パタゴニア定番Tシャツ、P-6ロゴ・レスポンシビリティー。気軽なアメカジコーデ。

Patagonia

パタゴニア社の定番スタイルでもあるグラフィック、ロゴの入ったアイテム。P-6ロゴ・レスポンシビリティーは、再利用された端切れとペットボトルによって再構築された100%リサイクル素材の製品。公式にも最もカーボンフットプリントを抑えた製品であることが謳われている。企業における製品の製造過程で排出される温室効果ガスCO2の排出量を算出するカーボンフットプリントは、消費者にとっても企業努力の見える化が図られることを期待されている。このTシャツは、同社の姿勢を表したパタゴニアの結晶とも言える製品であると言えよう。

クラシカルなクルーネックで裾までストレートなボックスシルエットが好ましい。首が詰まり、タックインしてもアウトしても似合うデザインは老若男女を問わずして誰でも上品な着こなしが可能である。デニムパンツなどと合わせるとすれば、簡単にアメカジコーデの完成。古着から回収された綿50%とペットボトルを再生したポリエステル50%の混紡生地は、着心地も良く、さらに比較的乾きやすい。ドライな感触が魅力の5.6オンスの生地感も絶妙な塩梅の製品である。

パタゴニア人気Tシャツレビュー、P-6ロゴレスポンシビリティーとは。

活動的なシーンに、P-6ロゴT

生産過程では環境に対する負荷を低減させると同時に、作り手への正当な対価を齎す。従業員へのプレミアム賃金が支払われるフェアトレード・サーティファイドの縫製が採用されており、発展途上国の労働者に対する労働搾取とならぬように配慮されている。パタゴニアは企画のみを行い、自社の農園や工場を持たないという所謂ファブレス企業。であるからこそ、これらの取り組みにより実際に生産する末端労働者に直接対価が支払われる仕組みが採用されているようである。

Patagonia P-6ロゴTで過ごす。

このような取り組みは、パタゴニア社の標榜する「地球を救うためにビジネスを営む」という企業理念と合致するもの。地球環境や人間生活の永続性は、結局はビジネスの存続に繋がる。同時に企業価値やブランド力を向上させることとなり、そのような優れた正のスパイラルを生み出しているように思える。P-6ロゴ・レスポンシビリティは、まさにその姿勢を体現する製品でもある。

一枚でも過ごしやすいロゴT。

とはいえ、消費者にとって最も重要なことは、製品自体が持つ着心地の良さや機能性である。そのような部分がなおざりでは支持を集めるのは難しいもの。しかしながらそうした部分を鑑みてもP-6ロゴ・レスポンシビリティは、やはり実に使い勝手が良いTシャツである。運動や労働、生活を快適でいておしゃれに過ごす事が出来るというだけでも好ましい。

クラシカルなボックスシルエット。

P-6ロゴ・レスポンシビリティは、クラシカルなボックスシルエット。アメカジスタイルとは勿論ながら相性が良く、一枚で着ていても上品な佇まいを約束してくれる。生地厚の塩梅も5.6オンスというところが丁度よく、涼しげでもある。ダークな色合いならば一枚で羽織っても乳首の浮きなどが気になる事はないようである。またパタゴニア社のカラーはシーズン毎に多少変化する事もあるが、いずれも絶妙な色彩設計が嬉しい。

気になる着心地。インナー着用もおすすめ。

カジュアルで洒落すぎない、丁度の良さ。

定番のP-6ロゴTを着るということ。ある意味ではパタゴニアのこのアイテムを選択し購入しているという主張が感じられるところ。ただし、このロゴ部分に関して言うと、一枚で着た時に決して気持ちが良いと言える肌触りでない。肌に密着した部分の違和感やチクチク感は否定出来ないところで、この部分は使用者によって是非の分かれるところとなりうる。わざわざロゴTである必要性を感じない場合には、無地のフィッツロイ・アイコン・リスポンシビリティーという選択肢もあって然り。

パンツとTシャツだけで決まる。

ただしシルエットのカッコ良さや混紡素材の速乾性と着心地を両立した機能性は、実に優秀。ロゴ部分以外に関しては、優れて高水準にまとまった製品であるように思える。一枚で着ていて、全く不愉快と言う程でもないわけであるが、どうしても気になるというのであればインナーを着用するというのも一興。せっかくの速乾性を活かしたいというのであれば、化繊のベースレイヤーを着用するというのはお勧めの対策である。

機能性とおしゃれを両立。

この場合、白などの淡い色を着用した折りの肌が透ける時の対応ともなり得る。ちなみにしっかりと汗を流したいという場合には、ベースレイヤーを挟む方が保温性と速乾性を両立出来るため、その存在は重要となる。アンダーアーマーのスリーブレスであれば、Tシャツと組み合わせても一枚で着ていると同様のシルエットを維持。同時に袖口からインナーが見える事もないというのも好ましい点。

着こなしやすい定番ロゴTシャツ、P-6ロゴレスポンシビリティー。

ドライな生地感、運動でも日常でも。

P-6ロゴ・レスポンシビリティは、タウンユースに普段使いとしても便利でありながら、山歩きなどでも活躍するというのは実に優秀。いつでもどこでも赴ける安心感もありながら、速乾性と肌触りの良さを両立する利便性は捨てがたい。ボックスシルエットであるから、身幅は大きめに作られており動き易い。首や肩回りの縫い目にはテープ処理も施され、タフな使用にも耐えるように設計されている。長年使い倒すことが出来る良品。

アウトで着ても、丁度良い丈感。

シャツの袖を出して着ていても、決して長すぎないシルエット。勿論、ボトムスの中にたくし込んでタックインしてもカッコ良く決まる。そうしたストレートな裾のラインも魅力。勿論、アメカジなワークカジュアルなスタイルとの相性も良く、クラシカルなリーバイス501などの定番アイテムと合わせればラフで気楽な最強コーデの完成。そうした意味においても、なんとも使い勝手が良い製品。

パタゴニアP-6ロゴ・レスポンシビリティーのサイズ感

Patagonia P-6Tee 身長170cm体重60kg XS着用

パタゴニアP-6ロゴ・レスポンシビリティのサイズ感としては、通常のサイズ感からすると大きめの作り。身長約170cm、体重約60kg程度の中肉中背ならばサイズXSでピッタリ。サイズSで少しゆったりと着る事が出来る。着丈も短すぎず、長すぎず、絶妙な丈感なのが好い。ボックスシルエットであるから、すこしゆったりと着る事で体のラインを拾わない。ルーズなシルエットにも用いる事が出来、風通しの良い涼し気な着こなしも好い。

大きめの作り、ボックスシルエット。

Sサイズのゆったりとしたサイズで選ぶのも好いが、ワンサイズ落として着ても十分に格好良い。アメカジな着こなしとも相性が良く、裾の方までストレートな形をしている。袖を折っても似合う。Tシャツであるから、特段スタイルを選ばないところであるが、生地感も中厚手でコットンライクな上質感がある。機能的でありながら、洗濯すれば洗濯するほどに、どんどん着心地に深みを増していく感じも堪らない。

ダサいと無縁な佇まい。P-6ロゴTシャツのコーデ集。

パタゴニア社のP-6ロゴとは。

パタゴニア社における製品群の中に、P-6の名の付く製品がいくつか存在する。これは同社を代表するロゴの名称であり、P-6ロゴの名を冠する製品であれば、それがプリントされた製品であることを示している。P-6ロゴといえば、雪を被った山脈の上に太陽に赤く染められた空。まさにそんな情景を切り取ったかのような印象のデザインが施されたロゴのことを指している。P-6ロゴ・レスポンシビリティーも当然ながら、そんなロゴプリントが施されたロゴTシャツということになる。

P-6ロゴ・レスポンシビリティの場合。

パタゴニア社のP-6ロゴにおいては、アルゼンチン南部のパタゴニア地方に存在するフィッツロイ山群をモチーフとし、この場所はクライマーにとって聖地とも言える場所となっているそうである。しかしながら、上級者ばかりでなくとも多くの人々がトレッキングを楽しむことが出来るスポットでもあり、手付かずの自然が残っている美しい場所。世界遺産に登録されたロス・グラシアレス国立公園の中に存在している。ちなみに煙吐く山という意味を持つ一番高い名峰セロ・フィッツロイは標高3405mの高山。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
Patagoniaウェアファッション
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな