アシックスタイガー、スポーツスタイルのゲルライト3。別次元の秀逸スニーカー。

ファッション

asicsアシックスのブランドであるアシックスタイガー。アシックスタイガーはパフォーマンスとライフスタイルの両立を志向したカジュアルブランドで、2015年に復刻された。アシックススポーツスタイルとも呼称されている。そのデザインは、1980年から90年代の平成レトロに傾倒。主力製品、GEL-LYTE IIIゲルライト3 OGの備えたスプリットタンは、この製品最大の特徴。見た目にも面白い機構であれど、その実用性ときたら想像を絶する履きやすさを実現する。

足の甲を両サイドから包み込む靴ベロタンがその履き心地を実現。従来のスニーカーと異なって、ベロを引っ張りながら履き込むという作業が必要ないという利便性を備えているのである。シューレース仕様でありながらも、スリップオンのような手間いらずな革新的な靴であるところがやたらと嬉しい。

ASICSスポーツスタイルの傑作スニーカー、GEL-LYTEⅢ。

アシックスタイガーの名品、ゲルライト3。

アシックススポーツスタイルの中でも主要な製品であるゲルライト3は、1990年に誕生。三ツ井滋之氏によって安全性と軽量性を高い水準で保ったランニングシューズとして開発。足の甲へ集中するという毛細血管への圧力を軽減、フィット感を保ちながらも着脱がし易いスニーカーとして追求された機能性は秀逸ながら、そのデザインも唯一無二の存在感を放っていた。

レトロフューチャーなディティール。

特に近年復刻されたゲルライト3ogに至っては、当時のデザイン性を保ったままに、現代の技術を以て更に機能性の追求が図られている。高い軽量性と緩衝性によって、靴という存在からさらに上位のものへと昇華しているような感覚。それでありながらレトロフューチャーな外観によって、ファッションアイテムとしても相性が良い。特にディティールが際立ちながら良質な素材感を得る事が出来るオールブラックやオールホワイトのシューズなら、キレイめなファッションからストリート系に至るまで、多くのコーデと組み合わせる事が出来る。

スリッポンのような履きやすさ。GEL-LYTEⅢ、極まる実用美。

ファッションアイテムとして、大活躍。

さて、ゲルライト3において特筆できる点。それは足を入れる際に、スリップオンスリッポンシューズのように踵を無理に傷めることなくヌルッと挿入する事が出来るところ。通常のレースアップシューズにおいては、このような手放し運転でシュータンが奥にめくれこんだり、踵が潰れたりしてしまうがそんな心配が薄いのが非常に嬉しい。その佇まいは、まるでスニーカー然としていながら、このような利点を手にすることが出来るというのは革新的である。

またカラフルな配色が施されたスニーカーは、コーデにとってアクセントになったりする。同時にシンプルなカラーリングもトータルコーデにとっては一役買ったりする。この場合、シンプルであるが故によく見た時の質感は重要で、まるで彫刻のようにディティールが際立つ。特に外側部のメキシコオリンピックに合わせてアキレス腱保護とアッパー強度のために開発された、アシックス特有のアイコンでもあるメキシコライン現アシックスストライプがやたらと際立って気持ちが良い。

90年代を代表する名作スニーカー。特に好印象なアシックス。

1990年代のアシックス、傑作スニーカー。

1990年代と言えば、名作スニーカーの宝庫。そんな中でもアシックスタイガーオニツカタイガーのスニーカー群は、ファッションとしてだけでなく靴としての本旨を一切妥協しないような姿勢が伺える。基本性能の高さについては、折り紙付きのハイテクスニーカー。

靴として、妥協なき歩き易さ。

ナイキエアマックスなども履きやすい靴として有名では在れど、それでもタイガーアリーゲルライト3などの履き心地に比べると、個人的な評価としては後者のアシックスのほうに好感度として軍配を上げたい。というのも日本人の足に合うスニーカーであるかという部分まで鑑みれば、やはり履き心地や疲れにくさという点において、これらのほうが一歩先んじているような印象を受けるからである。

大人びたキレイ目からストリート、ファッションが映えるゲルライト3。

日本人の足に合う、究極のスニーカー。

切り替えのようなイメージでコーデを組んでみる。小さく無造作に501カラーデニムをロールアップした裾、足元はブーツのような、はたまたハイカットシューズのような雰囲気を漂わせる。自然な光沢感が天然皮革の上質感を伺わせる。自然光の下で履いたオールブラックのゲルライト3ogは、見た目の好感度が抜群だ。それに機能性を鑑みれば、圧倒的に歩きやすく疲れにくい。タウンユースであろうが、アスレチックなスタイルであろうが、多くの場面で活躍してくれることは想像に難くない。

大人びたストリート、カジュアル。

見た目にも爽やかでいて、存在感がありすぎるという事もない。上質な光沢感がコーデ全体を締めあげてくれる。概して主役を邪魔することは無いけれど、シンプルなコーデにあっては逆に主役を張る事も出来る。そんな絶妙な存在感を得る事が出来る単色スニーカー。それらで組み合わせる着こなしは、非常にお洒落で居て上品な佇まいを演出する事が出来る。大人びたストリート、カジュアルなコーデでも活躍すること間違いなし。

圧倒的に動き易く、疲れにくい。ゲルライト3。

機能性としては、靴としての本旨に忠実で足を保護し、行動を抑制しないという意味において、素晴らしい性能を誇っている。長らく歩いていても全くもって疲れ知らずで、足底に痛みを感じることも無い。それから手放しでも履けるという利点を鑑みるにつけ、旅行にとっても最高の井出達いでたちであると思える。日本家屋を往来するような観光、アスファルトの道路を歩き回っていたとしても何ら気持ちが億劫になることも無い。しかも時間を効率的にし、活動の幅を大いに広げてくれる。

ゲルライト3の着こなし、ブラック/黒色スニーカーのコーデ集。

このゲルライト3のように、モノトーンなどブラックを利用したコーデは勿論であるが、ちょっとした小物使いで黒色を取り入れるというのもコーデが締まる。人の目は明るい所にまず注目してしまう性質があり、黒はその対極にあるという事になる。しかし、このような暗色を丁寧に用いる事で、額縁のように主役を引き立てる事が出来る素晴らしい役回りを演じてくれる。分かりやすく区切ったり、あるいは引き締める。

アシックスタイガー/スポーツスタイルのGEL-LYTEⅢOGの外観。

アシックスタイガーGEL-LYTE ⅢOGのブラック

アシックスタイガーゲルライト3OG、その外観は未来的でありながらもどこか懐かしい。そんなデザインはオリジナルが誕生した90年代を彷彿とさせてくれる。未来志向でありながらもアンニュイな雰囲気の漂っていた当時の世相を何処か思わせる。しかしながら、当たり前のスニーカー然としていて好印象の安心感がある。

ゲルライト3OGのスプリットタンが生み出す、革新。

履き口のスプリットタンが特徴。

ゲルライト3に搭載され、それまでの常識を覆す意匠。それまでの靴ベロシュータンを革新的に変化させたスプリットタンは当然ながら特筆すべきであろう。履いていて甲への圧迫感が少なく、それでいて歩行時の疲労感を軽減してくれる。歩くという行為のみならず、走る事だって可能な良き塩梅の密着感は素晴らしい。それにも関わらず、手放しで脱ぎ履き出来るというのは十二分に欲張りなアイテムである。このように広い用途において、高い水準で使用者の快適性を満たしてくれる機能性を誇る。

かかと部分の刻印。

サイドにはアシックスらしく、アシックスストライプによる保護が施されている。かかと部分にも強度を高める保護が為されており、この部分には「GEL」の刻印。特にこのカラーリングであれば、本革と合皮がともに用いられており、その役割に応じて適宜配置されている。主たる目的として、タウンユースやアスレチックで用いる事を鑑みれば、見た目にも良質感が漂う光沢が上質な佇まいへと導いてくれる。そうしてファッション性を決して疎かにしないという意思を感じることの出来るスニーカーである。

インソールを取り外し可能。洗濯と交換に利便性。

インソールは、取り外し可能。

出来るだけ長く愛用したい。そんなときに嬉しいのが、インソールを取り外しできるという点である。靴を洗う際にも便利なのであるが、少しだけヘタってきたインソールを交換できるというのも嬉しい。また更に機能性の向上を目指して、高性能なインソールを挿入するというのも一興である。例えばニューバランスのRCP130で軽量性とグリップ力、RCP150の衝撃吸収性と踵の保護と反発力を求めるというアシックスとニューバランス、夢の競演にも期待できる。

軽量アウトソールのパターンとグリップ力。

岩場だろうと、問題なし。

ゲルライト3が備えたアウトソールのパターンとしては、通常晴れた日にアスファルトなどを歩いていても歩き易い。しかもたとえ岩場のような場所をあるいたとしても滑らず、それが問題になることも無い。靴全体としても軽量化されており、この点においても使い勝手の良い靴として無意識的に選択してしまう靴である。ただし濡れた石材などの上を歩く際には、多少滑ってしまう事もある。

スニーカー然とした、ソールのパターン。

グリップ力に関して、大抵の場合で足元に不安を覚えることも無い。ただしどんな靴であっても大方はそうなのであるが、濡れた岩場や濡れた石材を歩くとなると滑るというのは致し方ないところである。特に凹凸の少ないパターンで、都市空間でのランニングシューズがコンセプトなのであるから、寧ろ当然の事柄であろう。

アシックススポーツスタイル、ゲルライト3のサイズ感。

ゲルライト3は小さめのサイズ感。

アシックスやオニツカタイガーのサイズ感は基本的には、ワンサイズ以上小さ目であると考えた方が良い。このGEL-LYTE3の場合も同様に、通常のサイズ感からすれば大きめで購入するほうが無難である。例えば、メレルのジャングルモック2.0は26.5cm、ナイキのエアマックス95は27.5cm、オニツカタイガーのタイガーアリーは27.5cmで履いている。この場合、このゲルライト3というスニーカーも27.5cmで丁度良いサイズ感であるように思える。

タイガーアリーと同等のサイズ感。

特にスニーカーの場合は、丁度良いサイズか大きめのサイズ感であるほうが靴自体の形が崩れず、傍目から見てもスマートに履けていたりする。あまりにも大きすぎるというのは色々と支障があるけれど、紐靴であってフィット感も心地よいゲルライト3であるからこそ、多少の緩みがあっても特段問題にはならないというところでもある。

アシックススポーツスタイル、ゲルライト3/GEL-LYTEⅢOGレビュー。

何処へだって行ける、ゲルライト3となら。

ゲルライト3ならば、何処へだって行ける。靴として信頼ある製品であるからこそ。ファッション的でありながら、機能的である。たったそれだけの事で、いつだって今日の候補になる。足下の硬質な都会を歩き回り、時にふらりと気の利いたお店に入る。または足元が不安定な自然の中を散策、時に岩場に腰を下ろす。それが叶う靴がアシックスタイガーの名品スニーカー、GEL-LYTEⅢOGなのである。

キレイめ、シンプルなコーデ。

キレイめでシンプルなコーデであっても、十分に美しい素材感。スニーカーである事を忘れさせてくれる程に、革靴的な履きこなしが可能である。そうした点も光沢あるオールブラックは、多くの場面シーンで活躍する。革靴は革靴の美しさがあるが、それでも行く先が限定されてしまうという点については、休日の活動性を損なう。ふらりと予定も立てず、気持ちまでもリラックスして過ごす時間のことまで考えれば、上品なスニーカーはシューズクローゼットに忍ばせておいて損は無い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
ファッションフットウェア
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな