チャンピオンの名品、T1011。アメカジコーデの定番アイテム。

ウェア

Championチャンピオンにおける定番の逸品、T1011ティテンイレブンは同社のスウェットと並んで著名なカジュアルウェア。このTシャツは、1930年代に誕生してからというもの現在に至るまで長らく支持を集め続け、袖を通した多くの人々の心を着実に掴みとってきた超ロングセラーモデルだ。

その特徴は何と言っても「Heavy Weight T-shirts」とチャンピオンが公式に標榜する通り、ドライで肉厚な生地感である。ざっくりとした着こなしに定評がある製品ではあれど、そのシルエットは決して野暮ったくならずに洗練した印象すら持ち得るものである。そのような普遍的な美的価値観は、世代を跨ぎつつも支持される土壌があり、長年盤石に支持され続けてきたことを納得させてくれる。

一枚でキマる、チャンピオンT1011とは。

野山、駆ける。T1011

通年使用は当然の選択肢であるが、T1011の嬉しいところは一枚でスタイルが完成してしまう所である。勿論季節に応じた着こなしには重ね着も良いが、家でまったりと寛ぐシーンや春夏の暖かなシーズンにぶらぶらと気楽に出かけるシーンでは最良のアイテムと成り得る。上質でありながら肩肘張らないお洒落として、衣装箪笥ワードローブに万年常備しておくのも吉。また半袖から長袖、七分袖など選択肢も用意されており、趣向や季節やTPOに応じて幾通りものコーデを楽しむ事が可能である。

ラフだけど、アスレチックなスタイル。

圧倒的に激しい運動にも適するかどうかといえば、現代においてはそれなりの衣類が相応しい事もある。しかしスポーツライクな普段着としては、ドライで動きやすい着こなしでT1011は優れた活躍が期待できる。USAコットンの7ozオンスという肉厚の生地も好印象で、Tシャツ一枚でも透け感に不安になることも無い。それでも決して分厚すぎない絶妙な塩梅、温暖な季節にアスレチックに散歩するという場合にでも快適。使い込めば使い込むほど、洗えば洗うほどに味わい深く、着心地の良さも増していくという経年変化を楽しむことが出来るのもT1011の魅力である。

使い込むほどに、愛着が増すT1011

どのような物でも、長く使う事の嬉しさは格別であるが、そうした事実からしてもジーンズとの相性の抜群。アメカジなコーデには鉄板的に似合う。無骨で耐久性の高い、実用的なお洒落として。チャンピオンの名品T1011とリーバイスの赤耳などのセルビッチデニムなんて選択肢は、実に趣味性の高い着こなしである。シンプルなれどカッコ良い、ラフで実用的な定番スタイルは、多くの場面で重宝すること間違いなし。

散歩楽しむ、日曜日。

このアイテムの魅力は素材、選定、縫製に至るまでメイドインUSAに拘り生産されたというところにも存している。まるでデニムのように頑強な衣服としての信頼感も厚い。これは同じくチャンピオンの名品の一つである赤タグのスウェットシャツにも通じて言える事で、末永く使い続ける事を考えればコストパフォーマンスにも優れた逸品であるともいえるものだ。

T1011はアメカジの定番として重宝できる。アメカジの良さは総じて実用性を兼ねた工業品であるように思える。であるから一張羅として、華奢に扱うというよりは、もっとガシガシと運用していきたい。多少の汚れなんて気にしない。それが却って道具に対する愛着を増す。土埃にまみれ、汗にまみれ、ガシガシと洗濯する。そうして洗濯を繰り返すほどに、生地の繊維はしっかりと密着密集し、更に味わい深さを増すものである。

動き易い、ラグラン。

頑強タフさを担保しているのは、ただ単に肉厚であるという生地感だけではない。長期使用が想定され、襟首にバインダーネックが採用されている事により、継続的にヘビーローテーションを繰り返していたとしてもヨレなどに成りにくい仕様となっている。またスポーツウェアとしてラグランスリーブが採用されている事から、肩や腕にかけて着用者の動きを邪魔しない。アスレチックウェアとして開発されたT1011は、そうした点からも高い信頼性が担保されている。

もっとタフに、もっとガシガシと。

インナーなども着用せず、T1011をただの一枚羽織るというだけでスタイリングが決まるのは嬉しい。例えば夏、汗を沢山かいてしまったとしても、どんどん洗濯機に放り込んで行けばいいのである。前述する通り、寧ろその方がT1011の味わい深さは増していくのだから。時には街を歩き回ったり、時には野原を駆け巡ったり。気持ちの良い人間生活を謳歌できる、それがこのTシャツの魅力のようである。

年中着まわせる、嬉しさ。

勿論、一枚でも完成度が高い製品だとはいえ、春夏秋冬と通年使用も期待できる。重ね着した際のインナーウェアとしてもドライな肌触りが気持ち良い。無地のT1011であれば特に多くの場面で重宝する。厚手な生地感であることも重要で、健康診断でX線検査なんて使い方も利便性が高いのではないだろうか。思い返してみれば、多くの場面で無意識的に手に取ってしまう製品。ただの一着だけでも保持していると、ただそれだけでい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
ウェア ファッション
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな