ナイキのエアマックス95、平成レトロな名品。ハイテクスニーカーの代名詞。

ファッション

NIKEナイキエアマックス95は、スニーカー旋風を巻き起こした名品。特に90年代の流行に再注目するというリバイバルの潮流に乗っ取ると、絶対に外すことの出来ないファッションアイテムでもある。日本において新時代を迎えた平成初頭の雰囲気は、バブル経済とその崩壊によって独特の世相を伴っている。その特有なる平成レトロともいえる近未来を志向したデザインには、今もなお誰しもにとっての魅力が詰まっている。

エアマックス95、ストリートなポップカルチャーに傾倒したデザイン。

ハイテクスニーカーの代名詞、エアマックス95

1990年代といえば、あらゆる場面や製品においてデジタル化が進行。身近な道具たちが革新の時代を迎えていた。それはハード面だけに止まらず、ソフト面においても同様の事。ヒップホップやスケートボードなどをはじめとして、ストリートカルチャーが根強く世界的に浸透。ファッションもそれまで趨勢であった大企業によるトップダウン的な流行の形から変化し、若者たちの間からボトムアップする形でストリートファッションが自然発生的に流行していた。

ナイキの名品、エアマックス95

ナイキにおけるハイテクスニーカーの代名詞ともなったエアマックス95は、そうしたストリートカルチャーが強く意識された時代における最先端デザインであるとも言える。この時代における上等舶来でオシャレなアイテムの在り方としては、それまで支持され続けて来た高級ハイブランドに見られる品々のように絢爛けんらん華奢きゃしゃであるというよりは、概して実用的でいて頑丈タフであったりする。そしてそんな事実が、あの頃生まれた道具ギアに対する愛着を更に深くさせるものである。

使うほどに、愛着を深くする。

90年代には古着ブームなどによってアメカジも意識されるようになっており、欧州のように階級を意識したファッションとは割と無縁で、機能性や着心地も重視する質実剛健な着こなしが日本でも受け入れられるようになっていた。ナイキのエアマックス95も御多分に違わず、そんな時代に発明されて一躍脚光を浴び、若人たちからの猛烈なる支持を背景として、一世を風靡した名品である事は間違いない。

90年代を象徴する人気で定番なエアマックス95、イエローグランデ。

90年代の至宝、エアマックス95

エアマックス95は長距離ランニングの為に開発され、ランニングシューズの新時代の礎を築いたモデルでもある。デザイナーのセルジオ・ロザーノ氏は、人体をイメージしたデザインを考案。段階的グレデーションのサイドパネルは筋肉、ミッドソールが背骨、靴ひものループが肋骨、アッパーの人工スエードとメッシュは皮膚を表現しているとされる。

エアマックス95、機能美に優れたデザイン。

そして発売された当初のファーストモデルはエアマックス95ネオンと言い、通称イエローグランデとも呼ばれて多くの人々から親しまれている。このカラーリングでも黒のソール、サイドパネルには特徴的なグラデーションのグレーが用いられているが、これによって雨の日などでの使用の際でも泥汚れが目立たない様にと配慮がなされている。

汚れが目立たない、カラーリングの恩恵。

それまでスニーカー界においてグレーを基調としたカラーリングは不人気の象徴でもあった。しかしその様なジンクスも尽く跳ね返し、その人気に火がつくや否や一大ブームを巻き起こした。そうして世界的に市場価値が上がりすぎた結果として、エアマックス狩りという不名誉な社会現象まで引き起こす事となった程の名品である。

新技術搭載、エアマックス95

ちなみにエアマックス95は、新技術でもある踵と足先の異なる圧力のビジブルエアーユニットを初搭載した事によって、優れたクッション性能と履き心地を実現している。露出したエアユニットによってその効果が最大化できる様に工夫が凝らされた。そんな仕様とデザインは、このスニーカーにとってのアイデンティティともなっている。そしてその優れたデザインと機能性は、これからも支持され愛用されるべきスニーカーとして存在する。

夜間でも安心なリフレクション搭載。ランニングシューズとして。

暗がり歩行をサポート、リフレクションが嬉しい。

昨今のデザインから鑑みれば、エアマックス95はランニングシューズ然としていない格好のスニーカーである。実際のところランニングシューズとしては当時でも中々受け入れられ難かったモデルでもあるが、ファッションアイテムとしては圧倒的に認知され、支持された逸品である。ただし、その歩行に資する機能性。それにリフレクションが前後に配置されている事をみると、よりアクティブな活動をサポートしてくれるスニーカーである事を実感できる。

歩くという行為に資する、エアマックス95

エアマックス95は、普段の生活における「歩く」という行為に資するスニーカーであれど、他者からの視認性にも優れており、早朝や夕暮れ、夜間のウォーキングなどでも大活躍する。エアクッションは走るという負担の大きい行為に対しても、その力を遺憾なく発揮してくれるものであるが、同時に立ち仕事などに際しても優れて用いやすい。実のところ、なんとも万能なる靴なのである。

エアマックス95で、歩く、走る、飛ぶ。

そしてこの靴には、履けば履くほどに味わい深く、その素晴らしさに惚れ惚れするような魅力がある。優れた見た目のカッコ良さは勿論、履いた時の動き易さや履き心地の良さに、次第にこのスニーカーに対する愛着が増していくのが分かるというもの。岩場から岩場へ飛び移ろうという時にでも、そのフィット感からくる安心は代えがたいものがある。

シンプルな着こなしが映える、エアマックス95コーデ。

シンプルコーデに映える、エアマックス95
種別メーカー製品名
トップスチャンピオンブラックエディションTシャツ
ボトムスグラミチNNパンツ
ウォッチカシオGW-M5610
フットウェアナイキエアマックス95

シンプルなコーデにでも映えるエアマックス95。汚れも目立たず、ガシガシと用いる事が出来る他、コーデをしっかりと纏めてくれる。目立ち過ぎず、かといって目立た無い事もない。フォルムとデザインは明らかに空間に映える存在。

動き易さとレトロに、焦点を合わせたコーデ。

チャンピオングラミチなど、レトロカジュアルな運動着と合わせたファッションにも素敵に似合ってくれる。そうしたアメリカンスピリッツとも言える機能美に溢れる佇まい。実のところ着心地も抜群である。我慢するお洒落とは相対するように、過ごし易いを極めた着こなし。ナイキのエアマックス95も同様に、そんなコーデの中では重要な役割を担うものとなる。

平成レトロなGショックとも相性抜群。

エアマックス95は、ポリウレタンを用いたハイテクスニーカー。同様に1990年代に支持を集めたハイテク腕時計であるGショックとは、やたらと相性が良い。Gショックのオリジンでもある50005600の系譜を受け継いだスクウェアモデル、もしくはストリートや横乗り系のスポーツを愛する若者から支持された59006900の系譜を引き継いだ三つ目モデルなどと合わせるとすれば、最高の組み合わせになる事間違いなし。

エアマックス95のサイズ感。サイズアップがオススメ。

ナイキは、少しだけ小さめの作り。

エアマックス95の場合には、少しだけ小さめの作りであるから普段のスニーカーからするとワンサイズからツーサイズほど大きめを購入する方が良い。例えば私の場合、ジャングルモック2.0の場合26.5cm、オニツカタイガーのタイガーアリーの場合27.5cm、同じナイキのエアマックス97の場合は27.5cmで丁度良いサイズ感である。エアマックス95の場合も27.5cmで丁度良く履いている。

ワンサイズほど大きめが良い、エアマックス95。

多少であれば、大は小を兼ねるという謂れ通り、小さいよりも大きい方がなんとか出来る。例えばインソールを変えてみたり重ねたり、または靴下を厚めに履く、他にもレースアップシューズであるから紐を固く縛る事によって幾らでもサイズ感調整は可能であるからだ。スニーカーを通販で購入する場合には、こうした事を意識してみるのも吉。

評判高いナイキのエアマックス95、サイズ感やおしゃれな外観。

人体をモチーフにした、斬新なデザイン。

このデザインは、これまでのスニーカーに無い革新性を感じ得るものであるが、同時に人体をモチーフにしたことで、時代の潮流に捉われない普遍性も持ち合わせている。黒と白という一見するところ対極からなるコントラスト。それを段階的に中和するグレースケールを基本色調に据えることで、芸術性と調和性が同時に追求されている。それによって年齢や性別に捉われること無く、誰からも受け入れられる敷居の低さが確保され、決して妥協としての産物では無いことを伺わせる雰囲気を湛えている。

現代的でありながら、常識的な色使い。

またシューレースを通すループ部分には、特徴ある色が挿入されアクセントとして機能している。イエローグランデにおいては、ネオンな黄色。こうした色使いによって、都市空間においても華やいだ印象を与えてくれる。このピンク色のプレミアムモデルにおいては、オリジンなカラーとは印象も異なるが、それを鑑みるに血色感に優れており、より人体がモチーフである事を意識させる。しかも的外れ過ぎないカラーコーデは、骨や血などを表現しているとすれば、自然界において当然存在する色であるからなのかもしれない。

コンクリートでも違和感の無い、優れた佇まい。

このような色使いであるから無機質なコンクリートにも映える。時としてカラフルで奇天烈きてれつなるトップスに合わせるのも一興である。アスレチック感覚に遊ぶ、平成レトロな逸品たち。いずれも動きに追従し、着用者にとって無理を強いない。そんな休日のお洒落にぴったりのアイテムなのである。

メンテナンスし易い、インソールの取り外し可。

ナイキの純正インソール

インソールは取り外しも可能で、汚れた際や擦れた際にでもメンテナンスもし易い。純正品も品質は十分であるけれど、通気性やグリップ力、クッション性を更に高めたい場合には他社製品と交換することも出来る。ハイテクスニーカーであるエアマックスの実力を引き出し、もっと高機能にする事ができるのは嬉しい。

通気性とグリップ力に優れたRCP130

ニューバランスのRCP130は、NIKEの純正インソールよりも通気性とグリップ力に優れている。より活動的な場面で用いるならば、秀逸なる選択肢となる。エアマックス95の27.5cmに対しては、インソールのLサイズを少しだけ型枠に沿って切り取った。または更に踵付近を重点的に保護し、クッション性を高めたい場合には、RCP150を挿入するのも一興。

スニーカー履いた後、洗った後、湿気を取る。加水分解の対策にも。

除湿剤、靴の中に入れる。

スニーカーに限らず、靴全般に言える事であるが、木製のシューキーパーなどは発汗や湿気や雨水などに対する水分量調整や型崩れ防止に一役買う。同時に洗った直後を含めて結構な水を浴びてしまった際には、靴用の除湿剤を用いるのも良い。この方法は、加水分解など経年劣化に対する備えとしても有効である。適度に履き、適度に休ませ、適度に洗い、適度に乾かす。こうして靴としての健康寿命を可能な限り伸ばしていきたいものである。

NIKE airmax 95の主な仕様

品番CJ0588-001
品名ナイキ エアマックス 95 PRM
用途カジュアルシューズ
生産国インドネシア
素材甲部分:合成繊維、合成皮革
底部分:合成底
Amazon.co.jp: ナイキ エアマックス
Amazon.co.jp: ナイキ エアマックス
このコラムの筆者
ZINEえぬたな

"古典は常に新しい"をモットーとして、相続されるべき普遍的な「価値」を次世代へ継承。

個人で編集するZINEをブログ上で運営。「えぬたな」は一つ一つの記事を読み切りとして編集。自らの写真と文章で、ヒトの思いを伝え、世の中の良いモノ、残すべきコトを紹介。

ZINEえぬたなをフォローする
ファッション フットウェア
ZINEえぬたなをフォローする
ZINEえぬたな