ノースフェイス定番、バックスクエアロゴTシャツレビュー。アウトドア、タウンユースコーデ。サイズ感と着こなし。

THE NORTH FACE

THE NORTH FACEノースフェイス社の数ある製品群の中においても、バックスクウエアロゴティーは定番中の定番。ポリエステル73%、綿27%の混紡生地で、速乾性に優れながらコットンライクな着心地。静電気の発生を押さえてくれるというのもポイント。ロゴTシャツとしては、パタゴニアのP-6ロゴTと並んで著名な製品で、長袖も半袖も用意されている。背中にプリントされたロゴはトップスとして一枚で着ていても映えてくれる。

一応、UVプロテクトでUPF50+、紫外線カット率95%以上と公称されており、日差しが強い季節や場所にも向いている。ちなみにこれらの仕様は若干の変更があるようで、すべてのモデルが同じ強度の紫外線対策になるわけでは無い様子。ノースフェイスのラインアップにおいては、半袖のモデルだけでなく、長袖のモデルも販売されており、これらは総じて支持を集めている。ロゴTとしても人気の高い製品である。

人気の大定番Tシャツ、ノースフェイスのバックスクウエアロゴティー。

ハイキングでも大活躍のバックスクエアロゴT

バックスクエアロゴティーは、ショートスリーブで春夏シーズンを快適に過ごせるというだけでなく、肌寒い時期や強い直射日光から肌を守りたいときにはロングスリーブと言う風に使い分けたり、使用者の好みに応じて選択できるというのも快い。バックプリントがありながらも、パタゴニアのP-6ロゴTと比べてみても直接肌に触れる際も比較的さらっとしたドライな着心地が維持されているというのも好印象。

タックインしても、中々にかっこいい。

速乾性はありがたく、発汗や水で濡れた際にもすぐに乾くため、ハイキングやキャンプなどの気軽なアウトドア用途や旅行では大活躍する。洗濯を出先で行うというのも一興。手荷物を減らしながらの旅路では大活躍すること間違いなし。このような機能性やコットンライクな着心地の良さは、勿論ながら普段使いでも重宝する。高山などをトレッキングするゴリゴリの登山用途という訳ではないが、ちょっとしたハイクならば完全に守備範囲のアイテムである。

バックスクエアロゴT、特徴的なバックプリント。

ただし、ハイクなどでバックパックを背負うとしたならば、この製品にとって特徴的なバックプリントが隠れてしまうという事実。そのような部分を鑑みれば、どちらかといえば、手ぶらやショルダーバッグなどとの相性の方が良い為、タウンユースにおける活躍の場面の方が多いアイテムとも言えよう。

ドライで清々しい街歩き。

それでもより活動的なシーンにおいても、特に問題なく使用できるという価値、優れたアウトドア品質を普段から愛用する事ができるという利点は実に好ましい。生地に綿と同様の上質感を備えながらも、綿100%のTシャツと比べると皺にもなりにくいというのも嬉しい。着れば着るほどに、このバックスクエアロゴTが多くの人々から支持されている事実に納得させられる。

ノースフェイス定番、バックスクエアロゴT

バックスクエアロゴT前方の胸元にはワンポイントロゴがプリント。形としてはクラシカルなボックスシルエット。首元はクルーネックで大人でも上品な着こなしが可能になっている。このシャツの場合には、裾をタックインしようが、アウトして着ようが、いずれであっても様になる。コットンライクな生地感でいながら、生地厚も程々にあるため、製品自体の上質さを感じることが出来る。そうして普段着とすれば、なかなかにオシャレに決めることができる一品ひとしな

重ね着にも相応しい。バックスクウェアロゴティー

素材は風合いよく、肌触りの良いオーガニックコットンが27%、リサイクルポリエステルが73%の製品とのことであるが、肌触りに関しては十二分に良い。しなやかな柔らかさも備わっており、丈夫で居ながら動きやすい。通常の綿100%Tシャツと比べてみても、特段違和感なく着用する事ができる。

タウンユースに大活躍。

発汗や汚れなどを恐れず、ガシガシと使い倒したいギアとしての衣類でもありながら、タウンユースであってもオシャレで上品なTシャツ。だとしたらワードロープに一着備えるに相応しい製品である。いつも涼やかで、雨の日などでも当然に活躍してくれる。

バックスクウエアロゴT、厚手で上質感あるコットンライクな生地感。

旅先でも大活躍の機能的Tシャツ。

しかも、このバックスクエアロゴTは、ハリがあり型崩れし難く、シワにもなりにくい素材感。袖を通したとき、着用した時のコットンを思わせるドライな着心地は清々しく気持ちが良い。ポリエステルが素材の約70%以上も用いられているにも関わらず、肌触りも好い。ただし、プリント部分は多少なり背中に密着する感覚があり、比較的厚手の生地感であるといっても、白Tであれば少しだけ透け感が気になる部分もある。

よりラフで、より気軽な旅路。

こうしたところから一枚で楽しみたい場合には、白以外のカラーを選ぶというのも一興。またインナーを着用して楽しむと、よりアウトドア用途としても真価を発揮するアイテムである。インナーは化繊で速乾性抜群のものを選ぶとより快適に着用できるほか、そのような工夫次第でよりアクティブな場面においても難なく用いる事が出来る。

日常と旅路、いつでも快適。

バックスクエアロゴTは、その着心地とサイズ感やシルエットの良さが相まって、カジュアルが許されるシーンならば何処へでも出かけていく事が出来る。汗ばむ季節などで歩き回ったとしても、爽快さを保ちながら健全な日常や旅路をサポートしてくれるような衣服。簡単な着回し、気楽さ、過ごしやすさを追求する肩ひじ張らずに出来るお洒落を手に入れる事もできる。ふらりと散歩へ出かけ、あるいはライトハイクや旅行など様々な場面で活躍するマルチさは最高の取り柄。

バックスクエアロゴT、快適な日々を過ごす。

ノースフェイスのバックスクウエアロゴT、綿27%という生地感。コットンライクでドライな着心地。肌触りだけでなく、見た目にも普段使いに違和感の無い上質感。スモールボックスロゴティーなどといった別製品にもこの配合が用いられているということを鑑みれば、27%という割合は同社が導き出した黄金比、絶妙な配合なのであろうか。アウトドア品質で頑丈であるだけでなく、速乾性にも優れているというのは実に嬉しいところ。

動き易く、使い勝手の良いTシャツ。

これまでも語ってきた通りに動き易く軽やか。アクティビティも難なくこなすことが出来る。兎にも角にもマルチなアイテム。ロゴTとしては、定番の製品として存在する。多くの人々から愛用され、支持されている理由も納得するところ。

完成度の高いデザイン。

完成度が高く、同社の製品からはベーシックなスクエアロゴTから派生するように、バンダナスクエアロゴTなどロゴ自体にデザイン的な趣向を凝らした製品も存在する。そんな風にノースフェイス社の顔ともいえるような、同社を代表する製品である。

バックスクエアロゴTシャツ、ゆったりとしたサイズ感。

バックスクエアロゴTシャツ、ゆったりとしたサイズ感。
表記サイズ着丈身幅肩幅袖丈裾丈
S6851472151
M7053492253
L7255512355
XL7457532457
XXL7659552559
バックスクエアロゴT、サイズ表。

ノースフェイスのバックスクエアロゴティーは、比較的ゆったりとしたサイズ感。身長約170cm、体重約60kgの中肉中背体形であれば、サイズMでゆったりと着こなすことが出来る。ワンサイズ小さめのサイズSであればピッタリとした着心地であるように思われる。風の通りやインナーなどを着る事を踏まえれば、Mであっても十分に丁度良い。

THE NORTH FACE バックスクエアロゴティーの外観と仕様

バックスクエアロゴティーの前面

ノースフェイスのバックスクエアロゴティーは非常に著名な製品。アウトドアブランドとしては、パタゴニアのロゴTと並んでメジャーな製品とも言える。多くの人々から支持されている製品であるから、その着心地の良さは折り紙付き。また静電気の発生も抑えられていて、小さなことであるが嬉しい利点。ボックスシルエットでクルーネックであるから上品に着こなすことが出来る。ちなみにこの製品は中国製となっている。

バックスクエアロゴティーの背面

背面にはノースフェイスのスクエアロゴ。熱転写式のプリントで、裏写りが無く圧着されている。この服は約73%がポリエステル、約27%が綿という混紡素材であれど、一枚で着こなしても化繊素材にありがちなチクチク感もなく非常に着心地が良い。

背面のロゴ部分だけが、長時間のハイクなどで密着して汗ばむと、ペタ付きが出てくるが、やはりこの絶妙なる配合の生地がサラッとしていてハリのある清々しさを実現してくれている。パタゴニアのスリーブレスキャプリーンクールデイリーシャツなどと組み合わせると、その着心地は更に向上。ちなみに、UVカットの効果も備わっており、夏場には安心して着る事が出来るカジュアルウェアである。

左胸にはワンポイントのロゴ。

左胸にはワンポイントロゴ。

左胸のワンポイントロゴは控えめで居て上品。作りも頑健でタフに着こなすことが出来る。ポリエステル素材に混紡された綿生地特有の特性が、その欠点を補いつつも着心地の良さに寄与している。ポリエステルの弱点でもある静電気やチクチク感など、問題として感じる事が無くなっている秀逸さ。

アメリカンTシャツ特有のタコバインダー仕様。

肩から首元にかけてのテープ処理。

首周りはタフなリブニットでヨレにくい。また肩から襟首を通って反対側の肩までの縫製箇所について、テープ処理が施されている。これはアメリカンTシャツに特有の仕様で、タコバインダーと呼ばれている。特殊ミシンによって襟ふせテープを用いる事で、肌に縫い目が直接的に触れる事を防いでいる。着心地や機能性を重視するアメカジ志向な製品である。

アメリカンTシャツを象徴する、タコバインダー。

肩から首元に掛けては美しい縫い目。特に着心地や肌触りを重視する下着メーカーで、アメカジを代表するヘインズのビーフィーTや同じくアウトドアブランドであるパタゴニアのP-6レスポンシビリティーなどの製品についても二本針二重環縫いミシンと呼ばれる特殊ミシンが必要なこの仕様が見られる。この製品についてもまた、質実剛健で実用美に溢れた工業製品。まさにアメカジを代表するようなTシャツである。

襟ぐりにはタグなし。肌触りを重視した仕様。

タグなし、プリント表記。

襟ぐりにありがちなタグは設置されておらず、首に当たる部分についての肌触りが抜群に良い。首元にはプリントにて表記されている事で、これ一枚で着こなすことが十二分に想定されている。こうした部分の配慮なども含め、ストレスフリーな着心地が実現されている。必要な表記については、左下の裾部分にのみタグが設置されている。

Bitly
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

株式投資の経験を赤裸々に綴った「新NISAにゃん株式ブログ」を更新中。休日は自然や古い町並みを歩き、スナップや風景写真を撮ってます。

株初心者として新NISAで日本株式を中心に熱中。民藝や郷土玩具、縁起物も好きで、オリジナル張り子招き猫・NISAにゃんを作って株ライフ生活の成功を祈願。

その他に"古典は常に新しい"をモットーとして、決して流行に左右されない厳選したあらゆるジャンルにおける定番名品を徹底解説するレビューもしてます。

ZINEえぬたなをフォローする
THE NORTH FACEウェア
シェアする
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな