ニコンAI Nikkor 50mm f/1.4Sなるスタンダード。MFオールドレンズ入門にも。

Nikon Fマウント

NikonのこのAi-s50mm/f1.4といえば、1981年から2021年までの約40年間という長い年月、スタンダードオブスタンダードな標準域レンズとして販売が続けられたマニュアルフォーカスレンズ。フィルムからデジタルへと移行していくカメラの過渡期を現行販売品として経験したレンズである。入門レンズとしても使い勝手が良く、明るい単焦点とマニュアルフォーカスという一眼カメラの醍醐味とも言って良い要素を十二分に楽しみ、そして学ぶことができるレンズであった。

開放値のF1.4という明るさは、使い勝手が良く、豊富なボケ量とか暗がりでの撮影でも対応力のあるレンズである。しかも小ぶりで威圧感も少なく、質量は約250gと非常に軽量で軽快感のある構成を実現してくれる。明るいレンズであるから、MFのフィルム一眼レフを構えて、ファインダー内部でピントを合わせようという時にも合焦させやすいレンズであった。しかも肉眼に程近いと言われている50mmという焦点距離は、ど標準レンズとして使い易い。ニコンが長きにわたって販売を続けたことからもステップアップレンズとして位置づけることもできるレンズである。

日本の空気感と色彩を映し出す、Nikon AI-S 50mm/f1.4。

淡く日本的な表現。

Ai-s50mm/f1.4での開放値f1.4。その撮影においては、非常に柔らかで甘い描写が空気感を表す。少しでも絞るとハッキリとした表情を見せてくれる。そうしたスタンダードながら、個性も決して損なわない表現力を備えたレンズである。それらを欠点であると見なすことは容易いところなのであるが、あえて表現であると捉えると愛着が増し、手放し難いレンズとなる。最新レンズ特有で好まれるカリカリッとした描写力というよりも、淡白な表現力が好まれているレンズである。

落ち葉の季節、渓谷にて。

例えば、オールドレンズで定番的な位置づけの一つでもあるペンタックス社のSuper Takumar 50mm F1.4と比べてみて、印象論としては日本人好みの空気感や色味を表現してくれるようである。同等のスペック値であったとしても、カリカリ、パキパキでコントラストも高いスーパータクマーよりは、色合いの淡い表現で魅せてくれるような気がする。しっとりとした空気感までも表現してくれる。

いつもの木陰、休む猫。

そういう意味では一癖も二癖もあるオールドレンズと比べると、ai-s 50mm/f1.4の場合、逆光に際してもフレアやゴーストといったものに早々に完全敗北という訳でなく、多少なりとも耐性を備えているレンズである。一昔前に好まれたスタンダードな表現力であって、そうした意味においてのノスタルジーを感じさせてくれるところがある。開放値においての周辺減光や収差は残しつつも、一段絞れば実直でシャープな写りも楽しめる。長い間、ニコンのラインナップに残っていただけあって、少なくとも優秀なレンズであるということができる。

MFレンズならではの軽量性、散歩レンズとしても最適。

Nikon F3とAi-s50mm/f1.4で撮影。

ちなみにAi-s50mm/f1.4の最短撮影距離は45cm、最短撮影倍率0.14倍となっている。MFレンズであるだけに、フォーカスリングはしっくりと気持ちよく滑り、そしてよく止まる。ある程度重みがありしっかりとフォーカスを心地よく送ることができる。このような動作を鑑みると、MFを楽しみながら学ぶことができるというだけでなく、ミラーレス一眼機などにアダプターを介して装着して映像撮影という使い方も良い。AF性能が向上した現代にあっても、シネマティックな映像分野ではMFレンズが大活躍してくれる舞台。特にMFレンズとして開発、製造されていたレンズならばMFの操作感もしっくりくる。

茂みに隠れる、猫の目にMFで合わせる。

現代のレンズであれば、レンズに手振れ補正機能が付いていたり、AF機構が付いていたり、そうした多機能さを備えてレンズ自体が光学的に高性能となっている。多くの場合、それらは恩恵となってくれるのであるが、大きさや重厚感を鑑みるとやはりMFレンズにはそれなりに分があるように思われる。金属の筐体、堅牢で精密なレンズでありながらも、軽量で小型であるという点において、MFレンズの存在価値は大きい。AI Nikkor 50mm f/1.4Sも同様の事で、非常にお手軽に撮影行に赴くことが出来る。

ハイキング途中。軽いは、正義。

軽いという事は正義である。例えばキャノンであればLレンズなどという現代的で、優れた描写力や堅牢性を備えたシリーズも存在すれど、やはり性能と引き換えに重量という点においては、MFオールドレンズの軽量性には敵わないところである。この機動性は写真を撮るという行為をより肯定的なものへと昇華してくれるものである。この事は、その場所でカメラを構えるというところが重要であるカメラ趣味にとって、大いなる価値であるといえよう。

絞ればシャープ、開けば甘い。表現豊かなオールドレンズ。

絞り込めば、気持ちの良い描写。

また収差や歪曲など従来ならば修正され、淘汰されるべきと言われていた部分も個性であると見なし、写真や映像の表現を深めることもできる。このレンズにはこのレンズならではの描写が必ずや存在し、またその写りを愛でることが出来るという訳である。色彩で鑑みるに、コッテリと濃厚というよりも、淡白であっさりとした光の捉え方であるように思える。伝統的なニコンらしい表現とも言えるところであろうか。ちなみにF8程まで絞り込めば、周辺減光や収差なども随分と軽減され、比較的シャープな写りを期待できる。

しっとりとした空気感。

ai-s 50mmのF1.4という浅い被写界深度が立体感を生み出す。赤らみはじめたシダを撮る。ボケ味は柔らかく、ビンテージ感に溢れる。ただその柔らかさが心地よい。秀逸なる描写力が必要とされる場面もあれば、このようなレトロな描写力を楽しみたいことだってある。特に日常の何気ない場面を撮影しようという時には、このような昔ながらの表現は何気ない日常を面白く切り取ってくれたりする。

F8まで絞り込み、シャープに撮影。

50mmという標準画角は非常に構図としても使い勝手がよく、説明的な表現に偏らない。被写体に対して、肉眼に近い画角であると言われる焦点距離であるから、最初に手にする一本としては最良。いつまでも手元に置いておいて、使いたくなる画角である。しかもフォーカス送りがマニュアルである点、まさしくカメラ自体の性能が素晴らしい今日において、それを道具として駆使する練習にもなったりする。それでいて、日々の喧騒を忘れながら、その行為に没頭。被写体と対話することだけに神経を研ぎ澄ます感覚とそれによって得られる贅沢な時間を手にすることが出来る。

Nikon AI Nikkor 50mm f/1.4Sの作例

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
Nikon Fマウントカメラレンズ
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな