きやすさは勿論のこと、膝を折ってしゃがみ込むようなシーンでも難は無い。タウンユースにアウトドアに、あらゆる場所で用いる事ができる機能性とファッション性を両立させたNNパンツ。その使い勝手の良さ足るや計り知れないものがある。

グラミチNNパンツで、アクティブな日々。

NNパンツは活動的な場面だけでなく、リラックスして過ごす場合においても履き心地に優れている。その為、普段着として最善策となり得る衣服である。時に街や山林に出かけて散歩をし、時に家や喫茶店などでくつろぐ。概して生地の上質感もあり、見た目にアウトドア然とし過ぎていない。そうして敵地アウェイという概念を失わせ、どんな状況でさえ心地良く馴染む事のできるパンツなのである。

頑強でいて、動きやすいNNパンツ

このような状況を鑑みると、写真趣味にとっても最善策となり得る。見た目にも場所を選ばず、それでいて立ったり座ったりという動きへの優れた追従性は重宝する。画角を考える際に、足を動かしたり、体勢を変化させたりするのにも丁度良く。ガシガシと町中や山林を駆け回る際にも丁度良い。これだけの好条件が揃っていて、NNパンツを履かないという選択肢は無いというものである。

NNパンツ、実用的な美しさ。

ある時は上品な佇まい、ある時は無骨な佇まい。そうしてある程度、その場所や状況に応じた着こなしに対応できる。履き心地に関しては柔らかなスウェットパンツを履いている様な。それでいて見た目は上質なウールパンツやチノパンを履いている様な。そんな風にして、なんとも万能な衣服なのである。

評判高いNNパンツ、ダサいとおさらばアウトドアコーデ。

着心地優先、実用美のコーディネート。

現代的な細身のテーパード、股上を浅くし、ヒップ周りをスッキリとさせたデザインは優れて好印象。従来のグラミチパンツにおけるシルエットからすると、腰回りのモッタリ感やたるみの軽減が為されている。それはまるでリーバイス511のように新時代に合わせた解釈の結果として生み出された、同様の実用的な美しさを保持するものだ。

細身シルエットが美しい、NNパンツ

更に昨今のアウトドア用のボトムス、クライミングパンツといえば化学繊維が主に使用されている事が多いものである。本格的に山で使用するという機能性を重視すると、速乾性や保温性の観点から鑑みるに、その方が無難に思える。しかし、ちょっとしたアウトドアを含む、多様なフィールドで使用出来る普段着として考えてみると、グラミチの持つ綿に化繊が織り込まれるというクラシカルな素材感がかえって好い。

日々是好日を、実現してくれる。

かつてロッククライミングで使用する事を目的として開発されたグラミチ製品の生誕物語は、頑強タフ酷使に耐えうる衣服としての下地となっている。それでいながら見た目は、一般的なアウトドアパンツ然とし過ぎておらず、お洒落に上質感をたたえている。オールシーズン使用する事も可能で、更に活躍の場も広いという多才さは嬉しいところだ。そうして素敵な出会いへと導かれ、日々是好日にちにちこれこうじつを実現してくれるパンツなのである。

普段着として、最良最善。

原点オリジンでもあるGショーツの誕生当時、クライミング界における革命児となったグラミチ。その作りは現代において、多くのアウトドアボトムスの青写真となり、更にはスタンダードなアイテムとして君臨する。だからこそ、ワードローブに加えるべき逸品として常に選択肢に入る。特にタウンユースも想定された新定番のNNパンツならば、普段のコーデにも取り入れやすい。

NNパンツのサイズ感。裾上げ不要のジャストカット。

裾上げ不要、NNパンツのジャストカット。

サイズ感としては身長約170cm、体重約60kgならば、Sサイズで丁度良く着用する事が出来る。ちなみにNNパンツには、枝分かれしたいくつかのモデルがあるが、着用しているのはジャストカットというもの。この場合、通常モデルよりも7cmすそを短く設定、くるぶし丈で靴への接触も少ない。また履いているスニーカーのディティールを邪魔しないところも嬉しい。

グラミチNNパンツの特徴と概観。ウェザーとの違い。

細身で動きやすい、グラミチNNパンツ

Point 01. ガゼットクロッチ

180度開脚を実現する、ガゼットクロッチ。

股部分に切り替え、180度の自然な開脚を実現するガゼットクロッチ。立ったり座ったりといった動作にも難なく対応できる。カジュアルウェアとしても、最高の動き易さと履き心地を実現してくれる。

Point 02. ウェビングベルト

片手で調整可能、ウェビングベルト。

片手でベルトの調整が可能で、スムーズな着脱を実現するベルト。引張強度、耐久性にも優れる。ウェビングベルトを垂らしたスタイルは、グラミチらしい。ベルトループも備わっており、スッキリと腰周りに収納させる事も出来る。

Point 03. ベルトのループ

チョークバッグを下げられる、ベルトループ。

グラミチパンツ独特の機能。チョークバッグをカラビナで吊り下げる事が出来るベルトのループ。腰部に吊り下げる事が出来るため邪魔になりにくく利便性は高い。小さなカメラケースやスマホケースを装備するというのも好い。

Point 04. ジッパーフライ

タウンユース仕様、ジッパーフライ。

実はオリジナルなグラミチショーツには、フロントの開口部は無い。しかし現代的なライフスタイルに合わせた新定番、NNパンツにはジッパーフライが備わっている。YKK製のジッパーは信頼性も高く、通常のボトムスとして使用できるのは嬉しい。

Point 05. ベルクロ付きバックポケット

モノが落ちにくい、バックポケット。

バックポケットの開口部にはベルクロマジックテープが備わっており、収納物が簡単に落ちるのを防いでくれる。またボタンでは無い為、片手で開閉できる操作性が備わっている。

Point 06. ランニングマン

ブランドのアイコン、ランニングマン。

ウェビングベルトの先端やバックルに、ブランドのアイコンであるランニングマン。アウトドアへの情熱が込められているという、そのシンボルマークが記されている。

NN-PANTS JUST CUT/HEATHER CHARCOAL

上質なる、コットンツイル感が好い。

ヘザーチャコールの持つ風合いには、やたらとコットンツイルならではの上質感と肌触りの良さがある。美しくアウトドアパンツである事を感じさせない上品な佇まいが好印象。厚すぎず、薄すぎず、オールシーズンを通して履くことが出来る。そんな万能の一本。

NNパンツジャストカット、ヘザーチャコール。

WEATHERウェザーNN-PANTS JUST CUT/DEEP OLIVE

動き易く、軽く、涼しい。ウェザーNNパンツ

ストレッチウェザーは春夏ピッタリの薄手の生地感で、風が吹けば多少通り抜けてきた空気を感じる事が出来る。軽くパリッとした肌触りも好印象。勿論、動き易さは抜群である。春夏と暖かなシーズンを通して履くことが出来る、最適な一本。

ウェザーNNパンツ、ディープオリーブ。

レビュー:NNパンツをワードローブに、休日定番の制服として。

ワードローブに、休日ファッション。

カジュアルでいながら動きやすく、タフでヘビーデューティに用いる事の出来る。動き易く、それでいて場の雰囲気にも馴染む。そんなボトムスがあれば、直ぐにでも衣装箪笥ワードローブ行き間違いなしである。リーバイス511などと同様にグラミチNNパンツは、実用とファッションを兼ね備えた、多くの場面シーンで重宝するアイテムとして存在してくれる。

リーバイス511も、実用美の定番。

中でもNNパンツのヘザーチャコールやヘザーグレーという色は、特に上品さや上質さが際立っているように思える。現代的なライフスタイルにもピッタリな着こなしが可能。スッキリとしていて細身でキレイめなデザインは、街に出掛けるのも良し。更には180度の開脚までも可能とするガゼットクロッチは、より活動的アクティブな休日の過ごし方も支持してくれる。このような万能なアイテムは一本持っているだけでも十二分の活躍が期待できる。

NNパンツで、お洒落なリラックスモード。

このように鑑みれば、休日の制服として複数買いして、それを使い回しても良い。選ぶ手間、考える手間を省きながらも、おしゃれで機能的なギアとしてNNパンツを用いる。その履き心地は抜群なのだ。ただ活動的に過ごすだけでなく、読書や趣味に浸り、もっと快適な生活を過ごすというのもい。気ままでありながら、能動的な暮らしを直ぐに実現させてくれるような気にさせてくれる。そんな風に優れたボトムスなのである。

GRAMICCIのNNパンツが、特に優れたところ。

NNパンツで、歩く干潟。

NNパンツはカメラマンにとって、最高の衣服という事であろうと考える。活動的な場面でも優れて機能的でありながら、街の装いとしても調和マッチし、場の空気を乱さない。例えば、コットンストレッチツイル素材とガゼットクロッチによって立ったり、座ったりする場面でも、わざわざ膝の部分を持ち上げる必要も無く、そのまま座り込めば良いのである。それは普段のちょっとした不都合を無意識の内に解決し、または和らげてくれるものである。

アウトドア品質、だからこそ。

普段の生活においても同様。例えば、車に乗り込んだ際などにおいても直ぐに運転に集中する事ができる。座った際、ポケットに収納物があったとしても、サイドポケットは深く落ちにくい。それにも関わらず、開口部は広く設計されており、意図した時には物を取り出しやすい。こうした日々の些細な事柄に資するアウトドア品質クオリティが、イチイチ嬉しかったりするのである。

GRAMICCIのNNパンツが、苦手とするポイント。

何処へでも、行けるという革新。

グラミチのパンツは従来、クライミングパンツとして開発された経緯がある。中でもNNパンツはその系譜DNAを引き継ぎながら、よりタウンユースな使い方も志向し改良が加えられている。そういう意味においては、幅広い用途で着ることが出来るのは当然の事であろう。ただし本格登山やアウトドアなどで用いようなどという場合には、現代的なトレッキングパンツを履く方が無難であろうと思える。

マムートのトレッキングパンツで、歩く。

一般的な綿パンと比べれば、通気性もあって乾きやすいとはいえ、綿が98%とポリウレタンが2%という配合のコットンツイルが用いられている。この事実を考えると急な雨、激しい運動による発汗によって、体が冷やされる可能性がある為である。だからと言って、多少のハイキングやキャンプなどの用途においては、十二分の活躍が期待出来る製品である事は間違いないというものである。

このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
ウェア ファッション
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな